乃木坂46 生田絵梨花&松村沙友理“からあげ姉妹”の賭ケグルイ、一か八かKolokolが創り出す御伽噺世界|「偶像音楽 斯斯然然」第56回

乃木坂46 生田絵梨花&松村沙友理“からあげ姉妹”の賭ケグルイ、一か八かKolokolが創り出す御伽噺世界|「偶像音楽 斯斯然然」第56回

乃木坂46 生田絵梨花&松村沙友理“からあげ姉妹”の賭ケグルイ、一か八かKolokolが創り出す御伽噺世界|「偶像音楽 斯斯然然」第56回

実写版『賭ケグルイ』シリーズにおいて、生徒会の美化委員長・三春滝咲良を好演している生田絵梨花(乃木坂46)と、生徒会役員でアイドルの夢見弖ユメミにて怪演を見せる松村沙友理(乃木坂46)。今回は、2人のユニット『からあげ姉妹』の音楽性とボーカルスキルを分析しながら、ドラマ&映画『賭ケグルイ』のテーマソング「一か八か」の歌唱を担当するPassCodeと同じ所属事務所のKolokolと、そのメンバー佳凪きののユニークさを紐解く、当コラムらしい振り幅の大きい内容をお届けする。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週土曜日更新)。

Amazon Prime Videoドラマ『賭ケグルイ 双』にて、美化委員長・三春滝咲良を演じる生田絵梨花(乃木坂46)がハマり役すぎた。原作ファンを唸らせるほど、出演者の徹底的な役作りと強烈な演技で人気のドラマ『賭ケグルイ』シリーズであるが、この最新作で初登場となった生田の三春滝もまた素晴らしいのである。

ミュージカル仕込みの名演技・生田と、怪演女優・松村

潔癖であり、自身の明晰さと実力に驕ることのない高潔な心を持つ三春滝のキャラクターにバッチリと合った、タカラジェンヌの男役な趣すらある演技。そんな劇中の生田の姿はもちろんのこと、第6話オープニングにおける、映画『あさひなぐ』(2017年)の薙刀捌きを想起させる棒術にヤラれてしまったのは、彼女のファンだけではあるまい。

【公式】ドラマ「賭ケグルイ双」第6話オープニング映像

ミュージカル女優としての実力、岩谷時子賞奨励賞女優の本気を見た。

ヨーゼフ・ボイスやゲルハルト・リヒターといった世界に誇るドイツの芸術家を輩出した、デュッセルドルフ美術アカデミーがあって、電子音楽の先駆者であるクラフトワークが拠点としていて、日本を代表するバイオリニスト・宮本笑里も幼少を過ごしたドイツの芸術都市、デュッセルドルフ生まれで、ピアニスト・高橋多佳子も認めるピアノの腕前で、偉大なる音楽プロデューサー・佐久間正英が親戚のおじさんにいて……、という絵に書いたようなお嬢様チートアイドルの生田絵梨花なわけだが、またしても彼女の実力に魅了されてしまうのである。

【公式】生田絵梨花アクション猛特訓!ドラマ「賭ケグルイ双」第6話OP映像メイキング

ドラマ『賭ケグルイ』といえば、同じく乃木坂46の松村沙友理の活躍も記憶に新しい。2019年放送の“season 2”における夢見弖ユメミである。“なんだ、乃木坂かよ”なんて高を括っていた原作ファンの心を鷲掴みにした怪演は圧巻であった。

「賭ケグルイ season2」 第2話オープニング映像【ユメミおまけVer】

夢見弖が言い放つ、“なんでアイツら(ヲタク)がいちばん汗かいてんだよ! そんな暇あったら私の歌を聴けぇ!”は現役トップアイドルが発するからこそ、ヲタクの心により深く重くのしかかる名台詞であったわけだが、そんなむさ苦しいヲタクのコールすら懐かしく恋しくなってしまった昨今のライブ事情よ……。

『賭ケグルイ 双』も、5月12日に公開となる『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』においても、残念ながら2人の共演はないのだが、この先いつかスピンオフなりで、松村のユメミと生田の咲良の共演を観たい。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • 乃木坂46 生田絵梨花&松村沙友理“からあげ姉妹”の賭ケグルイ、一か八かKolokolが創り出す御伽噺世界|「偶像音楽 斯斯然然」第56回