病みかわ、ゴスロリ、量産型…… 地雷系アイドルロックとヴィジュアル系ロック|「偶像音楽 斯斯然然」第104回

病みかわ、ゴスロリ、量産型…… 地雷系アイドルロックとヴィジュアル系ロック|「偶像音楽 斯斯然然」第104回

病みかわ、ゴスロリ、量産型…… 地雷系アイドルロックとヴィジュアル系ロック|「偶像音楽 斯斯然然」第104回

今回のテーマは、冬将軍による造語“地雷系アイドルロック”。ヴィジュアル系バンドのようなビジュアルを持ちながら、音楽性もサウンド的にもまったくV-ROCKではないというロックアイドルの特徴と、それを体現するグループをピックアップして紹介する。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週金曜日更新)。

2023年5月2日、hideが旅立って25年が経つ。布袋寅泰が“赤い髪のエイリアン”と形容したその人間離れした存在と先鋭的な感性は、今日に至るまでの音楽シーンに多大なる影響を及ぼした。ヘヴィなダウンチューニングとギシギシに歪んだギターという、ハードでマニアライクなロックとキャッチーな歌謡メロディを組み合わせたhideの功績はミクスチャーロックや、ヘヴィロック、ラウドロック(すべて和製英語)といった日本独自のロックに繋がっていったほか、直接的ではなくとも、ロック、ポップス、ヴィジュアル系、そしてアイドル……日本におけるさまざまな音楽ジャンルにおいてその影響力を大きく感じるのである。

さらには自らの音楽を“サイボーグロック”と標榜した“人間のグルーヴを切り刻んで機械のビートと融合させたロック”は、PCで音楽制作することがまだ一般的ではなかった90年代当時において衝撃的でもあった。

そんなhideのサイボーグロックに影響を及ぼした作品が、映画『スポーン』のサウンドトラック『Spawn: The Album』(1997年)である。本作は、アンスラックスとパブリック・エナミー、スレイヤーとアタリ・ティーンエイジ・ライオット、メタリカとDJスプーキーといった異色のコラボをはじめ、メタルやヘヴィミュージックとテクノといったデジタルミュージックの融合、オルタナティヴロックからニューメタルへの進化を示した名盤だ。hideは本作をフェイバリットに挙げており、触発されて名曲「ピンク スパイダー」を生み出している。

こんな話を長々と始めた理由は、ASPのメジャー1st EP『DELiCiOUS ViCiOUS』のリード曲「TOXiC iNVASiON」を聴いて、その当時のことを思い出したのである。

ASP「TOXiC iNVASiON」

「TOXiC iNVASiON」はプロディジーのマキシムが原曲を提供、というとんでもない楽曲であり、作詞&作曲をPecori(ODD Foot Works)、アレンジを新しい学校のリーダーズのリミックスなどを手がけるYohji Igarashiが担当している。その音を聴けば納得、平歌付近は狂気じみたトラックを含め完全にプロディジー。まさに『Spawn: The Album』や歴史的名盤『The Fat of the Land』(1997年)を想起させる狂気のサウンドプロダクトである。そんな世界に誇る鬼才の楽曲を、気鋭の日本人クリエイターが、ASPらしくアイドルポップスへと仕上げている。WACKの中でも一際エッジィな存在感を放っているASPらしい楽曲だ。

『DELiCiOUS ViCiOUS』はデジタルパンク、いうなれば往年のライオットガールに通ずる精神性を備えている作品であり、クラブミュージックへとひた走るExWHYZと並んで、新しいWACKグループとしての新基軸を提示している。これまでバンドのロックサウンドを得意としてきたWACKが、“今いちばんパンクな音楽はヒップホップだ”とも言われる、現代の世界的な音楽価値観に合わせていくようなシフトチェンジに思えてならない。

ASP『DELiCiOUS ViCiOUS』

“ロックは終わった”と囁かれるのは、いつの時代でも言われることである。確かに、今1番尖っている音楽はヒップホップなのかもしれないが、“ロックが流行っているのは日本だけ”というのは日本特有の自虐観によるものでもあるだろう。現に世界的Y2Kリバイバルの影響は大きく、マシン・ガン・ケリーがポップパンクにシフトしたり、アヴリル・ラヴィーンやパラモアがヘッドライナーを務めるロックフェスがアメリカで開催されているのも事実である。

さて、現在のロックアイドルのシーンで大きく目立ってきているのが“地雷系ロック”である。ただ、これは私が勝手にそう呼んでいるものであるが……。いわゆる地雷系女子による負の感情、内向的な胸のうちを明かすようなロックを歌っているグループのことだ。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • 病みかわ、ゴスロリ、量産型…… 地雷系アイドルロックとヴィジュアル系ロック|「偶像音楽 斯斯然然」第104回