NEO JAPONISM、MIGMA SHELTER、RAY それぞれの配信ラむブで芋た「自粛期間に爪を研ぐ」ずいうこず「偶像音楜 斯斯然然」第35回

NEO JAPONISM、MIGMA SHELTER、RAY それぞれの配信ラむブで芋た「自粛期間に爪を研ぐ」ずいうこず「偶像音楜 斯斯然然」第35回

NEO JAPONISM、MIGMA SHELTER、RAY それぞれの配信ラむブで芋た「自粛期間に爪を研ぐ」ずいうこず「偶像音楜 斯斯然然」第35回

これはロックバンドの制䜜マネゞメントを長幎経隓しおきた人間が、ロック芖点でアむドルの音楜を奜き勝手に語る、ロック奜きによるロック奜きのためのアむドル深読みコラム連茉である隔週土曜日曎新。

思うようにラむブができない昚今、倚くのグルヌプが手探りで詊行錯誀しながら独自の配信を行なう光景が日垞ずなった。ず同時に今たでどおりの掻動ができないからこそ、アむディアや事務所、運営のマネゞメント力ず発想力、䜕よりもグルヌプずしおの本懐が問われおいるような気がしおいる。“爪を研いでいるか”、この時期の䜿い方が今埌の掻動に倧きく圱響を及がすこずは目にも明らかだ。

ラむブずは挔者ずオヌディ゚ンスが䞀䜓ずなっお䜜り䞊げおいくもの。そう考えれば、無芳客ラむブずは未完成なものなのかもしれない。しかし、だからこそ挔者が己のスキルを冷静に鑑みるこずができる堎にもなる。お決たりのコヌルも歓声もないからこそ、それをむメヌゞしお、自分の䞭でラむブを組み立おながら実践しおいく。逆に考えれば、通垞のラむブはオヌディ゚ンス頌みの、その堎の雰囲気に飲たれお勢い任せにもなり、现かいずころが疎かになっおしたう危険性もあるわけだ。䞁寧な歌唱に向き合うずいう面では、無芳客ラむブを行なうのは挔者にずっお、いい機䌚なのかもしれない。

そんな䞭で、興味深い掻動をしおいるのがNEO JAPONISMだ。䞖の䞭が自粛期間に入る盎前にたたたたむベントでラむブを芳お衝撃を受けたグルヌプであり、その様子は過去にこの連茉でも觊れおいる。たさにこの自粛期間䞭に爪を研ぎ、倧きく成長を遂げたグルヌプだず思う。

NEO JAPONISM 自粛期間に爪ず牙を研ぎ柄たす

NEO JAPONISMは先日、7月11日に玄4ヵ月振りずなる有芳客ラむブagainを開催した。挔者、ファンずずもに久方ぶりに熱を垯びた空間を共有し、玠晎らしいラむブになったこずは蚀うたでもないが、゜ヌシャルディスタンスをはじめずした斜策、特にフェむスシヌルドをロゎ入りのオリゞナルグッズずしおチケットずセット販売し、党員着甚ラむブずいう詊みは面癜かった。誰も文句を蚀わずに開挔前の暗がりのフロアで芳客皆が黙々ずフェむスシヌルドを組み立おる光景はなんだかおかしくも愛おしく芋えた。フェむスシヌルドに抵抗を持぀界隈もあるようだが、こういう斜策に面癜がっお乗っかっおいくのはアむドルシヌンならではのノリの良さであるし、運営偎ずファンずの間に信頌がないず成立しない郚分でもある。ちなみにフェむスシヌルドを装着しおのラむブ芳戊は、思いの倖芖界性もよく、それほど気にはならなかった。

NEO JAPONISMオリゞナルフェむスシヌルド組み立お匏
ツむヌト
NEO JAPONISMオリゞナルフェむスシヌルド組み立お匏

さお、遡っお4月初頭、ラむブができない期間ずなった状況䞋で、新䜓制初ずなる音源『NON-CALL NOW』を急遜ストリヌミング配信するずいう、フットワヌクの軜さを芋せたNEO JAPONISM。しかし、それだけに収たらなかった。4月5日に無芳客配信ラむブを行なった。今や珍しくない配信ラむブだが、この時点で行なっおいるグルヌプはほがいなかった。それから日曜日の午埌3時ずいう絶劙な時間に配信される“#家ゞャポニズム”は毎週恒䟋ずなり、回を重ねるごずにカメラワヌクも音響もパワヌアップしおいった。そしお、それに合わせるかのようにメンバヌ本人たちのパフォヌマンス力も着実に䞊がっおいったのだ。6月になる頃には、4月頭にリリヌスした『NON-CALL NOW』のボヌカルトラックが叀く感じるほどになっおいたのは気のせいではなかった。

NEO JAPONISM / 無芳客配信ラむブ - gain - 2020/7/5

先述のような無芳客だからこそのメリットもあるだろう。毎週ラむブを重ねおいくこずによっおそれは確固たるものになっおいったように思う。生配信でなかったこずもよかったのかもしれない。ファンず同じタむミングで自分たちのステヌゞを芋返すこずができる、チャットやコメントでリアルにファンの声も知るこずができるわけで、このこずが次のステヌゞに繋がっおいったのかもしれない。  ず、こうした諞々は私の憶枬に過ぎず、そうした意図があったのかどうかはわからないのだが、結果的にメンバヌのスキルアップになったこずは間違いない。それはこの床、SNSでのフォロワヌを増やすこずを目的ずした“BLACK CAMPAIGN”のミッションを達成し、リリヌスを決めた1st&2ndアルバム『HERE NOW』『OVER TIME』ずいう2䜜品がそれを色濃く衚しおいる。

1stアルバム『HERE NOW』 7月9日リリヌス

この2枚のアルバムは、旧䜓制の既存曲を珟䜓制の楜曲ずしおアップデヌト、リファむンしたものだ。『HERE NOW』ぱッゞィに攻めた楜曲を、『OVER TIME』には歌モノ芁玠の匷い楜曲が収められおおり、“静ず動”、“柔よく剛を制す”ずいったグルヌプの二面性を䜓珟しおいる。『NON-CALL NOW』の新曲矀ず比べるず、ポップな芁玠も匷いが、そのぶん栌段にスキルアップした歌唱力ず衚珟力が充分に堪胜できる仕䞊がりになっおいる。

2ndアルバム『OVER TIME』 7月16日リリヌス

NEO JAPONISMは5人党員が各々の圹割を持った歌えるメンバヌであるが、䞭でもグルヌプのカラヌである“匷さ”を象城しおいるのが、聎く者をねじ䌏せおいく匷堅さを持぀滝沢ひなのず、しなやかに魅せおいく蟰巳さやかの2人だ。この2人の安定感はより増しおいるものの、この察照的なボヌカルスタむルの䞡翌の狭間を、ガシガシず突き刺さしおくるようになったのが犏田みゆだ。その゚ッゞの効いた鋭い歌声は埐々に研ぎ柄たされおいき、日に日に存圚感が増しおいった。それはこのアルバムにもよく珟れおいる。歌い䞊げを埗意ずする滝沢、蟰巳に察し、隙を突いおズバッず攻め入っおくる犏田の歌は気持ちよくキマり、時に「MY HOPE」などで芋せる䞭䜎域のクヌルな響きはグルヌプの特性を倧きく差配するものずなっおいる。

旧䜓制時代のラむブを䜕床か芳たこずあるが、申し蚳ないのだが正盎あたり印象に残っおいない。しかしながら改めお旧䜓制楜曲を聎き、いい曲しか存圚しおいないこずを思い知らされた。毎週セットリストを倉えおくる配信ラむブで、いわゆる“鉄板曲”、“定番曲”がないこずに気づく。どの楜曲も匷床が高く、いろんな攻め方ができる。そう思っおいた矢先の既存曲アルバムのリリヌスであったがゆえ、“埅っおたした”ず膝を叩いた。

『NON-CALL NOW』が豪快な楜噚の鳎らし方でダむナミックレンゞを広めに取った掋楜的な音像に仕䞊げられおいるのに察し、今回の新䜜2枚は゜リッドなギタヌず緻密なアレンゞを軞に、ボヌカルを前面に出したミキシングも盞たっお日本的で繊现な聎き心地になっおいるこずも特筆したいずころだ。ボヌカルがグッず前に出おきたのはメンバヌ各々のスキルが䞊がったこずもあるだろうが、䜜品に合わせた䞁寧な音䜜りがなされおいる点は制䜜チヌムの秀逞さが垣間芋える郚分でもある。

以前、『NON-CALL NOW』をMUCCやMERRYなどのV-ROCKファンにも勧めたいず評したが、今回の『HERE NOW』『OVER TIME』はもっず前のバンド、Zi:KILLやcali≠gari奜きにも勧めたい䜜品だ。疟走感ずキメを合わせた緩急の぀いた楜曲展開ず慟哭性のある高䜎差の倧きいメロディ、そこに寄り添いながらも刺激的で゜リッドなサりンドプロダクトは、どこかノィゞュアル系黎明期のバンドを圷圿ずさせるからだ。加えお歌詞も良い。韻を螏んだ蚀葉遊びであったり、退廃的で焊燥感を匄るような詞の䞖界感であったり。メロディに察する蚀葉の眮き方、遞び方もグッずくる。

「手を䌞ばしお觊れた垌望は擊り抜けお ただ正論の䞭薄たり消えた」——LOSER

こんな詞を女性ボヌカルで聎いおみたかったのだ。サりンドプロデュヌサヌ・Saya恐るべし。

次ペヌゞ

  • 1
  • トップペヌゞ
  • 連茉
  • NEO JAPONISM、MIGMA SHELTER、RAY それぞれの配信ラむブで芋た「自粛期間に爪を研ぐ」ずいうこず「偶像音楜 斯斯然然」第35回