えのぐ[ライブレポート]全身全霊のパフォーマンスで届けた光り輝く未来への決意と感謝の気持ち「一歩、踏み出す勇気をくれたのは応援してくれたみんなです!」<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演ライブレポート

VRアイドルグループ・えのぐが、2020年12月29日(火)にヒューリックホール東京にて<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->を2部制で開催した。新型コロナウイルス感染拡大防止のガイドラインに則り、入場者数を制限する形での有観客と生配信で実施された同公演は、“ライブ×ドキュメンタリードラマ”をテーマに、えのぐの“これまで”と“これから”を映像とライブパフォーマンスで見事に表現したグループの現在地を示す重要なライブとなった。本記事では、2020年に発表した楽曲を中心に披露した同ワンマンの第二章公演の模様をお届けしよう。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

取材・文:向井美帆

第二章のスタートは、第一章でも触れられた2019年後期の振り返りから。スクリーンではメンバー各々が、2019年からスタートしたツアーイベント<えのぐに逢いに恋!!>、活動休止していた夏目ハルの復帰、そして、栗原桜子のアイドル活動引退。その直後の結成2周年記念ライブ(2020年2月16日にヒューリックホール東京で開催した<enogu 2nd Anniversary Live -Colors->)について、当時の心境とともに振り返ったところで、ステージ上に鈴木あんず、白藤環、日向奈央、夏目ハルが姿を表す。そのまま、「Colors」「スタートライン」からライブの幕を開いた。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

栗原桜子の引退発表後に迎えた結成2周年記念ライブにて、改めて“世界一のVRアイドルになること”への決意を表明するために歌った「Colors」と「スタートライン」。間奏では、“2020年2月に私たちはこの曲とともに一歩を踏み出しました(夏目ハル)”、“全部、背負って踏み出した一歩だから(鈴木あんず)”、“深く、消えない足跡を残すことができました(白藤環)”、“一歩、踏み出す勇気をくれたのは応援してくれたみんなです!(日向奈央)”と、それぞれが当時の熱い想いを振り返る。サビではファンともに腕を左右に振り、早くも会場を強い一体感で満たしていた。

結成2周年記念ライブまでを振り返ったところで、再びステージが暗転。回想映像にて、コロナ禍における“YeLL送り隊”の取り組み、3ヵ月連続新曲MV公開企画までの軌跡が語られると、そのままステージに光が灯され、「e☆Jump!→Dream!!」「ギザギザコミュニケーション」「Original Color Girls!!!!」を続けてアクト。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

コロナウイルス感染拡大による自粛期間中、不安な気持ちを抱えながらも“コロナ禍だからこそ、みんなを元気にしたい”という想いを込めて、3ヵ月連続新曲MV公開企画の中で生まれた同3曲は、えのぐの中でも一、二を争うハイテンションなナンバー。目まぐるしく変化していくグルーヴの波に乗りながら、4人のダンスにも一層、熱がこもっていく。曲調がハイテンションになればなるほど、オーバー気味な白藤環、繊細な鈴木あんず、キレのよい日向奈央、優雅でゆったりとした夏目ハルと、それぞれのダンスの特徴がより強く表れてくる。これが、えのぐのライブパフォーマンスの見応えにも繋がっているのだろう。

再びステージが暗転すると、2020年8月8日&9日にヒューリックホール東京にて開催したワンマンライブ<えのぐワンマンLIVE2020 -次章->、そして長年の夢だった1stアルバム『真っ白な夢の世界』リリース(2020年9月27日)までを映像で回想。「Welcome to Live」からライブパフォーマンスを再開すると、「午前0時のプリンセス」では鈴木あんずと夏目ハルがキュートな曲の世界観をキャッチーに表現した振り付けで客席を魅了し、「無敵のヒーロー」では白藤環と日向奈央がクールかつダイナミックなステージングで存在感を見せた。

鈴木あんず、夏目ハル<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
鈴木あんず、夏目ハル<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
日向奈央、白藤環<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
日向奈央、白藤環<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

遊び心の効いた「it’s 笑 time!」と自己紹介MCを経て、ライブ初披露となった1stアルバム表題曲「Dreamin’ World」へ。“まだまだ走るよ ついてきて”という歌詞のとおり、未来を歌った同曲では、客席一面が“白”のペンライトで一色に。その美しく光り輝く光景は、彼女たちのこれから向かっていく世界が希望に満ち溢れているものであることを見事に表現しているかのようであった。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

本編ラストは、第一章公演で初披露した初の冬ソング「Present for you!」を投下。客席全体に煌びやかな余韻を残したまま、4人は1度ステージを後にした。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

アンコールに応えて再びステージに登場した4人。MCでは、これから描こうとしている未来について触れる。“今、挑戦してることが、ウマくできるようになったら新しい武器にしたいです(夏目ハル)”、“今まで以上に歌とダンスのスキルを上げて、えのぐを引っ張っていきたいです(日向奈央)”、“観た人の感情を動かすライブがしたい! 個人的にはトーク力を鍛えて、地上波に出演したいです(白藤環)”、“もっと歌がウマくなりたいですね。作家さんが歌詞に込めたメッセージを聴いてくださる方に届けられる表現力はもちろん、歌い方の技術とかも身につけて人の心に届くような歌を歌いたいです(鈴木あんず)”と、それぞれの口から決意が語られると、客席からは期待と応援の気持ちが入り混じった大きな拍手が送られた。

夏目ハル<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
夏目ハル<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
日向奈央<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
日向奈央<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
白藤環<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
白藤環<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
鈴木あんず<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
鈴木あんず<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

第一章公演、第二章公演合わせて約4時間にもわたった<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->のラストは、初披露となる「常夏パーティータイム」「栞」「えのぐ」のライブアレンジバージョンを3曲続けて、溢れる想いと残されたすべての力をかけてパフォーマンス。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

歌い終わると、4人ともオフマイクで“来年も応援、よろしくお願いします!”と元気よく挨拶し、多幸感溢れるステージの幕を下ろした。

この日、結成から現在に至るまでをステージ上で丁寧に形にしながら、成長の集大成と未来への決意を“ライブパフォーマンス”の中に散りばめて見せてくれたえのぐ。彼女たちのこれからのさらなる進化への期待感をグッと高めてくれるライブであった。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第二章公演

2020年12月29日(火)
ヒューリックホール東京

1 Colors
2 スタートライン
3 e☆Jump!→Dream!!
4 ギザギザコミュニケーション
5 Original Color Girls!!!!
6 Welcome to Live
7 午前0時のプリンセス(鈴木あんず/夏目ハル)
8 無敵のヒーロー(白藤環/日向奈央)
9 it’s 笑 time!
10 Dreamin’ World
11 Present for you!

En1 常夏パーティータイム(ライブアレンジVer.)
En2 栞(ライブアレンジVer.)
En3 えのぐ(ライブアレンジVer.)

  • トップページ
  • レポート
  • えのぐ[ライブレポート]全身全霊のパフォーマンスで届けた光り輝く未来への決意と感謝の気持ち「一歩、踏み出す勇気をくれたのは応援してくれたみんなです!」