南端まいな、グループからソロになっての気持ち「ここからいろんなものを増やして行きたいと思っているんです」

南端まいな、グループからソロになっての気持ち「ここからいろんなものを増やして行きたいと思っているんです」

南端まいな、グループからソロになっての気持ち「ここからいろんなものを増やして行きたいと思っているんです」祝19歳! にゃんこの町、谷中銀座で待ってるにゃ?#5

アイドルネッサンス解散後ソロアーティストとして活動を再開した南端さん。先日行われたバースデーイベント直前の取材だったので、そのライブへの想いや、グループからソロになっての見せ方について寺嶋編集長が聞きました。

寺嶋:
今日はバースデーイベント間近の忙しい時期に来ていただきまして。この記事が出る時には終わってしまっているのですが、どんなイベントになりそうなんですか?

南端:
いつもやっている公式的なオリジナルメインのライブではなくて、衣装もその日だけのちょっと色がついたものを着たりだとかしようと思っています。

寺嶋:
えっー、見たい!

南端:
ライブはカバーメインで私の好きな曲やちょっと懐かしい曲とか、いろんな曲にチャレンジするようなものにしようかなと思っていて。これからもずっとバースデーコンサートはやりたいなと思っているんですけど、その時々でまだやっていない音楽とかに挑戦したいし、お祭り的にみんなで盛り上がれるものにしたいなと思っているんです。

寺嶋:
5年前の曲を練習しなきゃっていうツイートを見て、ザワッてなったんですけど(笑)。

南端:
あれはアイドルネッサンスの候補生になってまだメンバーたちとも会う前に、動画をアップして“踊ってみた”みたいなのをやるっていう企画で踊った曲なんです。今回は1曲懐かしい曲を踊りたいなと思ったから、それをやります。

寺嶋:
そうなんだ。それは古参泣いちゃいますねー。当時を知らない人はあの伝説の曲が観られるっていう高まりもあるし、バースデーライブでのそういうファンサービスは素敵だなと思います。

南端:
ありがとうございます。

南端まいな|日暮里・谷中銀座
ツイート
南端まいな|日暮里・谷中銀座

寺嶋:
ソロになって最初のMV「センチメートル」が公開された時にタイムラインのお帰り感がすごくて、私はあれをウルっとしながら見ていたんですけど、アイルネちゃんの元メンバーって活動を頑張っている子もいれば、芸能活動をしなくなっちゃった子もいたり、それぞれがいろんな道で今頑張っているじゃないですか。ここにも出てくれたすずちゃん(原田珠々華)はシンガーソングライターでギターの弾き語りとかして、アイドルやっていた時とはまた違う雰囲気でやっていると思うんだけど、アイルネちゃんのやっていたことに1番近い距離感でやっているのがまいなちゃんなのかなという気が私はしているんですよ。最初がカバー曲からだったし、MVの雰囲気とかも“あー、そこ行くんだ”っていうところで撮っていたりとかね(笑)。新しいスタートなんだけど、過去にすがってしまうヲタクに優しい道みたいな感じがあって。

南端:
あはははは。

寺嶋:
でも、それってすごく大変だと思うんですよ。昔のことと1番比べられるし。だから、そこでの気持ちの切り替えみたいなのは、どうしていたのかなっていうのが聞きたいんですけど。

南端:
アイドルネッサンス時代の私も私の一部なんですよ。当時はグループのイメージや雰囲気がある中で、私は自然にやっていたところが多かったから、今の活動をさせていただく中でも歌っている雰囲気にグループの時のまいなちゃんが残っていたりして嬉しいってお声をいただいたりするんです。でも、私はこのままの自分を出していったり、アイドルネッサンスの時にはやったことのない自分をもっと見せて行きたいと考えていて、徐々に徐々に変えていくって言うよりはここからいろんなものを増やして行きたいと思っているんです。

寺嶋:
それは応援していく人に優しい考えですね。これまでみんなが好きだった部分が残ったまま、いろんな面を見せてくれるようになるから。いやぁー素晴らしいです。ずっと推します!

南端まいな|日暮里・谷中銀座
ツイート
南端まいな|日暮里・谷中銀座

撮影:鳥居洋介

祝19歳! にゃんこの町、谷中銀座で待ってるにゃ?

  1. 南端まいな、猫と家族「お父さんは全部が好きなんですよ」
  2. 南端まいな、大好きなラグビー「私は早稲田大学のラグビーが1番好きです」
  3. 南端まいなのコスメとオフの過ごし方「あんまり友達と遊ぶってことがないので、家族と過ごすことの方が多いんです」
  4. 南端まいなのファッション「花柄とか着ないですねー。シンプルなのが好きなので」
  5. 南端まいな、グループからソロになっての気持ち「ここからいろんなものを増やして行きたいと思っているんです」
  6. 南端まいな、ソロとしてのここまでとここから「十代ラストだから、今年はできることを全部詰め込んで全力でやりたいなと思っています」
  7. 寺嶋由芙から南端まいなへのラブレター
  • トップページ
  • スナップ
  • 南端まいな、グループからソロになっての気持ち「ここからいろんなものを増やして行きたいと思っているんです」