ツーステロック、バンドアイドル、V-ROCK…… 2023年ロックアイドルあれこれ語り|「偶像音楽 斯斯然然」第106回

ツーステロック、バンドアイドル、V-ROCK…… 2023年ロックアイドルあれこれ語り|「偶像音楽 斯斯然然」第106回

ツーステロック、バンドアイドル、V-ROCK…… 2023年ロックアイドルあれこれ語り|「偶像音楽 斯斯然然」第106回

多彩な音楽性を見せるライブアイドルシーンの中で、1つの大きな勢力となっている“ロックアイドル”。今回は、地雷系、バンド、ツーステといった切り口から、昨今の“ロックアイドルスタイル”を紐解いていく。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週金曜日更新)。

前々回、地雷系アイドルロックとヴィジュアル系ロックの話をした。“地雷系アイドルロック”とは、中高年のロックファンからすると“ヴィジュアル系!?”と思えるビジュアルとアートワークながらも、音を聴くとV-ROCKとは異なるアイドルロック。……と、私が勝手にそう呼んでいるだけだが、昨今確実に増えている新しいアイドルグループのスタイルである。

ライブアイドル、地下アイドルと呼ばれるシーンにおいて大きく一翼を担っているのがロックアイドルである。中でもダウンチューニングを用いたヘヴィロックのバンドサウンドを武器としたグループの多さは際立っている。uijinからアンスリュームまで手がけるサウンドプロデューサー&クリエイター・katzは“女性ボーカルに適したキーを求めるあまりダウンチューニング、多弦ギターに行き着いた”といったことを以前インタビュー時に語っていたのも印象的だった。しかし、その多くは元来“可愛い”を軸としてきたアイドルと極悪なヘヴィロックのミスマッチに制作側もリスナー側も面白みを感じたことが大きいだろう。

ダウンチューニングとバンドアイドル

BiSがハードコアパンクを、BABYMETALがメタルを、アイドルポップスに本格的に持ち込み、ロックアイドルは大きく変化していった。そして現在多くのグループの模範となっているのは、PassCodeだろう。スクリーム、デスボイスをアイドルシーンに広めたことも大きいが、ピコリーモとも呼ばれるエレクトロニコアの派手で重厚なバンドサウンドと、転調や変拍子を挟み込む予想だにしない楽曲展開は、アイドルファンのみならずロック好きをも広く巻き込んだ。

PassCode - MISS UNLIMITED (live at Studio Coast, 2016)

さらには、バンドスタイルによるライブ活動をデフォルトにしたことも大きい。スタジオミュージシャンといった熟練プレイヤーを集めた“バックバンドによるバンドセット”のライブではなく、若手バンドマンと作り上げていくライブである。“歌い手(アイドル)もバンドも同じグループである”といった見せ方で活動していくこのスタイルは、PassCode以降、一気に増えたロックアイドルの形だ。現に若い世代には、バンドにロックの初期衝動を覚えるのではなく、“○○(アイドルグループ)のバックバンドをやりたい”と楽器を手にしたり、まだ世に知られていないアイドルのバンドとして一緒に武道館を目指していく、といったサクセスストーリーを描くバンドマンも増えている。

そうしたアイドルロックの中で、最近面白みを感じたのが“アイドル×バンドのハイブリッド”を掲げるMAZE。

MAZE - IDOL RIOT (Live Music Video)

ゴメスのグロウルとアサギのシャウトによるツインスクリーム、ReoのラップとUZUMEの高音クリーンという四者四様のボーカリゼーションで聴き手を捩じ伏せてくる実力派。サウンドプロデューサーはFear, and Loathing in Las Vegasの元ギタリスト・Sxunで、PassCodeのベーシストでバンマスのToshihiroが、MAZEバンドのバンマス務めるなど、バンドも強者揃いである。

個人的にバンドセットはあくまで、アイドルセットでの完成度と個性を出せてこそ、やるものだと思っているのだが、MAZEはハイブリッドの通り、アイドルセットとバンドセットを巧みに使い分けている面白さがある。

先日5月24日にリリースした、デジタルシングル「MADNESS PARADE feat. アイガゴちゃん from アイリフドーパ」はアイリフドーパのボーカリスト、アイガゴちゃん(Eyegargoyle)を迎えた軽快なダークホラーチューン。エレクトロなスウィングから猛り狂うツーバス、シャッフルビートからメタルコアへと、次々呑み込んでいくスリリングすぎるモンスター曲。最高である。

MAZE「MADNESS PARADE feat. アイガゴちゃん from アイリフドーパ」

さて、前々回で大々的に触れたのは、こうしたPassCode影響下のラウドロックとは異なる、V-ROCK(※本稿では、音楽性としてのヴィジュアル系を表す言葉としている)アイドルの話であるが、改めて整理しておく。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • ツーステロック、バンドアイドル、V-ROCK…… 2023年ロックアイドルあれこれ語り|「偶像音楽 斯斯然然」第106回