山崎玲奈(Peel the Apple)×火将ロシエル[コスプレ対談後編]表現者としての揺るぎない情熱「ロシエルさんは存在自体がアニメキャラ。スタイルがホントに2次元!」

山崎玲奈(Peel the Apple)×火将ロシエル[コスプレ対談後編]表現者としての揺るぎない情熱「ロシエルさんは存在自体がアニメキャラ。スタイルがホントに2次元!」

山崎玲奈(Peel the Apple)×火将ロシエル[コスプレ対談後編]表現者としての揺るぎない情熱「ロシエルさんは存在自体がアニメキャラ。スタイルがホントに2次元!」山崎玲奈(Peel the Apple)×火将ロシエル コスプレ対談後編

Peel the Apple 山崎玲奈と火将ロシエルとの特別対談の後編。今回は、コスプレメイク術やイベントでたくさん拡散される方法、またロシエルのアーティスト活動を中心に語り合った。コスプレに対する愛が深い2人のトークセッションは、山崎のロシエルに対する強いリスペクトの気持ちと、ロシエルの自己表現に対する強い想いが溢れた貴重な時間に。山崎玲奈と火将ロシエルのファンやコスプレイヤーのみならず、表現活動をしているすべての人にご覧いただきたい対談となった。

撮影:武石早代
編集協力:村田誠二

キャラに可能な限り寄せるってことをすごく大事にしてます(ロシエル)

山崎:
メイクでは、どういうところにこだわっていますか?

火将:
メイクは、例えば眉毛はウィッグと同じ色にするとよりキャラっぽくなったりとか。眉の位置とか色ってキャラクターによって違ったりするんで、前は、眉毛、全剃りしてたんですよ。

山崎:
えええええーーー!

火将:
全剃りして描いてたんですけど、グラビアを始めてからは、眉毛がないと、(カメラの)フラッシュでテカって眉毛がないように見えちゃうことがあって、やっぱり眉毛生やさないとダメだってわかって、今は生やしてるんですよ。眉毛はけっこう大事!

山崎:
何で描いてるんですか?

火将:
アイシャドウで描いてることが多いですね。いろんな色があって、眉毛を描いて、そのまま同じ色で目元も塗ったりしてます。合わせるとやっぱりキャラっぽくなります。

山崎:
じゃあ、眉毛を消す時はどうしてますか?

火将:
マーシュ・フィールドっていう化粧品ブランドがあって、コスプレでも使えるメイク用品があるので、そこのもので消してます。あと、アイラインもすごく大事で、けっこうキツいクールなキャラをやる時は、目頭に切開ラインを引いたり……それも、長かったり短かったり、微妙な長さの違いで印象も変わるんで、やっぱり眉毛とアイラインはすごく大事にしてます。

山崎:
切開ラインってけっこう難しいですよね。前にやった時にかなり違和感出ちゃって。

火将:
難しいですね。私はもうアイラインでずっと引っ張って描いてます。

山崎:
ロシエルさんはもう存在自体がアニメキャラみたいだなと思ってて、SNSを拝見した時もスタイルがホントに2次元だ!と思って。

火将:
えーー嬉しい! ありがとうございます。

山崎:
それにはやっぱり筋トレなんですよね。

火将:
もう毎日の筋トレの積み重ねで、この身体をキープしてます。コスプレをお仕事としてやっている“オフィシャルコスプレイヤー”は、公式から依頼されてそのキャラになるっていうお仕事があるんですけど、衣裳によっては何年も着続けなきゃいけないので、体型をキープしておかないと着られなくなっちゃうから、毎日の筋トレは欠かせないですね。私が1番長くオフィシャルコスプレイヤーをやらせていただいているのが、『FGO』(Fate/Grand Order)のジャンヌ・ダルクっていうキャラで、今9年目なんですけど、衣裳が甲冑なんで、いっさい調整ができないから、体型キープは必須なんです。

山崎:
じゃあ、キャラに合わせて体型を変えることもあるんですか?

火将:
ありましたね。最初の頃は、ちょっとふくよかなキャラをやる時は5kgくらい増やしました。

山崎:
すご~い! キャラのためにですよね。

火将:
もう俳優さんの役作りみたいな感じですね。

山崎:
で、また体重を減らすんですよね?

火将:
また減らしましたね。

山崎:
コスプレへのとてつもない情熱を感じますね。

火将:
自分がコスプレすることによって、そのキャラを知らない人にもそのよさが伝えられるし、さらに作品のコアなファンの人も見るわけだから、キャラに可能な限り寄せるってことをすごく大事にしてます。

火将ロシエル、山崎玲奈
ツイート
火将ロシエル、山崎玲奈

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • 山崎玲奈(Peel the Apple)×火将ロシエル[コスプレ対談後編]表現者としての揺るぎない情熱「ロシエルさんは存在自体がアニメキャラ。スタイルがホントに2次元!」