高嶺のなでしこ[インタビュー後編]念願のメジャーデビューを経て見据えるネクストステージ「街に出たら高嶺のなでしこがどこかにいるような、そんな大きなグループになりたい」

高嶺のなでしこ[インタビュー後編]念願のメジャーデビューを経て見据えるネクストステージ「街に出たら高嶺のなでしこがどこかにいるような、そんな大きなグループになりたい」

高嶺のなでしこ[インタビュー後編]念願のメジャーデビューを経て見据えるネクストステージ「街に出たら高嶺のなでしこがどこかにいるような、そんな大きなグループになりたい」

2024年2月21日(水)に両A面シングル「美しく生きろ/恋を知った世界」でビクターエンターテイメントよりメジャーデビューを果たす高嶺のなでしこのインタビュー後編(本インタビューの出演メンバーは、涼海すう、橋本桃呼、春野莉々、松本ももな、籾山ひめり)。

メジャーデビューを発表した1周年記念ライブや、メジャーデビューシングルの表題曲「美しく生きろ」、「恋を知った世界」について話を訊いた前編に続き、今回はカップリング曲や「美しく生きろ」のMV撮影の裏話、グループの今後のビジョンについて語ってもらった。

<TOKYO IDOL FESTIVAL2022 supported by にしたんクリニック>での初お披露目から約1年半でメジャーデビューを掴み取った高嶺のなでしこ。さまざまなグループが活動している現在のアイドルシーンの中で、すさまじい勢いで躍進を遂げている彼女たちが胸に抱く熱い想いに迫る。

撮影:西槇太一
編集協力:竹内伸一

「可愛いって言われたい」を歌っているチームは“可愛い組”って呼ばれて、私たちは“怪物組”なんです(笑)(春野)

――メジャーデビューシングル「美しく生きろ/恋を知った世界」のカップリング曲の話も伺っていきます。「いつか私がママになったら」は、“酪農家への感謝”がテーマになっていますけど……。

▲【MV】いつか私がママになったら/高嶺のなでしこ【HoneyWorks】

春野:
私は、この曲がすごい好きです。“いただきます”とか“ごちそうさま”って普段口にはしているんですけど、ひとり暮らしをしていると、ただ言っているだけになっちゃっているというか、あんまり想いを込めて言っていないなって、この曲の歌詞を読んで、改めて気づかされました。《大事なことは毎日口に感謝を込めて》っていう歌詞では、“いただきます”とか“ごちそうさま”はもちろんですけど、例えば、育ててくれた両親に“ありがとう”ってちゃんと言えているかなとか、これまでの人生で、人や食べ物、あらゆる物に感謝の気持ちを持って接して来られたのかなってこの歌詞を読むと改めて考えられます。これからはいろいろな物に感謝を持って接したいなって思いましたね。

――感謝のメッセージが込められた楽曲なんですね。ほかの楽曲はいかがですか?

籾山:
「可愛いって言われたい」と「私は怪物」はユニット曲なんです。「私は怪物」が、籾山ひめり、橋本桃呼、春野莉々、日向端ひな、東山恵里沙の5人で、「可愛いって言われたい」が松本ももな、涼海すう、城月菜央、星谷美来、葉月紗蘭のユニットになります。「私は怪物」は、今までの高嶺のなでしこにはないような、ちょっとセクシーで大人の雰囲気があって、「可愛いって言われたい」とは真逆だと思うので、面白いと思います。パフォーマンスも激しいとか真似しやすいっていうタイプではなくて、“魅せる”っていう感じなので、振り付けもすごく難しくて。でも、“魅せる”っていう意味では、この曲が1番だと思います。私はこの曲のダンスが好きなので、ぜひ観てほしいです。あと、けっこう棘のある歌詞というか……《許せない許せない》とか、ちょっと激しい言葉が入っていることに最初に聴いた時はすごくびっくりして。相手のことが好きだし、私のことを1番に思ってほしいけど、でもその人にはもうほかの人がいて。それでも相手のことを許せてしまっていて……すごく複雑なんです。“純粋に恋をしました”という世界観ではなくて、幸せなだけではない世界観を持っているのが「私は怪物」だと私は思っているので、この曲をどういうふうに表現するか、まだまだ苦戦中なんですけど、もっともっとカッコよく歌いたいなって思います。

▲【MV】私は怪物/高嶺のなでしこ【HoneyWorks】

――収録曲にはかなり振り幅があるんですね。「可愛いって言われたい」組はどうですか?

涼海:
「可愛いって言われたい」は、《ぶりっこして悪いか!?》とか《あざとくて悪いか!?》とか、題名のまま、女の子のモチベーションを歌っていて、“可愛い”を正義として押し通している曲だと思うんです。自分を大切にしているというか、自分の好きなものを大切にするという曲だという感じがしていて、個人的には、Cメロの《叩かれることもある》っていうあたりが好きで、ここを聴いていると、女の子はモチベーションが上がって、共感できたり元気をもらえたりするんじゃないかなって思っています。

▲【MV】可愛いって言われたい/高嶺のなでしこ【HoneyWorks】

――ユニット曲はかなり違うテイストになっているんですね。

春野:
真逆ですよね。

籾山:
繊細だけど強い見た目の女の人と、すっごい可愛らしい女の子という感じです(笑)。

春野:
略称で呼ばれることがあるんですけど、「可愛いって言われたい」を歌っているチームは“可愛い組”って呼ばれて、私たちは“怪物組”なんです(笑)。

一同:
はははは(爆笑)。

籾山:
最近は慣れてきましたけど、最初は“ウチらは怪物って言われてやだね”って話してました(笑)。

橋本:
タイトルだけ見ると、私たちが怪物みたいだし(笑)。

一同:
はははは(爆笑)。

春野:
でも最近はすっかり慣れて、“怪物です!”って言っています(笑)。

春野莉々(高嶺のなでしこ)
ツイート
春野莉々(高嶺のなでしこ)

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • 高嶺のなでしこ[インタビュー後編]念願のメジャーデビューを経て見据えるネクストステージ「街に出たら高嶺のなでしこがどこかにいるような、そんな大きなグループになりたい」