妄想キャリブレーション、<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>終演後インタビュー「にこにこキャリブレーションでした」

妄想キャリブレーション、<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>終演後インタビュー「にこにこキャリブレーションでした」

妄想キャリブレーション、<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>終演後インタビュー「にこにこキャリブレーションでした」妄想キャリブレーションが出演した<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>の終演後インタビュー

鶴岡 舞

Pop'n'Roll スタッフエディター

2019.01.09

寺嶋編集長による初めての主催フェス<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>が、2018年12月21日に新宿ReNYで開催された。主催者の寺嶋由芙をはじめ、原田珠々華、虹のコンキスタドール、rionos、二丁目の魁カミングアウト、妄想キャリブレーションらが出演。本記事では、妄想キャリブレーションへの終演後インタビューをお届けする。

――ライブを終えての感想を教えてください。

星野にぁ:
由芙さんのファンのみなさんがすごい優しかったです。あとちょっと気になったのが、Pop'n'Rollのデートのおかげか黄色のサイリウムが多かったなって。由芙さんのファンがそうやってくれるのはすごい嬉しかったです。ゆっふぃーとのコラボもね、普段のゆっふぃーとは違うようなのが観せられたんじゃないかなと思います。いい役割だったんじゃないですかね(笑)!

――水城さんいかがでしたか?

水城夢子:
由芙さんって上品じゃないですか。お客さんもそんな感じがしました。優しくて、にこにこしてて、とてもいいお客さんばかりだなって。

――普段の妄キャリさんのライブとは違う感じでした?

水城夢子:
全然違うかも。女の子も多かった気がするし。「悲キャリ」(「悲しみキャリブレーション」)がコラボ曲だったんですけど、いつもみたいに悲しい顔になりませんでした。楽しかったです、にこにこで最後までできました。

――にこにこキャリブレーションですね(笑)。

水城夢子:
にこにこキャリブレーションでした。使ってください(笑)。

胡桃沢まひる:
コラボは由芙ちゃんの覚えがすごく早くて、リハもすぐ終わっちゃいましたし。しかも、こんなにコラボを何曲も覚えて。自分で主催のフェスをやって、それに妄キャリを呼んでくれてすごい嬉しいなって思います。由芙ちゃんとあまり接点がなかったんですけど、<KAWAII FESTIVAL>を通して、由芙ちゃんとちょっと仲良くなれたかな〜って思うので、この際もっと仲良くなりたいなって思いました。

――実際、お声がかかった時ってどんな気持ちになりました?

胡桃沢まひる:
え、<KAWAII FESTIVAL>⁉︎ 大丈夫?みたいな。うちら可愛い要素があまりないけど、大丈夫かなっていう感じの不安はあったんですけど、うちらなりに衣装もセトリも可愛いに寄せました。

雨宮伊織:
可愛い衣装で挑んだんですけど、気が気じゃなかった。そわそわしちゃいました。“この衣装やっぱりちょっと違うかな”って、ライブ中に思ってました。

一同:
(爆笑)。

星野にぁ:
ライブ中は忘れたよ。

雨宮伊織:
由芙さんとお揃いだから、それだけが嬉しくて着てました。あとは、ずっと思ってたんですけど、もともと由芙さんのスタイルがすごく羨ましくて。レッスンの時とか鏡ごしに自分と由芙さんが並んでいるところを見ると、人間と宇宙人みたいで。

星野にぁ:
きゃはは(笑)。

雨宮伊織:
これステージの上でやるのかと思ったら、羞恥心がすごかった。けど、楽しかったです。よかったです。

――桜野さんはどうでしたか?

桜野羽咲:
練習の時から、普段はこの5人と先生だけでやってるので、そこに1人加わってくれるだけですごい賑やかになって楽しい雰囲気になりました。まず、そこから楽しかったし、覚えるのも早くて2時間くらいで終わったよね。由芙さんから「悲キャリ」をやりたいって言ってくださってて。けっこう難しい曲なので、ほかの方とのコラボでは違う曲にすることが多いんですけど、由芙さんは本当に愛があって、前に観に来てくれたり、自分の中に入れてから挑んでくれたんだなっていうのがすごいわかって。

星野にぁ:
うん、わかった。

桜野羽咲:
それがすごい嬉しかったなって。あと、なにより一緒に「悲キャリ」ができたこともすごい嬉しかったです。

胡桃沢まひる:
普段コラボではフォーメーションとか簡単にしてやることも多いんですけど、今回は全部ちゃんとそのままなので。

星野にぁ:
本当にそのままでやりました。

――すごいですね!

水城夢子:
歌も新鮮だったよね。

雨宮伊織:
上手だよね、歌もダンスも。

胡桃沢まひる:
ハロプロ感あった。

桜野羽咲:
あったね、語尾が。

星野にぁ:
好きなんだなってわかるよね。

胡桃沢まひる:
でも、好きなのB'zだって言ってた。

星野にぁ:
そうなんだよね!

桜野羽咲:
B'z感もあった。

星野にぁ:
そう言われればね、確かに。

雨宮伊織:
それ秘密にしてるんじゃない、もしかしたら(笑)。

胡桃沢まひる:
え、どうしよ(笑)。

水城夢子:
真面目にアイドルだから男性アーティストなんて……。

星野にぁ:
そんなことないでしょう!

胡桃沢まひる:
脱線しました、すいません(笑)。

――いえ(笑)。それでは最後に星野さんにお伺いしたいんですけど、Pop'n'Rollで寺嶋さんとデートした感想を教えてください。

星野にぁ:
Pop'n'Rollの取材が終わった後にメンバーに会ったので話しをしたんです。“ゆっふぃーにすごい褒められたよ。うちら女子力があって、いつもアイドル力があるんだって”って、“どこ見てんだろうね(笑)”って。

一同:
(爆笑)。

星野にぁ:
うちらからしたら、ゆっふぃーの方が女子力あるし、存在が華やかだから、そんな風に思ってくれてたのが嬉しかったし、ラブレターもすごい嬉しかったです!

▼当日のライブレポート

▼星野にぁ×寺嶋由芙『冴えてる彼女とお散歩デート♡』