Teamくれれっ娘![<マジフェス Vol.2>ライブレポート]躍動感のあるパフォーマンスとともに北海道の魅力も届けた7人の熱演

Teamくれれっ娘![<マジフェス Vol.2>ライブレポート]躍動感のあるパフォーマンスとともに北海道の魅力も届けた7人の熱演

Teamくれれっ娘![<マジフェス Vol.2>ライブレポート]躍動感のあるパフォーマンスとともに北海道の魅力も届けた7人の熱演Teamくれれっ娘!<マジカル・パンチライン presents マジフェス Vol.2>ライブレポート

マジカル・パンチライン主催イベント<マジカル・パンチライン presents マジフェス Vol.2>が、9月10日(土)&11日(日)に代官山UNITにて開催された。今回は、“全国のアイドル業界を盛り上げたい!”をテーマに東京を拠点で活動しているアイドルとご当地アイドルが出演。マジカル・パンチライン以外には、Teamくれれっ娘!、Task have Fun、HelloYouth、Peel the Appleの4組を迎えて実施した。本記事では、9月11日のトップバッターに登場したTeamくれれっ娘!のライブレポートをお届けする。

Teamくれれっ娘!<マジカル・パンチライン presents マジフェス Vol.2>代官山UNIT(2022年9月11日)

取材&文:竹内伸一

<マジフェス>を主催者である沖口優奈の“全国のアイドルシーンを盛り上げたい”という想いから、北海道札幌を拠点に活動を続けるTeamくれれっ娘!が2日目のトップバッターに。この日は、清野ひかり、森野さくら、秋吉真衣、守道小粋、高橋美鈴、信野樹奈、五條百々果の7人での出演である。

7人は、1曲目の「Fight!」から元気いっぱいのパフォーマンスをくり広げていく。後のMCで“普段は常設劇場でのライブが多く、あまり対バンイベントには出演したことがない”といった趣旨の話が出ていたが、そんなこともあってか、序盤はやや緊張しているような表情のメンバーも見受けられた。しかし、そんな緊張を吹き飛ばすかのように、はつらつと動き回る。最年少メンバーで、まだ小学5年生だという五條も、周りの“おねえさん”たちに負けじと、小柄な身体をいっぱいに使って一生懸命に歌い踊っていた。続く「ふわふわ♪Party」でもステージを左右に移動しながら、やはりはつらつとパフォーマンスし、会場を盛り上げていった。

MCでは、“くれれっ娘!を初めて観る人は?”と信野が問いかけると、フロアでは意外と多く手が挙がる。“初めての人も楽しんでいってください!”とアピールして「Jumpin'up」へ。この日は曲ごとに編成が変わるようで、清野と五條が一旦ステージを下りて、5人でパフォーマンスを展開。軽快なサウンドに乗ってダイナミックに踊り、キュートな歌声を響かせる。途中、“一緒に踊って!”と促されると、観客は思い思いに踊り出し、手拍子も巻き起こった。

7人に戻って「青春チャイム」を賑やかに披露すると、再び5人での「joker」では、これまでとは一転、迫力のある激しいダンスをびしっと揃えて魅せた。5人の凛々しい表情も、ここまでとは一味違うものだった。終盤にソロのダンスがフィーチャーされると、手拍子が熱演を盛り立てた。

2度目のMCでは、北海道をもっと知ってもらいたいと、突如「北海道クイズ」が始まる。信野が“問題です!”と前置きすると、ほかのメンバーが“じゃじゃん!”といった効果音を入れる段取りだったようだが、そこがウマく揃わず。信野が思わず笑い出してしまうと、会場にも笑顔が溢れた。

さて問題は“北海道の言葉で「ばくりっこ」とはどういう意味でしょうか?”というもの。

1.昔流行ったお菓子の名前
2.物を交換すること
3.私たちが作った言葉でそんなものはない

という3択が用意され、答は2番だったが、その使い方を秋吉と守道がコント風に紹介。会場は大きな笑いに包まれた。ちなみに、“ばくりっこ”が使いこなせると、北海道の上級者なのだそうだ。

後半戦は、まずは「クリスタル☆レインボー」を弾むように披露。MCで会場の空気を和ませたからか、観客のリアクションも大きくなり、彼女たちの動きに合わせて一緒に踊り、リズムに合わせてクラップをくり返した。彼女たちの動きも激しさを増していき、曲の後半で見せたダンスは、切れ味の鋭い、躍動感にあふれたものだった。

ラストの「M・P・N」ではタオルを振り回して大熱演。会場は手を振り回して、それに応える。“オイ! オイ!”のコールでは拳が上がり、最後は“一緒にウェイブを起しましょう!”とリクエストし、フロアの下手から上手へと見事なウェイブを発生させた。

大半が初見の観客という状況の中、これだけの好リアクションを引き出した彼女たちの熱演は見応え十分のものだった。また、お目当てのグループではなくても、よいと思えば素直にリアクションを返す観客も実に素敵で、そこにはこのイベントを全員で楽しみたいという想いが溢れているようにも感じた。

Teamくれれっ娘!<マジカル・パンチライン presents マジフェス Vol.2>代官山UNIT(2022年9月11日)
ツイート
Teamくれれっ娘!<マジカル・パンチライン presents マジフェス Vol.2>代官山UNIT(2022年9月11日)
Teamくれれっ娘!<マジカル・パンチライン presents マジフェス Vol.2>代官山UNIT(2022年9月11日)
ツイート
Teamくれれっ娘!<マジカル・パンチライン presents マジフェス Vol.2>代官山UNIT(2022年9月11日)
Teamくれれっ娘!<マジカル・パンチライン presents マジフェス Vol.2>代官山UNIT(2022年9月11日)
ツイート
Teamくれれっ娘!<マジカル・パンチライン presents マジフェス Vol.2>代官山UNIT(2022年9月11日)
Teamくれれっ娘!<マジカル・パンチライン presents マジフェス Vol.2>代官山UNIT(2022年9月11日)
ツイート
Teamくれれっ娘!<マジカル・パンチライン presents マジフェス Vol.2>代官山UNIT(2022年9月11日)

Teamくれれっ娘!<マジカル・パンチライン presents マジフェス Vol.2>

2022年9月11日(日)代官山UNIT

Fight!
ふわふわ♪Party
Jumpin’up
青春チャイム
Joker
クリスタル☆レインボー
M・P・N

  • トップページ
  • レポート
  • Teamくれれっ娘![<マジフェス Vol.2>ライブレポート]躍動感のあるパフォーマンスとともに北海道の魅力も届けた7人の熱演