我妻桃実のハロプロ愛と推し増し「私は推しがいっぱいいても悪くないぞって思っているよ!」

我妻桃実のハロプロ愛と推し増し「私は推しがいっぱいいても悪くないぞって思っているよ!」

我妻桃実のハロプロ愛と推し増し「私は推しがいっぱいいても悪くないぞって思っているよ!」その4、ぽにょちゃんとデートしたよ #6

乃木坂推しだが最近ハロプロも気になっているという長谷川副編集長。ハロー!プロジェクト好きアイドルとして有名な我妻さんが、副編集長にその素晴らしさを熱く語ってくれました。

長谷川:
ぽにょちゃんの趣味は?

我妻:
音楽を聴くのが好きで、最近は小沢健二さんがすごく好き。学校のみんなは聴かないから、“わかんないしー”って言われるけど。

長谷川:
そういえば、ハロプロも好きだよね。

我妻:
そう。これも困っちゃうのがBerryz工房さんが好きだから、オザケンもそうだけど、完全に懐かしいもの好きみたいになっちゃっていて(笑)。しかもベリが出ていた最後のハロコンに行って好きになったから後追いするしかないの。でも、今でももちろん好きだし、カラオケでもよく歌ってる。ベリはみんなのキャラが立っている感じで、髪色やメイクが奇抜な子がいれば、ももちさんみたいな人もいたし、身長もバラバラだったのにカッコよくまとまっていて、それがバンッ!て強いパワーになっていたから私は好きになったんだけど、今のハロプロさんもみんな色が違うから見ていて見飽きない。だから楽しいよ。

長谷川:
私もハロプロは1回観に行きたいんだー。

我妻:
絶対行って! 面白いから。

長谷川:
気になっているけど、まだ1歩が踏み出せないの。乃木坂ちゃんが好きだから、ほかのグループを見ると、おろそかになってしまうかなと思ったりして心配になっちゃって。

我妻:
それ、めっちゃわかるなー。

長谷川;
でも、友達にハロプロ好きでコンサートとかにも行っている子がいて、その子が熱弁しているのを聞いていたら行きたいなって思うようになっちゃって、今、ぽにょちゃんの話を聞いてさらに行きたくなった。

我妻桃実、長谷川瑞
ツイート
我妻桃実、長谷川瑞

我妻:
ハコムスのプロデューサーさんは、もともとハロプロが大好きなの。ハコムスが初めてPVを撮りますっていう時に“リップシンクとかもあるから、この動画を観て予習しておいてください”って言われて、めちゃめちゃ大量のURLが送られて来たんだけど、それが全部ハロプロさんのリップシンクのソロカット集だったから、それを観て勉強したりもしたよ。ブロマイドのポーズとかハロプロさんのブロマイドを見て、こういうポーズって言われたりとか。だからハコムスはハロプロエッセンスが入っているかな。バスツアーの時も、“しおりを作りますから、これを参考にしてください”って送られてきた画像がBerryz工房さんだったかな? ハロプロのバスツアーのしおりだったり。でも、ハロプロは入ったら抜け出せないよ(笑)。

長谷川:
わー、沼だ。

我妻:
そう、沼(笑)。でもね、好きがいっぱいあるっていうのはいいことだと思うんだ。私もハロプロさん以外にも好きなアイドルさんはたくさんいるし。だからファンの人たちも推しがいっぱいいてもいいんじゃないかなと思っていて。ちゃんと好きっていう気持ちをそれぞれの推しに届けることができていたら、(取材のレコーダーに近づいて)私は推しがいっぱいいても悪くないぞって思っているよ! みんな、だから安心してね!

長谷川:
あはははは。私もそう思う。それで1人ずつにちゃんと好きを伝えてあげられていればね。私も乃木坂ちゃんは全員が好きだから推しとかじゃないもん。存在がありがとうって感じ。

我妻:
それ、めっちゃわかるー。そうなるよね。だから1歩を踏み出してみて。

長谷川:
うん、わかった。取りあえず私は家に帰ったら早速ハロプロの動画を観る!

長谷川瑞
ツイート
長谷川瑞

その4、ぽにょちゃんとデートしたよ

  1. 我妻桃実のピクニックコーディネイト「いつもよりもちょっとアウトドアチック」
  2. 我妻桃実、年下のハコムスメンバーとの接し方「次は私が引っ張って行こうっていう子も出てきたので、前とは違って任せてみたり」
  3. 我妻桃実の高校生活「多分私はどこでも一歩距離を置いて見るのが好きなんだと思う」
  4. 我妻桃実、コーヒーとテスト勉強「みなさん、テスト勉強にはコーヒーがおすすめですよー」
  5. 我妻桃実が伝授する人見知り克服トレーニングとは?「私、電車とかで赤ちゃんとよくにらめっこするの」
  6. 我妻桃実のハロプロ愛と推し増し「私は推しがいっぱいいても悪くないぞって思っているよ!」
  7. 長谷川瑞から我妻桃実(ハコイリ♡ムスメ)へのラブレター
  • トップページ
  • 特集
  • 我妻桃実のハロプロ愛と推し増し「私は推しがいっぱいいても悪くないぞって思っているよ!」