まき(あゆみくりかまき)[インタビュー]3人が家族になった地で誓った超克「もがいてもがいてちょっとでも前に進んで行けば、必ず光は見つかる」

まき(あゆみくりかまき)[インタビュー]3人が家族になった地で誓った超克「もがいてもがいてちょっとでも前に進んで行けば、必ず光は見つかる」

まき(あゆみくりかまき)[インタビュー]3人が家族になった地で誓った超克「もがいてもがいてちょっとでも前に進んで行けば、必ず光は見つかる」あゆみくりかまき特集第4回:まきフィーチャーインタビュー

今年、結成6周年を迎えたあゆみくりかまき。3月28日の大阪公演より全国ツアー<ボクらの熊魂2020~うららかな春のHAPPY ROCK TOUR~>を開幕する予定ではあったが、新型コロナウイルス感染拡大により、ツアーの複数公演が中止に。予期せぬ事態に直面したが、その逆境を乗り越えることを宣言するかのように、3月27日より新曲「Grateful」の配信をスタート。そして、未だ予断を許さない状況ではあるが、5月5日には結成6周年記念ワンマンライブとなるEX THEATER ROPPONGI公演に臨もうとしている。Pop’n’Rollでは、今年さらなる飛躍を遂げようとしている彼女たちの魅力に深く迫るため、全5回にわたるインタビューを敢行。第2〜4回では各メンバーをフィーチャーし、それぞれに想い出の地に訪れてもらい、その場所と今年挑戦したいことについて話を聞いた。今回は、“盛り上げ役”として全身全霊のパフォーマンスで観客を鼓舞する「まき」が登場。あゆみくりかまきの3人が上京後に共同生活をしていた千石で、あゆくまの“家族”としての歩みとこれからを語る。

編集協力:竹内伸一

【あゆみくりかまき特集】

第1回:メンバー全員インタビューvol.1 公開日:2月28日(金)
第2回:あゆみフィーチャーインタビュー 公開日:3月13日(金)
第3回:くりかフィーチャーインタビュー 公開日:3月27日(金)
第4回:まきフィーチャーインタビュー 公開日:4月10日(金)
第5回:メンバー全員インタビューvol.2 公開予定日:4月24日(金)

【想い出の地、千石/巣鴨】
3人で暮らしていた時のことを思い出します

千石は親元から離れて初めて住んだ町なので、やっぱり思い入れがあります。東京で初めて体験したことは、どれも千石でしたから。3人バラバラに上京したんですが、まきが最後でした。ギリギリまで実家にいたかったんです(笑)。私が上京してようやく3人がそろって、初めて3人で食事に行ったファミリーレストランとか、懐かしいですね。どんな話をしたのかはまったく覚えていないんですけど(笑)。

私、“包丁”を持って上京したんですよ。刺すと刃が引っ込むオモチャですけど(笑)。お母さんに“護身用に持っていきなさい”って言われて。メンバーはそんなこと知らないので、着いた日に刺して遊んだ記憶があります(笑)。“こういうので自分を守っていかなあかんで”って教えてあげました(笑)。ただ、実家から持ってきたものはあまり多くはなかったですね。実家のものを持ってきちゃうと、ホームシックになってしまうような気がして(笑)。実際、最初はやっぱり寂しかったですね。

新幹線で上京したんですけど、駅のホームまで家族が見送りにきてくれて。“行ってらっしゃい。頑張ってね”って家族が言ってくれているのが、窓越しからでも口元を見るとわかるんですよ。もうそれを見て大号泣。その頃、ファンモン(FUNKY MONKEY BABYS)さんの「ちっぽけな勇気」をずっと聴いていて、その曲を思い出しながら“この気持ちを忘れず、みんなに恩返しができるように頑張ろう”って思いました。それで涙をこらえて千石までやってきたんですけど、家のドアを開けた瞬間、くぅちゃんが抱きしめてくれて。彼女もきっと同じような気持ちで上京してきたと思うので、私の気持ちがわかったんでしょうね。すごく嬉しかったです。

3人での生活は、最初は合宿みたいな雰囲気でした。3人とも親元を離れるのは初めてでしたし、友達……メンバーですけど……と3人で朝から晩までずっと一緒にいるなんて、それまではなかったことですから。そんな風に最初は浮かれた感じだったんですけど、すぐに落ち着いて、普通に家族と過ごしているような感覚になりましたね。

今日、インタビュー場所にしてもらった喫茶店『フェニックス』は、上京して1年くらい経って見つけたお店で、正直、最初は入りづらくて(苦笑)。いかにも昭和の喫茶店といった雰囲気のお店には入ったことがなかったので。でも、あゆと“思い切って入ってみようか”って入ってみて食べたのが焼肉定食。これが絶品で、一目惚れしちゃったんです。仕事中にその味を思い出しちゃうこともあって、“明日、行こな”って、あゆを無理やり連れて行ったりしていましたね(笑)。ほぼ毎日通っていた時期もありました。給料の半分をフェニックスに費やしていたと言ってもいいくらい(笑)。朝に来ることもあれば、お昼を食べに来ることもあったし、夜にも来ました。いつ来ても焼肉定食を頼んでいましたけど(笑)。当時の私のパワーの源は、間違いなくここの焼肉定食です。素朴で家庭的な味なんですよ。ここではいろいろな話をしました。当時出演していた『saku saku』の反省会をしたり。自分ではわからないこともあるので、あゆから客観的な意見を聞かせてもらったりしていました。

あゆみくりかまき
ツイート
あゆみくりかまき

フェニックス以外だと、巣鴨まで行って食事をすることが多かったですね。お寿司を食べに行って、ラーメンで締めて帰るみたいな(笑)。そういえば、巣鴨に家系のラーメン屋さんができて、くぅちゃんと一緒に行ったのを覚えています。ご飯がおかわり自由だったんですよ! (“食べてばかり!”とマネージャーからツッコミが入り)いや、当時はですよ! 今は、そんな暴飲暴食はしません(笑)。でも、ああいう時期があったからこそ、今につながっている……すごくいいように言ってますけど(笑)、当時、食事がストレス発散だったんですよね。でも、食べてばかりではいけないと思って、千石のジムにも通っていたんです。やっぱり体形維持は大事だなと。太ってしまうと、ライブで動きづらくなるので。週2~3回はジムに行っていましたね。

巣鴨のファミレスでは、よく1人でチェキにメッセージを書いていましたね。家でやると寝ちゃうんです(笑)。それと環境を変えた方が刺激を受けるので。1枚1枚、違う言葉を書きたいので、まわりのお客さんの会話からヒントをもらったりしていました。

3人で暮らしていて印象深かったことですか? 上京したばかりの頃に、玄関の前にネズミの死骸があったんですよ。3人とも触れないので、夜中だったんですけど、親熊に電話をして“もう無理です! 帰りたいです! 東京怖いです!”って(笑)。そうしたら親熊がすぐに処理してくれて。親熊も実は苦手だったらしいんですけど。それで“これで大丈夫やぞ。じゃあ、舞浜にある夢の国へ行くぞ”って。ネズミの悲しさをネズミで癒してくれました(笑)。3人で夢の国へ行ったのは、この時が初めて。3人揃って出かける機会ってあまりなかったんですけど、親熊は、お台場や東京タワーとか、いろいろなところに連れて行ってくれましたね。

練習はリビングでしていました。週2回、必ず集まってやっていました。夜になると窓に全身が映るので、それを姿見代わりにして、壁には歌詞カードを貼り付けて。「ジェットクマスター」から、曲が増えるたびに、私が手書きで歌詞を書いて、歌割も書き込んで。DJセットもリビングに置いてあったので、リビングがリハスタみたいな感じでしたね。まわりに迷惑がかからないように、音量に気をつけながらやっていたのも懐かしいですね。

千石から引っ越す時は、正直、あまり寂しい気持ちはありませんでした。1人暮らしをすることになっていたので、新しい生活を始める期待感の方が大きかったですね。でも、こうやって久しぶりに千石に来ると、やっぱり懐かしいです。3人で暮らしていた時のことを思い出しますね。

まき
ツイート
まき

【今年挑戦したいこと】
人間力を高めたい

私、何をやりたいんやろ……。挑戦という意味では、私にとって毎日が挑戦なので、改めてこれをやりたい、挑戦したいっていうものはないんです。今はこういうご時世ですし、私たちは交通事故に遭ったこともあって、常に活動ができるわけではないという危機感が、私の中にはあるんです。後悔しないように毎日を過ごさないといけないなって思っています。

個人としてやりたいことは特にないですけど、あゆくまとしてやりたいことはたくさんありますよ。私はあゆくまを1番に考えますね。そこが私の強さでもあり、弱さでもあるんですけどね。SNSとかで、あゆくまより後からデビューしたグループが、大きな場所でライブをやったというような情報を目にすると、“すごいな、でも負けたくないな”って思うんです。あまり表に出さないんですけど、私、めちゃめちゃ負けず嫌いなんです。あゆくまのことを1番に考えるあまり、その気持ちが空回りすることもあるんですよね。

ライブのMCなどで印象的な一言をポンッと言っている人を見ると、素直に“すごいな”って尊敬します。作ってきたセリフじゃないんだろうなって、わかるじゃないですか。そういう一言を出せる人は本当にすごい。私も言葉に重みのある人になりたいです。そのためにはしっかりした人間にならないとダメですね。ペラペラだと、やっぱりペラペラな言葉しか出てこない気がします。そうですね、“人間力を高める”それが今年やりたいことかも。何だか、いい目標が見つかりました(笑)。以前は“女子力を高めたい”って思っていたんですけど、そうじゃなくて人間力ですよね。考えてみると、事務所の先輩方は、みなさん人間力が高い。1年に1回、事務所のみなさんとお話する機会があるんですけど、みなさん、すごく深いところまで考えているなって思います。今年の初めに社長とも話をしたんですけど、言葉1つひとつに重みがあるんです。そんなところまで見てくれているんだって驚きました。その時に“(ファンキー)加藤に似ている”って言ってくれたんですよ。私、加藤さんのことを尊敬しているので、すごく嬉しかったです。加藤さんのようになれるとは思っていないんですけど、尊敬している加藤さんに似ているという言葉は素直に嬉しくて大号泣しました。この事務所でよかったなって思いますね。本当に自由にやらせてもらっているし、意見も尊重してくれて。ありがたいなと思います。

あゆくまの将来像ですか? 私はあゆくまに期限はないと思っていて、もしかしたら終わりが来ることもあるのかもしれないけど、その時は誰が決めるわけでもなくて、3人ともその時を自然と察するような気がするんです。私自身もそうだし、2人もそうだと思うんですけど、人生をかけてあゆくまの活動をしているので、エゴかもしれないけど、誰も“あゆくまを辞めたい”とか“あゆくまはもう終わろう”って言い出さないんじゃないかなって思っています。これまでもいろいろなことがありましたけど、もがいてもがいてちょっとでも前に進もうと思ってやってきたグループなので、そうやって進んで行けば、必ず光が見つかるんじゃないかなって思うんですよ。自分たちで作ってきたグループだから、期限はないと思うし、もし終わるのであれば自分たちで終わらせたい……でもたぶん、終わりません(笑)。

“歌っていないと死んでしまう”そんな気持ちがあるんです。あゆくまの活動がなくて、普通に生きていたら、心がカラカラになってしまいそうです。今はライブができないのでつらいですね。私たちもつらいけど、またぎ(あゆみくりかまきのファンの総称)も同じように思ってくれているのがわかるので、今は、離れているけど、心はつながっているような感覚を持ってもらえることをやりたいですね。私たちもまたぎとつながっていることを感じたいです。ライブができない分、どうやってまたぎとライブで感じるような幸せを共有できるかを考えているところですね。

個人的には今、YouTubeでいろいろなアーティストのライブ映像を観て研究しています。EX THEATER ROPPONGIはバンド編成でのライブなので、つなぎはどうしたらいいのかとか、アイディアをもらっています。そういう映像を観ていると、刺激を受けますよ。すごくカッコいい照明の使い方をしていたり。ライブをやっている時は自分たちではわからないですけど、またぎは照明も含めてすべてを観ているので、そういうことも勉強したいなと。あゆくまのライブは、スタッフの方たちが私たちの意見をすごくくみ取ってくれるんです。だからいつも“こういうことをしたいんですけど、できますか?”ってスタッフのみなさんに、いろいろお願いしているんです。

今はライブ活動が止まっていますけど、私たちの成長は止まらないようにしようと思っています。そんな風に、こういう時だからこそできることをやって、次にライブをやる時には、成長した姿を見せたいですね。特に今回は、新しいバンドメンバーなので新鮮なものになると思います。いつもは3人だけでステージに立っていますけど、そこにバンドの3人が加わるので、さらにパワーも感じてもらえると思います。それにみなさん、楽器に命をかけているプロフェッショナルなので、彼らも気合いを入れて演奏してくれると思うんです。その音に負けないくらい、あゆくまも魅せないといけないですよね。

まき
ツイート
まき

次ページ

  • 1

あゆみくりかまき結成6周年記念特集

  1. あゆみくりかまき[インタビュー]3人がステージで紡ぐ至福の物語「よいライブをするんじゃなくて、大切な人に今観てほしいライブをする」
  2. あゆみ(あゆみくりかまき)[インタビュー]出発点で打ち明けた“歌うたい”の本懐「推しが武道館へ行ってくれたら死ねるって、またぎが思っていてくれたら、私も死ねる」
  3. くりか(あゆみくりかまき)[インタビュー]ホームで力強く掲げた決意「いろいろな自分を見せていきたい」
  4. まき(あゆみくりかまき)[インタビュー]3人が家族になった地で誓った超克「もがいてもがいてちょっとでも前に進んで行けば、必ず光は見つかる」
  5. あゆみくりかまき[インタビュー]感謝を込めて、夢の続きへ「いろいろなことを乗り越えてきた自負があるので、“きっと大丈夫!”という精神はある」
  • トップページ
  • 特集
  • まき(あゆみくりかまき)[インタビュー]3人が家族になった地で誓った超克「もがいてもがいてちょっとでも前に進んで行けば、必ず光は見つかる」