東京パフォーマンスドール高嶋&脇、結成から6年での変化(脇編)「いい風に変わったと思うよ、あかりは。だから私はすごく嬉しい」

東京パフォーマンスドール高嶋&脇、結成から6年での変化(脇編)「いい風に変わったと思うよ、あかりは。だから私はすごく嬉しい」

東京パフォーマンスドール高嶋&脇、結成から6年での変化(脇編)「いい風に変わったと思うよ、あかりは。だから私はすごく嬉しい」高嶋菜七&脇あかり(東京パフォーマンスドール)グループ初期の想い出が詰った代官山・中目黒散歩#3

山村 哲也

Pop'n'Roll 統括編集長

2019.03.20

今年結成6年目を迎えるTPD。ここまでの活動の中で高嶋さん、脇さんはどう変わってきたのか? 今日は脇さんにスポットを当てて話を聞いています。

撮影:鳥居洋介

山村:
TPDは今年の6月で結成6周年を迎えます。

高嶋&脇:
早い!

山村:
2人が出会ってからここまでで、お互いに変わったなと思うところはありますか?

高嶋:
断然に明るくなったよね、あなたは。性格が1番変わったなって言われているし。

脇:
うん、変わったかもしれない。

高嶋:
こんなかまちょ(“かまってちょうだい”の略)じゃなかったし。

脇:
そんなに人とは話さない、メンバーとも話さない、仲よくしない……

高嶋:
一匹狼感出してたんですよ、最初は。“ご飯食べに行く?”って聞いても、“うーん、今日は家帰る”みたいな。

脇:
団体行動が苦手で、今でも6人での取材とか苦手なんですけど、集団っていうのが嫌だったんですよね。前は帰る時も1人で帰っていた。

山村:
そこからどうして変わったんですか?

脇:
1番大きいのはダンスリーダーになったことだと思います。ダンスリーダーになって、周りを見るようになったこと。

高嶋:
リーダーになると変わるよね。責任感も出るし。

脇:
自分だけじゃダメなんだって思ったのが大きくて。そこからかな、コミュニケーションを取り出したのは。

高嶋:
あと友達も増えたよね。社交性が出た。

脇:
えへへへ。

高嶋:
いい風に変わったと思うよ、あかりは。だから私はすごく嬉しい。一匹狼よりもそっちの方が絶対人生楽しいよ。

脇あかり(東京パフォーマンスドール)|代官山・中目黒
脇あかり(東京パフォーマンスドール)|代官山・中目黒

山村:
自分でも社交性が出たと感じています?

脇:
丸くなったなとは思いますね。上京する前、チアガールをやっていた時もどっちかっていうと戦いだったんで。センター取らないとみたいな。

山村:
そういう気持ちがTPDに入っても脇さんの中では続いていた?

脇:
続いていましたね。チアガールはレギュラー争いだったし、その気持ちで上京して来たので。

高嶋:
多分ほかのメンバーの中にもそういう子はいたと思うんですよ。でも、自分のセンター曲が欲しいとか考えていても、うちらのグループはそれを出さない子が多かった。

脇:
確かにね。

高嶋:
そんな中であかりはそれを前面に出していたから、私はそれを見て、こういう子がいることでほかのメンバーにも向上心とか芽生えるんじゃないかなと思っていたんですよ。

山村:
だから、あえてそのままにしておいたと。

高嶋:
そうです。そういう時期があって今の6人になってからは、ライバルというよりも切磋琢磨して頑張って来た仲間感がすごく強くなった。そのことはプラスでもあってマイナスでもあると思うんですけどね。個人個人がライバル視していなさ過ぎて、そこでの向上心が薄くなっているんじゃないかなって。でも、それを6年目のグループに求めるかっていうのはあるんですけど。

山村:
今のTPDは以前よりもみんなで一緒に前に進んでいく感が強くていいけど、それだけではいけないみたいな。

高嶋:
そうですね。なんか団結力の方が強くない? 個人戦よりも。

脇:
そうだね。メンバー1対1だとTPDのことを話したりするんですよ。将来のこととか。でも、グループ全員でいる時はあまり話すことが少ない。そういうところとかもね、グループとしてはどうなのかなって。

高嶋:
絶対ほかのグループはもっとバチバチしているじゃないですか。そういう話を私は聞くことが多いので、そこは今のTPDにはないことだなって思います。だから前はあかりがそういう感じでよかったと思うんだよね。いい意味でメンバーの中で浮いていたし、それがよかった。

脇あかり(東京パフォーマンスドール)|代官山・中目黒
脇あかり(東京パフォーマンスドール)|代官山・中目黒

東京パフォーマンスドールライブ情報

赤の流星ワンマンライブ<Into The Night 〜憂鬱な夜の夢〜>
日程:2019年4月13日(土)
#01 開場12:30/開演13:00
#02 開場17:30/開演18:00
会場:渋谷Club Asia
料金:¥3,500(税込)
※別途ドリンク代が必要です。

<DMM VR THEATER presentsFuture LIVE~複合現実~vol.5 〜ダンスサミット VR〜>
日程:4月27日(日)開場18:30/開演19:00
会場:DMM VR THEATER
料金:A席¥4,500(税込)※全席指定
※別途ドリンク代が必要です。
※浜崎香帆BDコーナーあり

<The 6th Anniversary ダンスサミット>
日程:6月16日(日)開場17:30/開演18:00
場所:渋谷ストリームホール
料金:アニバーサリーチケット¥10,000、通常チケット¥4,500
※別途ドリンク代が必要です。

高嶋菜七&脇あかり(東京パフォーマンスドール)グループ初期の想い出が詰った代官山・中目黒散歩

  1. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、代官山・中目黒の想い出とファッション「来るたびに“あー頑張ってたなー”って、その頃を思い出します」
  2. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇の休日と今ハマっていること「予定を立てるのが最近嫌いになっちゃって」
  3. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、結成から6年での変化(脇編)「いい風に変わったと思うよ、あかりは。だから私はすごく嬉しい」
  4. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、結成から6年での変化(高嶋編)「菜七ちゃんは昔からみんなのお母さんみたいで、何でも聞いてくれるし、何でも吸い上げてくれる感じ」
  5. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、結成から6年での変化(TPD編)「6人になったことで1人ひとりが見られやすくなったんですよ」
  6. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、変化するアイドルシーンでのTPDと自分の未来 「今年は1人ひとりを成長させたいんですよ」
  7. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、代官山・中目黒散歩を振り返る
  • トップページ
  • スナップ
  • 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、結成から6年での変化(脇編)「いい風に変わったと思うよ、あかりは。だから私はすごく嬉しい」