NightOwl、EIMIE、代代代…… 関西殴り込みGIG!? 今観たい関西インディーロックアイドル6選|「偶像音楽 斯斯然然」第57回

NightOwl、EIMIE、代代代…… 関西殴り込みGIG!? 今観たい関西インディーロックアイドル6選|「偶像音楽 斯斯然然」第57回

NightOwl、EIMIE、代代代…… 関西殴り込みGIG!? 今観たい関西インディーロックアイドル6選|「偶像音楽 斯斯然然」第57回

PassCodeの躍進に引っ張られるように、昨今、シーンの中で大きな存在感を放っている関西を拠点にしたロックアイドル。今回は、NightOwl、Lily of the valley、the mishmash、神薙ラビッツ、EIMIE、代代代という関西インディーロック系グループ6組をピックアップし、彼女たちの音楽性とパフォーマンスの魅力を紐解く。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週土曜日更新)。

<関西殴り込みGIG>——。その言葉が通じるのは、昭和生まれのおっさん世代だけだと思うのだが。この物騒なイベントタイトルは、かつて“ジャパメタ”と呼ばれたジャパニーズメタルバンドのブームが巻き起こった80年代、関西を拠点とし、“関西3大ヘヴィメタバンド”と呼ばれた44MAGNUM、EARTHSHAKER、MARINOがその名の通り、関東に殴り込みをかけた伝説のライブイベントである(2008年に<JAPAN HEAVY METAL FANTASY~KANSAI NAGURIKOMI GIG 2008>として復活開催)。関東と関西の土壌の違いは、音楽シーンの成り立ちを含めて地域性が音楽性に出るところでもあって、東のX、西のCOLORであるとか(前者主宰のエクスタシーレコードは様式美を重んじながらも多様性に富んだバンドが多く所属し、後者主宰のフリーウィルは反体制を掲げながらもカラフルでポップ性を帯びたバンドが多くいた)、その間に挟まれた名古屋では、黒夢を軸にLaputa、ROUAGEといった、アングラな雰囲気を漂わせる“名古屋系”と呼ばれたヴィジュアル系バンドのムーヴメントも生まれたりしている。

さて、アイドルシーンを見てみれば、AKB48の登場以降、“会いに行けるアイドル”として、ご当地アイドルの隆盛もあり、地域密着型のアイドルも一般化した。アイドルと応援するファンの距離も縮まり、本来の意味でのインディペンデントな活動が時流とともに定着していくと、かつての“芸能活動は東京拠点”という概念も薄れていく。東京に次ぐ大都市大阪を見れば、NMB48、たこやきレインボーに大阪☆春夏秋冬……といった大阪に拠点を置きながらもメジャー進出を果たしたグループも少なくはない。

なぜ<関西殴り込みGIG>などという言葉を用いたかといえば、昨今の関西アイドルシーンの勢いに、あの当時の様相を感じずにはいられないからだ。特に、PassCodeの攻勢がロックアイドルの台頭に拍車をかけているようにも思う。ちょうど前回ピックアップしたPassCodeの後輩、Kolokol然り、ラウドロックバンドを巻き込みつつ、今最も勢いのあるアイドルグループと言い切ってしまってもいい、我儘ラキア然り、関西を拠点にしたロックアイドルの台頭が目覚ましいのである。

Kolokol - Miss Shooting Star

我儘ラキア - SURVIVE -

さて、そんな情勢を踏まえて、今チェックしておきたい関西インディーロックのアイドルを紹介していきたいと思う。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • NightOwl、EIMIE、代代代…… 関西殴り込みGIG!? 今観たい関西インディーロックアイドル6選|「偶像音楽 斯斯然然」第57回