第24回:nuance、EMOE、加納エミリ〜小出祐介&南波一海「小出は明日、昨日の南波と連載する」〜

第24回:nuance、EMOE、加納エミリ〜小出祐介&南波一海「小出は明日、昨日の南波と連載する」〜

第24回:nuance、EMOE、加納エミリ〜小出祐介&南波一海「小出は明日、昨日の南波と連載する」〜<こんばんはプロジェクト>で発表したランキングから当日時間の都合上語れなかった部分を深堀り

南波が小出のために選んだアイドル曲を聴いて、2人が気になっていることをフリートークする連載。今回は南波と小出が年始に開催したトークイベント<こんばんはプロジェクト>で発表したアイドルソングランキングから、当日時間の都合上語れなかった部分を深堀りした。

南波:
加納エミリさんにはインタビューしたんですけど、レーベルの新人育成にいた期間があって。いわゆる飼い殺しみたいな状態だったんだけど、その間にもDTMの修行を積んでいたみたいで。

小出:
なるほど。そのノウハウがあるからできるんだ。この音楽性って自分内カウンターとしてできていったのかな?

南波:
すごく素直な感じでしたよ。ダフトパンクを好きになって、そのルーツを自分で辿っていってっていう。

小出:
その結果、イタロになったと。

南波:
Spotifyで加納さんが公開しているプレイリスト面白いですよ。硬いグルーヴの曲ばっかりで(笑)。

小出:
彼女の音楽的な興味に興味があるなぁ(プレイリストを見る)。

小出:
うわーホントにすごいね。ここに「おとこのこちゃん」(KOTO)が入ってるのか。

南波:
エレポップをやるにしても、KOTOちゃんがいるから違うことをやらないといけないって考えたみたいですね。

小出:
なるほど。おっ、「非実力派宣言」(森高千里)も入ってる。このプレイリスト面白いわ。ディスクロージャーとかプリンスとかも入ってるんだ。(プリンス「Kiss」のイントロの“ウッ!”を聴いて)ここ、志村けん(笑)。WAY WAVEもアルバムでこれネタの曲やってたね。

南波:
「interlude~SHOW TIME」でね。とにかく、加納さんリズムの縦軸がピタッとした曲が好きみたい。

小出:
スクエアなやつね。自分もそうだから気が合うかも。マテリアルクラブでイタロ・ディスコをやりかけたけど、我々がやるとネタっぽくなっちゃうかなと思ってやらなかった。DTMをやっていると、ニュー・オーダーのヘタウマな感じっていうのはやりたくなっちゃうんだよね。少ない素材でそれっぽいオケが作れちゃうからさ。でも、歌うのが難しくて。加納さんみたいなメロの作り方になっていくんですよ。縦軸に1音1音はめていくというか。シンコペできない。それこそニュー・オーダーの「Blue Monday」みたいになる。

南波:
加納さんの歌はすごくはまってますよね。

小出:
ウマいのに、オケがああだからなんかヘタウマに聴こえてしまうという(笑)。あれは誰がやっても歌いにくいオケだから、そこで歌のニュアンス出せてるってことは、やっぱりウマいんだけどね。その意味でWinkってそこのプロダクションがウマかったですよね。ボソッと歌ってる感じに聴こえるけど、ちゃんと歌謡として成立させていて。「淋しい熱帯魚」なんて何回聴いても発見あるもん。“Heart on wave”ってサビもカッコいいよね。あれを言ったあとに何も言わないのもすごい(笑)。

南波:
間を特徴的なフリでフォローするという。加納さんがあの時代のアイドルのフリを取り入れてたりしているのも理にかなってるわけですよね。

小出:
なぜこのフリになったんだとは思うけど(笑)、オケにはマジで合っちゃうんだよね。ただ、動きがあまりに……。

南波:
奇妙すぎる!

小出:
そう! ドラクエのどろにんぎょうみたいに見える(笑)。

南波:
曲とダンスとルックスの組み合わせがぶっ飛んでいて、本当にすごい才能だと思います。で、そろそろBESTIEMの話をしましょうか。

小出:
そうだった(笑)。

【今週のまとめ】
次回へ続く!(お悩み相談に辿り着けませんでした)

あなたのお悩み、お待ちしてます!

本連載コラムにて、小出と南波があなたのお悩みを解決します(たぶん)。

ご相談の受付は、Pop'n’Roll Twitterアカウント「@popnroltv」のダイレクトメッセージにて(掲載時にアカウント名は掲載いたしません)。

お悩み、ぜひお送りください!

本コラムでの採用可否など、ダイレクトメッセージ送付後のご質問にはお答えできません。ご了承ください。

  • 3
  • トップページ
  • 連載
  • 第24回:nuance、EMOE、加納エミリ〜小出祐介&南波一海「小出は明日、昨日の南波と連載する」〜