東京パフォーマンスドール 高嶋&脇、代官山・中目黒の想い出とファッション「来るたびに“あー頑張ってたなー”って、その頃を思い出します」

東京パフォーマンスドール 高嶋&脇、代官山・中目黒の想い出とファッション「来るたびに“あー頑張ってたなー”って、その頃を思い出します」

東京パフォーマンスドール高嶋&脇、代官山・中目黒の想い出とファッション「来るたびに“あー頑張ってたなー”って、その頃を思い出します」高嶋菜七&脇あかり(東京パフォーマンスドール)グループ初期の想い出が詰った代官山・中目黒散歩#1

山村 哲也

Pop'n'Roll 統括編集長

2019.03.18

山村統括編集長が今回推すのは、TPDこと東京パフォーマンスドールの高嶋菜七さんと脇あかりさん。活動初期の想い出が詰まった代官山・中目黒を散歩してもらい、プライベートな部分から今年結成6周年を迎えたTPDの変化についてなど、いろいろと話を伺いました。

撮影:鳥居洋介

山村:
撮影中に代官山には想い出があるという話をしていましたけど。

脇:
そうですね。事務所が近いのでよく散歩をしたりします。

高嶋:
TPDになって上京して来た当初は、学校が終わってPLAY×LIVE <1×0>公演の稽古が毎日あったんですよ。それで空き時間にリフレッシュできることが代官山を歩くぐらいしかなかったから、来るたびに“あー頑張ってたなー”って、その頃を思い出します。多分メンバー全員そうだったと思うんですけど。

脇:
そうだね。息抜きをする場所だった。ランニングする時も代官山や中目黒をよく走っていたし。

山村:
活動初期の想い出の場所。

脇:
そうです。最初1、2年の。

山村:
最近は?

高嶋:
私は蔦屋さんが落ち着いていて好きなので行ったり、お気に入りのメキシコ料理屋さんがあってご飯を食べに来ます。

山村:
東京での想い出の場所って、ほかにはあります?

高嶋:
渋谷しかないかなー。<1×0>公演をやっていた(CBGK)シブゲキ!!って劇場が渋谷だったから、基本行動範囲は家とそこだけだったんですよ。だから渋谷の雑踏しか東京のイメージがないんです。時間つぶしはSHIBUYA109みたいな。

脇:
そうだったね。メンバーとは大体そこで会っちゃう。

高嶋:
<渋谷LIVE CIRCUIT>公演も渋谷が拠点だったし、渋谷は私たちのホームみたいな場所です。

高嶋菜七(東京パフォーマンスドール)|代官山・中目黒
高嶋菜七(東京パフォーマンスドール)|代官山・中目黒

山村:
なるほど。では、私服撮影だったので、今日のファッションポイントを教えてください。

高嶋:
服は白と黒が好きなんですよ。最近は差し色として色のある服も着るようになったんですけど、それまではホントに白か黒しか着なかった。あとこれも最近なんですけど、私服ではあまり足を出すのが好きじゃないから下はロング。今日は春前という感じで、薄手のシャツに羽織れるライダースジャケットを着て、いつもの私って感じです。

山村:
帽子は?

高嶋:
髪の毛が朝ちょっとハネてたっていうのもありますし(笑)。

脇:
でも、それが今日のポイントだよね。

高嶋:
そう、差し色で入れました。

山村:
昔と比べてファッションは変わりましたか?

高嶋:
スカートとかはかなくなりました。ミニスカートとかはもうはかないですね。上京した時は何も抵抗なくはいていたんですけど、特に冬場とかはスカートの必要性を感じない。お洒落は寒さなんか関係ないって言いますけど、私は寒さには負けてしまう(笑)。

山村:
好きなブランドとかあります?

高嶋:
ZARAはよく行きます。あとはアメリ(Ameri VINTAGE)って代官山にあるブランドがめちゃくちゃ好きだったり、Mila Owenとかも好きです。私の母がすごくファッション好きなんですけど、すごく派手な色の服を着るんですよ。私とは対照的に。だから私の着る服を嫌うんです。“なんでそんな色着るの? それだと性格も暗くなるよ”って言うタイプなので、明るい服を最近着るようになってからは褒められます。

脇:
菜七ちゃんの家はお母さんの方がアイドルっぽいんです。

高嶋:
あはははは。

脇:
私はその日に着たいものを選ぶ人ですね。起きた時に気持ちが変わるし、天気でも左右されるから、そういう気持ちの面もファッションに表れます。今日は明るく行きたかったから赤と青のチェックのスカートで、予報では雨だったから濡れてもいいような格好で来ました。

山村:
脇さんもファッション変わってきました?

脇:
変わりましたね。ショートカットのボーイッシュってイメージがあるけど、上京する前はピンクで可愛いフリフリのものが大好きだったんですよ。

山村:
えー、意外です。そんな時代があったんですね。

脇:
だから、その頃はLIZ LISAとか着ていて。でも、上京して髪を切ってボーイッシュなイメージになったので、そこからはストリート系だったりとか大幅に変わりましたね。よく買うブランドはlittle sunny biteっていう服屋さんなんですけど、ほぼそこでしか買わないんで(笑)。

高嶋:
ヤバいでしょ。(アイテムを指差して)ほら、バックにも、服にも、全部LSBって入っている(笑)。

脇:
服を自分で合わせるのがあまり得意じゃないというか、こことここのブランドを買ってとかが苦手なので、ずっとこのブランド一途ですね。

脇あかり(東京パフォーマンスドール)|代官山・中目黒
脇あかり(東京パフォーマンスドール)|代官山・中目黒

東京パフォーマンスドールライブ情報

赤の流星ワンマンライブ<Into The Night 〜憂鬱な夜の夢〜>
日程:2019年4月13日(土)
#01 開場12:30/開演13:00
#02 開場17:30/開演18:00
会場:渋谷Club Asia
料金:¥3,500(税込)
※別途ドリンク代が必要です。

<DMM VR THEATER presentsFuture LIVE~複合現実~vol.5 〜ダンスサミット VR〜>
日程:4月27日(日)開場18:30/開演19:00
会場:DMM VR THEATER
料金:A席¥4,500(税込)※全席指定
※別途ドリンク代が必要です。
※浜崎香帆BDコーナーあり

<The 6th Anniversary ダンスサミット>
日程:6月16日(日)開場17:30/開演18:00
場所:渋谷ストリームホール
料金:アニバーサリーチケット¥10,000、通常チケット¥4,500
※別途ドリンク代が必要です。

高嶋菜七&脇あかり(東京パフォーマンスドール)グループ初期の想い出が詰った代官山・中目黒散歩

  1. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、代官山・中目黒の想い出とファッション「来るたびに“あー頑張ってたなー”って、その頃を思い出します」
  2. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇の休日と今ハマっていること「予定を立てるのが最近嫌いになっちゃって」
  3. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、結成から6年での変化(脇編)「いい風に変わったと思うよ、あかりは。だから私はすごく嬉しい」
  4. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、結成から6年での変化(高嶋編)「菜七ちゃんは昔からみんなのお母さんみたいで、何でも聞いてくれるし、何でも吸い上げてくれる感じ」
  5. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、結成から6年での変化(TPD編)「6人になったことで1人ひとりが見られやすくなったんですよ」
  6. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、変化するアイドルシーンでのTPDと自分の未来 「今年は1人ひとりを成長させたいんですよ」
  7. 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、代官山・中目黒散歩を振り返る
  • トップページ
  • スナップ
  • 東京パフォーマンスドール高嶋&脇、代官山・中目黒の想い出とファッション「来るたびに“あー頑張ってたなー”って、その頃を思い出します」