WHY@DOLL 青木&浦谷、2人組としてのポジションと2019年について「もうちょっとトークが面白かったら、バニビさんのポジションを目指せるのにねって(笑)」

WHY@DOLL 青木&浦谷、2人組としてのポジションと2019年について「もうちょっとトークが面白かったら、バニビさんのポジションを目指せるのにねって(笑)」

WHY@DOLL 青木&浦谷、2人組としてのポジションと2019年について「もうちょっとトークが面白かったら、バニビさんのポジションを目指せるのにねって(笑)」青木千春&浦谷はるな(WHY@DOLL)、大好きな街がもっと好きになった下北沢散歩。#6

2018年はフルバンドやアコースティックライブを経験して生音で歌う楽しさを知った年だったという2人に、2019年の活動について聞きました。青木さん、浦谷さんともにパワーワード連発で、最後には実現したら面白そうな意外な答えもいただいています。

山村:
2人組は今のアイドルシーン全体から見ると、ソロと同じぐらい少ないと思うんですよ。そこはどう思っています?

青木:
バニラビーンズさんも解散しちゃったから。

浦谷:
確かにね。小人数が弱い時代がけっこう続いていたんで。でも、これからは特に少人数の時代だろうって私は思っているんです。大人数のグループはそれぞれでやりたいことも違っていたりして、気持ちを1つにするのがやっぱり難しいじゃないですか。2人組の強みは人数が少ないから同じ方向を向いていることだなって思うんですよ。アイドル界の中で長く続いていたり安定していたと思われていた大人数グループさんたちが解散しているから、同じ方向を見て地道にちょっとずつ、ちょっとずつ前に進んでいる私たちの時代が来るような気がしていて。

山村:
なるほど。自分たち以外で思い当たる2人組っています? 地方だとChelipとかいますけど。

浦谷:
私たちが仲いいのはLovelysとかYes Happy!とか、2つとも関西のグループですね。東京だと?

青木:
Kus Kusさん。

浦谷:
そうか、確かに2人組って少ないですね。私たちは2人組と言えば、ほわどるだよねって言われるのを1つの目標にしていたんですけど、2人組の代名詞だったバニラビーンズさんが解散してしまったので、そこはチャンスじゃないですけど(笑)。

青木:
ファンの人たちも次はほわどるだって期待してくれていて、そういうグループになってねって言われます。

浦谷:
もうちょっとトークが面白かったら、バニビさんのポジションを目指せるのにねって(笑)。そこなんですよねー、頑張ります。

浦谷はるな(WHY@DOLL)|下北沢
ツイート
浦谷はるな(WHY@DOLL)|下北沢

山村:
2019年のWHY@DOLLはどんな展開になるんですか?

青木:
2月にミニアルバムをリリースするんですけど、新年からはそのリリースで動いて行きます。2018年はそのためにいろんなところに行って少しずつ広めて来たから、今年はミニアルバムを引っ提げてまだ行ったことのなかった場所にもどんどん行って、もっとほわどるを見に来てくれる人が増えるようにしたいと思っているんですよ。ツアーも今回は4都市なんですけど、年内で次はもっと回れるようにしたいし、そんな1年になったらいいなと思います。

浦谷:
次のツアーは名古屋と大阪にもバンドセットで行くんです。2018年はフルバンドやアコースティックでライブをやらせてもらって生音での楽しさを最近実感し始めているから、今年はバンドライブをもっとやりたいなって思っていて。制作面でも、これまで以上に携わりたいなと思っているんですよ。私はキーボードを勉強し始めたので、1曲でも2曲でもWHY@DOLLの曲を書いたりとかしてみたいし、今はグッズ製作も私たちの意見をバンバン取り入れてもらっているから、今年はより私たちらしいWHY@DOLLになって行ける気がしているんですよね。だからもっと強くなる2019年にしていきたいなと思っています。

山村:
解散の前兆があったとは思えない強い発言ですね。

浦谷:
あはははは。アイドルあるあるだと思うんですけど、そういうけじめみたいなことがあるとメンバー同士がさらに仲良くなったりとか、活動に対してもより気持ちが強くなったりするんです。だから私たちもそれで欲が出て来たというか、続けるんであれば、もっとこうしたいっていう思いが強くなりました。

山村:
バンドライブっていうことで言えば、初期のほわどるは自分たちで演奏するバンドでしたもんね。

浦谷:
あの当時は自分たちで弾いていたけど、音楽をまったくわかっていない状態で、どちらかっていうとやらされている感じが強かったんですよ(笑)。でも、今は弾いていないけど生音だからこそこういう歌い方にしようとか考えるし、こう歌いたいって気持ちが強いです。

青木:
あの頃は演奏もひどかったし(笑)。でも、またやりたいよね。

浦谷:
うん。久々にベースもギターも弾きたい。

山村:
せっかくのバンドライブだし、ツアーの1コーナーで弾いてくださいよ。

青木:
うん。やりたい、やりたい。

浦谷:
じゃあ、そのために音楽的な部分も強化しておきますね。

青木千春(WHY@DOLL)|下北沢
ツイート
青木千春(WHY@DOLL)|下北沢

青木千春&浦谷はるな(WHY@DOLL)、大好きな街がもっと好きになった下北沢散歩。

  1. WHY@DOLL 青木&浦谷の休日「行きたいところが被った時だけ一緒に出掛けたりはします」
  2. WHY@DOLL 青木&浦谷がハマっていること「私もこれを飲んだら綺麗になれるかなと思って」
  3. WHY@DOLL 青木&浦谷、上京して5年経った今「自分で言うのもなんですけど、お互い落ち着いたような気はします」
  4. WHY@DOLL 青木&浦谷が好きな音楽と自分たちの楽曲の変化「あのタイミングでシフトチェンジしておいてよかったなって、すごく思うんですよね」
  5. WHY@DOLL 青木&浦谷が経験した解散の前兆「今は“長く続けたいね”って2人で話して前向きに活動をしているんです」
  6. WHY@DOLL 青木&浦谷、2人組としてのポジションと2019年について「もうちょっとトークが面白かったら、バニビさんのポジションを目指せるのにねって(笑)」
  7. WHY@DOLL 青木&浦谷、下北沢散歩を振り返る
  • トップページ
  • 特集
  • WHY@DOLL 青木&浦谷、2人組としてのポジションと2019年について「もうちょっとトークが面白かったら、バニビさんのポジションを目指せるのにねって(笑)」