まなみのりさ[インタビュー]“最初で最後”の全国ツアーに向かう3人の本当の気持ち「まなみのりさを、しっかりと自信を持って最後までお伝えすることが本当に楽しみ」

まなみのりさ[インタビュー]“最初で最後”の全国ツアーに向かう3人の本当の気持ち「まなみのりさを、しっかりと自信を持って最後までお伝えすることが本当に楽しみ」

まなみのりさ[インタビュー]“最初で最後”の全国ツアーに向かう3人の本当の気持ち「まなみのりさを、しっかりと自信を持って最後までお伝えすることが本当に楽しみ」まなみのりさLast Tour 2023<Epilogue>インタビュー

4月1日(土)に開催する中野サンプラザ公演をもって解散するまなみのりさが、2月18日(土)より全国ツアー<Epilogue>をスタートする。千葉、大阪、福岡、広島、愛知、東京の6ヵ所を巡る今回のツアーでは、各地で異なるゲストグループも出演。まなみのりさと縁のある仲間たちとともに、15年の活動の集大成となるステージをお届けしようとしている。この“最初で最後”の全国ツアーに対して、メンバーは今どのような想いを持っているのか。3人に素直な気持ちを語ってもらった。

編集協力:村田誠二

ちゃんとありがとうを伝えることができたかな(りさ)

――まずはラスト全国ツアー<Epilogue>の話の前に、1月14日にお地元広島のアステールプラザ大ホールで開催したワンマンライブ<まなみのりさ最後の広島大感謝祭~気付けば三十路を越えまして...~>の感想を聞かせてください。

まなみ:
まずはホッとひと安心してます。というのも、かなりたくさんの方にご協力いただいた準備期間がありましたので、時期的にも無事に開催できるかという心配もありましたし、お客さんがたくさん集まってくれるかどうかという心配もあって、“何がなんでも成功させなきゃ”っていう気持ちが強かったですから。で、実際、みんなが笑顔で集まってくれたので、本当にホッとしたなっていう気持ちが1番ですね。

みのり:
私は、とにかく楽しかったっていうのが1番ですね。広島での最後の大きなワンマンライブで、最後っていう寂しさはもちろんありましたけど、集まってくれたみんなに楽しんでもらいたいってことを1番に考えたライブだったので、普段は緊張の方が勝ってしまうのに、今回のライブはそれを楽しさが上回るような、心から楽しいと思えるライブになりました。お客さんもそれを観て“今日は1日、楽しかったな”って思ってもらえたんじゃないかなって。結果的に大成功だったと思います!

りさ:
15年間、広島出身のグループとして頑張ってこれたのも、広島っていう“帰って来られる場所”があったことですごく心強かったからこそなので、今回、広島のみなさんやライブに集まってくれたみなさんにありがとうの気持ちを届けたいって、ずっと思ってたんです。みんなで“ライブまで笑って過ごそう”って言い続けてきましたけど、ライブ当日はギリギリまで緊張してて(笑)。でも、実際にステージに出てみるとたくさんの人がいて、みんな笑顔で観てくれていて、アゲ系の曲が多かったこともあって、私たちも含めてみんなで笑って過ごせて、終わったあと“楽しかった!”って言ってもらえたことが1番よかったですね。ちゃんとありがとうを伝えることができたかなって思います。

――テレビで、このライブに参加したファンを追いかけた特集も放送されましたよね。ファンの方の想いも溢れていて、すごく温かい気持ちになりました。

みのり:
広島ローカルだけじゃなく、東京の『Nスタ』でも放送していただいて。自分たちが東京のテレビに出ているのは不思議な感じがしました(笑)。そうやって東京でも特集していただいたり、ライブが成功したことも、ファンのみんながたくさん力をくれてできたことなので、改めて応援してくれたファンのみんなには本当に感謝の気持ちでいっぱいですね。

――現在、ベストアルバム『LAST』のリリースイベント真っ最中ですが、解散を目前にファンと実際に会ってみて、反応に何か変化はありましたか?(取材日は2023年1月31日)

まなみ:
リリースイベントは、この15年間いろんな場所で数えきれないほどやらせていただいて、それぞれ本当に想い出深いんですけど、最近はこれまで以上に“懐しいな”っていう方だったり、“わ、久しぶりに会えた!”っていう方も来てくださって、“これまでの感謝を伝えに行かなきゃと思いました”とか、“最後にやっぱりまみりが観たくて”って、わざわざ来てくださった方がいたんですね。そういう言葉を聞くと、やっぱり今まで以上に特別な気持ちになりますし、4月1日(東京・中野サンプラザホールでのラストライブ)に向かっていってるんだなって、寂しさもありつつ、改めて久しぶりに会えた嬉しさとかも感じながら回っているところですね。

――今回のリリイベの中で、特に印象的な出来事は?

みのり:
これまでたくさんリリイベをやらせてもらいましたけど、以前、広島のリリイベでお世話になったタワレコの店員の方が、実はその前に名古屋でもお世話になっていて、今回、その方がまた別の場所で担当してくださって、どの場所に行ってもいらっしゃるんですよ。そういう奇跡の再会みたいなことを何度もくり返していて(笑)、私たち3人も嬉しくなりましたし、それも、15年という長い期間、活動を続けてきたからこそこういう出会いがあるんだなって思いますね。

<まなみのりさ最後の広島大感謝祭~気付けば三十路を越えまして...~>アステールプラザ大ホール(2023年1月14日)
ツイート
<まなみのりさ最後の広島大感謝祭~気付けば三十路を越えまして...~>アステールプラザ大ホール(2023年1月14日)

次ページ

  • 1

まなみのりさ特集『Last Days』

  1. まなみのりさ[インタビュー]決断と決意の真実――解散への想いを語る「最後の日まで最高を更新し続けて、笑顔で終わります!」
  2. まなみのりさ[ライブレポート]解散発表後はじめてのステージで届けた感謝の気持ちと強き覚悟「最後まで全力で進んでいくので、あと1年どうかよろしくお願いします」
  3. まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第1回(まなみ):15年続いた秘訣
  4. まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第2回(みのり):リーダーとして感じてきたこと
  5. りさ(まなみのりさ)×櫻井優衣(FRUITS ZIPPER)[対談]“解散”と“デビュー”の奇跡の邂逅「想いのバトンとして繋いでいけたら」「選んでくださった想いに相応しいグループでいたい」
  6. まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第3回(りさ):大切にしている言葉
  7. まなみのりさ[ライブレポート]表情豊かなパフォーマンスとともに溢れる想いを全身全霊で届けたデビュー15周年記念公演
  8. まなみ(まなみのりさ)×実玖(九州女子翼)[対談]地方アイドルだからこそ魅せたい大切な想い「地方を背負うって、ある意味、誇り」「絶対に何か掴んで帰る!って気持ちは、どこのグループにも負けない」
  9. まなみのりさ[ライブレポート]九州女子翼の想いも抱きながら、レアセットリストで作り上げた圧巻のステージ
  10. まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第4回(まなみ):振り付け
  11. まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第5回(みのり):広島と東京で活動してきた中で感じたこと
  12. まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第6回(りさ):楽曲
  13. まなみのりさ[インタビュー]“最初で最後”の全国ツアーに向かう3人の本当の気持ち「まなみのりさを、しっかりと自信を持って最後までお伝えすることが本当に楽しみ」
  14. まなみのりさ[インタビュー前編]15年間3人で紡いできたアイドルストーリーの最終章「いかに最高のまなみのりさを届けるか、こだわるとすればそこだと思う」
  15. まなみのりさ[インタビュー後編]いよいよ迎える解散ライブへの偽らざる想い「私たちが15年走ってきたゴールが4月1日の中野サンプラザ」
  • トップページ
  • 特集
  • まなみのりさ[インタビュー]“最初で最後”の全国ツアーに向かう3人の本当の気持ち「まなみのりさを、しっかりと自信を持って最後までお伝えすることが本当に楽しみ」