アップアップガールズ(仮)関根&新井、20歳を超えた今の変化「大概のことを許せるようになりました」

アップアップガールズ(仮)関根&新井、20歳を超えた今の変化「大概のことを許せるようになりました」

アップアップガールズ(仮)関根&新井、20歳を超えた今の変化「大概のことを許せるようになりました」関根梓&新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))想い出いっぱいの中野散歩。#3

山村 哲也

Pop'n'Roll 統括編集長

2019.02.20

間もなく活動9年目に入るアップアップガールズ(仮)。結成時まだローティーンだった関根さんと新井さんも20歳を超えました。そんな2人が大人になったなと思う部分とは?

山村:
先日取材をさせていただいた時に2人が20歳を超えたことに少し驚いてしまったのですが、自分の中で大人になったなと思う部分はありますか?

関根:
大概のことを許せるようになりました。

新井:
何があったんだよ(笑)。

関根:
あはははは。前は本当に幼稚で、性格的に自分の嫌いなものが侵入してきたら態度に出しちゃったし、ホントに嫌いと思っていたんですよ。それで誰も寄せ付けなかったり、言葉に出して言っちゃったりとかもして、なんか感情の起伏が激しかった。それが今は1回起伏は来るんですけど、収まりが早くなって“まぁいっか”と思うようになったので、それは“年のせいなのかな?”と最近思ったんですよ(笑)。私25、26ぐらいになったら、何でも許せるのかも? これはどうなっちゃうんだろう?って思うぐらいで、怒ってもすぐにシュンってなるのが早いんですよね。

山村:
それはいろんな経験をして心が広くなったのか? それとも自分の中でのあきらめなのか? どっちだと思いますか。

関根:
わぁーどっちなんだろう。でも、あきらめることは多くなったと思います。年上メンバーの森咲樹と、あきらめが肝心という話をよくしているんですよ。2人は特に頑固で意地っ張りってところがあるから、このまま自分の意地をずっと通していたらよくないねっていうのを2人で定期的に話していて、思うことがあったら一度言葉にして、それで変わらなければもうあきらめようと言っていて。なんかそういう会話をくり返していくにつれて、何でも許せるようになってきましたね。

山村:
新井さんはそういう関根さんの変化は感じます?

新井:
あんま変わってないです。

関根:
あはははは!

新井:
でも、落ち着いたなって感じはあるかも。人見知りなところもあったので、ちょっと苦手だなって時はそういうオーラをめちゃめちゃ放つんだけど、それがちょっと収まったなってところはあると思います。今はけっこうフレンドリーに話しにいっていますけど、最初の頃はね。

関根:
すごい壁を作ってたよね。その逆が新井ちゃんです。

新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))|中野
新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))|中野

新井:
私も人見知りですよ。1人仕事の時とかはホントに人見知りです。メンバーは家族みたいなものなので、いると安心できるし絶対的な信頼があるから、メンバーと一緒の時は人に話しかけに行ったりできるんですけど、1人の時は守れるのが自分しかいないじゃないですか。そういう時は不安になりますね。

山村:
なるほど。新井さんは自分の中で大人になったなと思うところはあります?

新井:
大人になったなと感じるのは食べ物とかで多いです。わさびが食べられるようになったりとか、マスタードが苦手だったんですけど、食べ物にマスタードってこんなにも合うんだと思って感動したりとか。そういうので大人になったなと感じることはありますね。

山村:
味覚ってなぜか大人になると変わりますよね。

新井:
そうなんですよ。今ダイノジの大谷さんとラジオをやらせていただいていて、“壊れかけのレディオ現象”って言っているんですけど、少年から大人に変わる瞬間だなって思いますね。

山村:
子供舌、大人舌みたいなことも言いますし。

新井:
そうです、そうです。ビターチョコレートとかを食べられたりすると、ちょっと大人になったなって思えます。

関根:
ちょっとずつ挑戦するのが面白いんですよ。ほかのメンバーが、けっこうコーヒーとか苦いものが好きなので。

新井:
コーヒー、カフェオレ、カフェラテがダメなんです。

関根:
そういう時に“ちょっと一口ちょうだい”って言って、苦い顔して帰って行くのが面白いんです(笑)。

新井:
抹茶も苦手で、京都とかでライブをやった後って、みんな抹茶のものを必ず買うじゃないですか。差し入れでもいただいたりするんですけど、抹茶のわらび餅とか甘いって言うから甘いんだろうなと思って食べたらめっちゃ苦くて、その時は本当にメンバーを恨みました。コーヒーも甘いっていうから飲んでみたら苦くて。

関根:
あはははは。そういう時、メンバーは100発中90発は狙ってやっているところがあります。

新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))|中野
新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))|中野

関根梓&新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))想い出いっぱいの中野散歩

  1. アップアップガールズ(仮)関根&新井、中野の想い出「中野は駅を降りると、ちょっと違う雰囲気になるよね」
  2. アップアップガールズ(仮)関根&新井のファッション「スカートは楽っていうのに気づきました」
  3. アップアップガールズ(仮)関根&新井、20歳を超えた今の変化「大概のことを許せるようになりました」
  4. アップアップガールズ(仮)関根&新井のハマっているものとは?「ゲームとともに生きて来たって感じですね」
  5. アップアップガールズ(仮)関根&新井、本好きのこだわり「本屋には行くと、大体2時間ぐらいはいます」
  6. アップアップガールズ(仮)関根&新井、この先の自分について「何かアプガのためにできたらいいなと思っているんです」
  7. アップアップガールズ(仮)関根&新井、中野散歩を振り返る
  • トップページ
  • スナップ
  • アップアップガールズ(仮)関根&新井、20歳を超えた今の変化「大概のことを許せるようになりました」