まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第4回(まなみ):振り付け

まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第4回(まなみ):振り付け

まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第4回(まなみ):振り付けまなみのりさコラム「15年のあゆみ」第4回(まなみ)

2023年4月1日(土)の中野サンプラザ公演をもって解散するまなみのりさ。コラム「15年のあゆみ」では、メンバーが各回に設けたテーマをもとに、これまでのアイドル活動を振り返りながら、当時の出来事や想いについて綴っていく。まなみが担当する第4回目のテーマは、振り付け。まなみが振り付けをする時に気を配っていることや、届けたい想いについて真っ直ぐな言葉で伝える。

メンバーそれぞれの視点から“まなみのりさ”を綴った連載コラム「まみりのあゆみ」。まなみ、みのり、りさと一巡しましたが、楽しんでいただけてますか? 着眼点やテーマが各々違うので、三方向からのまみりをぜひ味わっていってください。

ということで、今回はよく質問をいただく“振り付け”について。実はまみりの楽曲のほとんどのダンスを、私が振り付けしています。知っている人は知っている、知らない人は知らない感じだと思うのですが(笑)。

まみりライブの世界観の大切な一部であり、普段はなかなか語ることもないので、今回ここに記してみます。

初っ端から書くことかはわかりませんが、正直私は基本的にパフォーマーでありたいので、振り付けすること自体はあまり好きではありません(苦笑)。

じゃあなぜやってるの? ……そうですよね。

スクール時代から何度か振り付けする機会があり、当時から褒めてもらえることが多かったので、その延長線って感じです。

決定打は事務所のプロデューサーから“なかなかセンスいいよ! 作ってよ”と言われたのがきっかけだったと思います。

そこから任せてもらう機会が増え、信頼してもらえるようになり、気づけば当たり前になりました。“あ、もうこれは逃れられないな……”と(笑)。

こんな経緯で振り付けを始めて今に至るのですが、ファンの方以外にも関係者さん、さらにはメンバーに“まなさんの振り付け好き!”と言ってもらえるのがいつも励みで。周りの人たちの声がなかったら、続けられなかったと思いますが、今ではやってきてよかった!と思えています。

そんな始まりなので、振付師として学んだり、基礎知識があるわけではないし、ダンスもズバ抜けてウマいわけではないのですが……。私にしかできない振り付けや世界観が、まみりのためになればと制作しています。

まなみ
ツイート
まなみ

次ページ

  • 1

まなみのりさ特集『Last Days』

  1. まなみのりさ[インタビュー]決断と決意の真実――解散への想いを語る「最後の日まで最高を更新し続けて、笑顔で終わります!」
  2. まなみのりさ[ライブレポート]解散発表後はじめてのステージで届けた感謝の気持ちと強き覚悟「最後まで全力で進んでいくので、あと1年どうかよろしくお願いします」
  3. まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第1回(まなみ):15年続いた秘訣
  4. まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第2回(みのり):リーダーとして感じてきたこと
  5. りさ(まなみのりさ)×櫻井優衣(FRUITS ZIPPER)[対談]“解散”と“デビュー”の奇跡の邂逅「想いのバトンとして繋いでいけたら」「選んでくださった想いに相応しいグループでいたい」
  6. まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第3回(りさ):大切にしている言葉
  7. まなみのりさ[ライブレポート]表情豊かなパフォーマンスとともに溢れる想いを全身全霊で届けたデビュー15周年記念公演
  8. まなみ(まなみのりさ)×実玖(九州女子翼)[対談]地方アイドルだからこそ魅せたい大切な想い「地方を背負うって、ある意味、誇り」「絶対に何か掴んで帰る!って気持ちは、どこのグループにも負けない」
  9. まなみのりさ[ライブレポート]九州女子翼の想いも抱きながら、レアセットリストで作り上げた圧巻のステージ
  10. まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第4回(まなみ):振り付け
  11. まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第5回(みのり):広島と東京で活動してきた中で感じたこと
  12. まなみのりさ【コラム】「15年のあゆみ」第6回(りさ):楽曲