虹のコンキスタドール、<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>終演後インタビュー「眼福でございますという感じでした」

虹のコンキスタドール、<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>終演後インタビュー「眼福でございますという感じでした」

虹のコンキスタドール、<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>終演後インタビュー「眼福でございますという感じでした」虹のコンキスタドールが出演した<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>の終演後インタビュー

鶴岡 舞

Pop'n'Roll Editor(編集者)

2019.01.09

寺嶋編集長による初めての主催フェス<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>が、2018年12月21日に新宿ReNYで開催された。主催者の寺嶋由芙をはじめ、原田珠々華、虹のコンキスタドール、rionos、二丁目の魁カミングアウト、妄想キャリブレーションらが出演。本記事では、虹のコンキスタドール(的場華鈴、鶴見萌、清水理子)への終演後インタビューをお届けする。

――ライブを終えての感想を聞かせてください。

的場華鈴:
虹コンはいつも対バンライブではけっこうアゲアゲな夏曲だったり、ちょっといかつめな振りが入ってる曲をよく歌っているんです。でも、今日はゆっふぃーさん主催の<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL>というタイトルだったので、虹コンの単独でしかやらないような可愛い感じの曲を集めたりだとか、衣装も可愛い感じのでやらせていただいて、いつもより新鮮な感じでできたなぁって。それと、何よりもやっぱりゆっふぃーさんとのコラボ! 私たちもステージ上で初めて虹コンの衣装を着たゆっふぃーさんを見たので、リアクションもなにも言葉を失ってしまって……可愛すぎて美しすぎて。なんかヲタクみたいな意見で申し訳ないですけど、恥ずかしがるゆっふぃーさんがめちゃくちゃ可愛くて!

一同:
あはは(笑)。

的場華鈴:
“恥ずかしい〜”って言っているゆっふぃーさんがめちゃくちゃ可愛くて、眼福でございますという感じでした!

鶴見萌:
眼福でございますって(笑)。今日は<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL>ということで、可愛い曲とかを用意していったので、表情とか振りとかお客さんへのレスだったりとかも可愛いに100%振り切って。いつもは可愛いとカッコいいのギャップで魅せるライブが虹コンの売りだったりするんですけど、もう今日は可愛いばっかりで、ハート!ウィンク!ってしちゃいました(笑)。

――アイドルですね!

鶴見萌:
そうです、アイドル満載でした。あとはゆっふぃーさんとのコラボの時に、私が何年も歌ってきたセリフパートがあるんですけど、そこで動揺しすぎて、“あぁ、ゆっふぃーさんいい香り……え!セリフなんだっけ!?”って。

清水理子:
“どうした?”ってなったよね。

的場華鈴:
ゆっふぃーさんの方が完璧っていう……。

鶴見萌:
新しい形を見せてしまいました(笑)。でも、きっとみなさんも幸せだったのでよかったと思います。ただ、本当にすいませんでした!

的場華鈴:
この場で謝罪するのね(笑)。

――清水さんはいかがでしたでしょうか?

清水理子:
2人も言ってたんですけど、「女の子むてき宣言!」という対バンでは滅多にやらない虹コンの可愛い曲をやらしてもらって。でも、聴いたことあるっていう方もたくさんいて、盛り上がってくれて嬉しかったのと、さっきから何回も言ってますけどコラボが素晴らしかった、本当に。私、昨日華鈴先輩と一緒にゆっふぃーさんに振りをレクチャーしたんですけど、完璧に覚えてきてくださって。しかも、私たちよりも可愛いっていう。

鶴見萌:
それは考えちゃいけないよ!

清水理子:
本当に衣装を着た時のオーラが半端なくて!

的場華鈴:
本物を見たよね。

清水理子:
これが本物のアイドルかって。私たちも、もっとキラキラしなくちゃいけないなって思いました(笑)。もうセリフだって可愛かったし、本当に……。

的場華鈴:
ねぇ、顔が溶けてるよ(笑)。

清水理子:
もう尊い! なんでこんなに尊いんだっていう……。

的場華鈴:
同じ人間なのに、この尊さレベルの違いはなんなんだろうね。

清水理子:
とにかくお客さんに“ありがとう”っていう気持ちと、“ゆっふぃーさんが可愛い”という気持ちしか残りませんでした。

――今日コールもすごかったですもんね。

清水理子:
すごかったです。今日はゆっふぃーさんにガチ恋口上を捧げてほしいって言ったら、みんな捧げてくれて。

的場華鈴:
ゆっふぃーさんのファンの方も完璧でした。けっこうみなさん待ち望んでいたらしくて、今、私たち原宿・AREA-Q ANNEXにて<虹のコンキスタドールCafé>をやっているんですけど、来てくれたゆっふぃーさんのファンの方が“僕、ガチ恋口上をゆっふぃーに捧げたいんだよ”って言ってて。

清水理子:
みんなの夢を叶えた私たちに、ファンの方は“グッジョブ!”って言ってくれるよ。

的場華鈴:
すべてはゆっふぃーさんのおかげでございます。

清水理子:
こんな素晴らしいライブに呼んでいただいて、ありがとうございます。

的場華鈴:
ありがてぇ。ありがてぇの気持ちでございます。

清水理子:
ありがてぇの気持ちでございます(笑)。

鶴見萌:
ねぇ、それ文章になったらやばいから!

一同:
(爆笑)。

清水理子:
またやりたいですよね。「トライアングル・ドリーマー」以外の可愛い曲とかもありますし、個人的な願望なんですけど、着てもらいたい衣装とかもあります。

的場華鈴:
あるね!

――今回vol.1なので、今後もしかしたらvol.2、vol.3があるかもしれませんね。

的場華鈴:
うおお!

鶴見萌:
すごい!

的場華鈴:
<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.2>がありましたら、ぜひ虹コンをお願いします! ダンスとかは思いっ切りレクチャーするのでお任せください!

清水理子:
可愛い曲のレパートリー、まだまだあるので!

鶴見萌:
衣装もいくらでもあります!

清水理子:
なんだろ可愛い衣装……。

的場華鈴:
いっぱいあるけど、ゆっふぃーさんにはあんまり露出してほしくない気持ちがあって。

清水理子:
それはそう!

的場華鈴:
お腹が出てる衣装とか透けてる衣装が多いので、なるべく守られた衣装をゆっふぃーさんに提供させていただいて、みんなでまた踊れたらなと思います。可愛い曲以外にもたくさん曲があるので、運動量がすごくなっちゃうんですけど。

清水理子:
でも、逆にカッコいい曲を踊っているゆっふぃーさんも観たい願望ありません?

鶴見萌:
あー確かに! あのゆっふぃーさんを崩してみたいっていうのはあるよね!

清水理子:
そうそうそう! 「戦場の聖バレンタイン」とか。

鶴見萌:
やばいやばいやばいやばい。ヲタクの妄想が爆発してしまう。

――それでは、寺嶋さんとのとっておきエピソードがありましたら教えてください。

的場華鈴:
この前、Pop'n'Rollの取材でデートさせていただいて。すごい自慢というか、マウントをとるような形になってしまって申し訳ないんですけど、虹コンはInstagramをやっていないので、私、今までInstagramに登場したことがなかったんですよ。初めてゆっふぃーさんのインスタで私のソロ写真を上げていただきまして。

鶴見萌:
えー! ずるい!

清水理子:
ずるずるのずるだよ。

的場華鈴:
いいだろ。ストーリーにも初めてゆっふぃーさんと2人でブーメランやってるのを上げていただいて。

鶴見萌:
なんなん! めっちゃ自慢してくるじゃん。

清水理子:
私もゆっふぃーさんとお出かけしたい。

的場華鈴:
全世界にマウントをとっていきたい気持ちでいっぱいな的場でした!

▼当日のライブレポート

▼的場華鈴×寺嶋由芙『かりんパイセンとザギンでローポプ🍭』