えのぐ[ライブレポート]ステージで描ききった成長の軌跡「当時の私たちの気持ちを知ってもらうことで、もっとライブを楽しんでもらいたかった」

えのぐ[ライブレポート]ステージで描ききった成長の軌跡「当時の私たちの気持ちを知ってもらうことで、もっとライブを楽しんでもらいたかった」

えのぐ[ライブレポート]ステージで描ききった成長の軌跡「当時の私たちの気持ちを知ってもらうことで、もっとライブを楽しんでもらいたかった」<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演ライブレポート

VRアイドルグループ・えのぐが、2020年12月29日(火)にヒューリックホール東京にて<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->を2部制で開催した。新型コロナウイルス感染拡大防止のガイドラインに則り、入場者数を制限する形での有観客と生配信で実施された同公演は、“ライブ×ドキュメンタリードラマ”をテーマに、えのぐの“これまで”と“これから”を映像とライブパフォーマンスで見事に表現したグループの現在地を示す重要なライブとなった。本記事では、結成から2019年までの楽曲を中心に披露した同ワンマンライブの第一章公演の模様をお届けしたい。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

取材・文:向井美帆

開演時間になり、ステージ上のスクリーンに映し出されたのは、岩本町、書泉ブックタワー、秋葉原UDXなど、初期の“えのぐ”に所縁のある場所。

その映像に合わせてメンバー各々が、所属プロダクションの岩本町芸能社へ入所した時のこと、えのぐとしてデビューすることになった時の心境、初のオリジナル曲「えのぐ」を生配信で披露した時のことを当時の心境とともに振り返ったところで、ステージ上に鈴木あんず、白藤環、日向奈央、夏目ハルが登場。そのまま初のオリジナル曲「えのぐ」からライブをスタートさせた。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

続く「ショートカットでよろしく!」は、2つ目のオリジナル曲であり、初期曲の中でもポップなテイストのナンバー。声を出せない状況下ではあるものの、“盛り上がるよ!”という日向奈央の呼びかけに応えるようにして、力強くペンライトを振るファンたち。その想いを受け取るようにして、鈴木あんずは、“ありがとうございます! みなさんの応援、私たちまで届いていますよ!”と客席へ語りかけるなど、VRアイドルでありながらファンと当然のようにコミュニケーションが取れるところが、えのぐの特徴であり、すごさだ。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
日向奈央<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
日向奈央<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
鈴木あんず<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
鈴木あんず<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

結成までを初期曲とともに振り返ったところで、再びステージは暗転。スクリーンでは、1stライブからメジャーデビューまでを振り返りつつ“メジャーデビュー決定を境に「世界一のVRアイドルになる」という絵空事が目標へと変わりました“と回顧。そのままステージに光が灯され3つ目のオリジナル曲「絵空事」へ。“絵空事はきっと形になる”という歌詞を力強い歌声で届ける様は、“世界一のVRアイドルになる!”という4人の強い意志が、結成から現在まで不動であることを改めて感じさせるものであった。

その後、日向奈央&夏目ハルが「僕たちの青春ロード」、鈴木あんず&白藤環が「君がいてくれれば」をそれぞれデュエット。曲中、アイコンタクトを取り合ったり、背中を預けあう姿からは、互いを信頼し合う関係性も垣間見られ、より一層ペンライトを熱心に振るファンの姿も多く見受けられた。

日向奈央、夏目ハル<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
日向奈央、夏目ハル<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
鈴木あんず、白藤環<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
鈴木あんず、白藤環<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

「ハートのペンキ」、「Brand new stage」と畳み掛け、メジャーデビューまでの軌跡をステージ上でも体現すると、再びステージが暗転。スクリーンには、夏目ハル、栗原桜子の活動休止を受け、3人体制で結成1周年記念ライブ(2019年4月7日にDMM VR THEATER YOKOHAMAにて開催した<enogu 1st Anniversary Live 〜ARe You Ready?〜)を経験した時のこと、初めて大型アイドルフェス<TOKYO IDOL FESTIVAL 2019(以下、TIF2019)>へ出演し、“えのぐを知らない人たちにもライブを楽しんでもらえるようになりたいと思った(日向奈央インタビューコメントより)“ことなど数々の試練を振り返る。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
夏目ハル、日向奈央<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
夏目ハル、日向奈央<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
鈴木あんず、白藤環<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
鈴木あんず、白藤環<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

そのまま、結成1周年記念ライブで初披露した「YeLL for Dear」、<TIF2019>で歌い、多くのアイドルファンを魅了した「常夏パーティータイム」へ。前述したように、ステージ上でファンと想いをしっかり共有できるえのぐだが、「常夏パーティータイム」では、客席でタオルをぐるぐる振り回すファンへ向かって “みんな、まだまだ回して!”、“その調子! その調子!”とハイテンションで投げかけ、リアルなアイドルライブとまったく変わらない一体感を作り上げていた。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

MCでは、メンバーを代表して鈴木あんずが、本公演をドキュメンタリー形式にしたことについて、“当時の私たちの気持ちを知ってもらうことで、もっとライブを楽しんでもらいたかったし、アルバムを聴く時にも、私たちの顔や姿をもっと、くっきりと思い浮かべてもらえるのかなって思ったんです”と、想いを吐露。その真っ直ぐな言葉に、客席からは割れんばかりの拍手が送られていた。

岩本芸能社へ入所してからえのぐを結成し、紆余曲折があった2019年までを振り返る1章も終盤。ラストは、“今、私たちとみなさんがここにいるのは、偶然じゃありません! 何かを選んだから、望んだから、この場所で出会うことができました! すべての出会いに感謝を込めて、ラストはこの曲です!”という白藤の呼びかけから「栞」へ。“どこへだって行ける 逢いにゆくよ みんなで描いていくストーリー”という歌詞のとおり、これからの希望溢れる未来を見据えるような大きな輝きを放ちながら本編は幕を閉じた。

白藤環<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
白藤環<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
夏目ハル<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
夏目ハル<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

アンコールでは、“ファンへのクリスマスプレゼント”として、新曲となる掛け合いが楽しいポップな冬ソング「Presemt for you!」を初披露。本楽曲の作詞作曲は、「e☆Jump!→Dream!!」や「Original Color Gards!!!!」などの楽曲をえのぐに提供している、ボカロアーティストのキノシタだ。そのまま「ショートカットでよろしく!」、「ハートのペンキ」、「YeLL for Dear」など、初期から歌い継がれてきたライブチューンを本ライブ初披露のアレンジバージョンで立て続けに投下し、結成から2019年までの想いと成長をファンへ伝えきったところで、4人は堂々ステージを後にした。

えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)
ツイート
えのぐ<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演|ヒューリックホール東京(2020年12月29日)

<えのぐワンマンLIVE2020 -だからいま、ここにいる。->第一章公演

2020年12月29日(火)
ヒューリックホール東京

1 えのぐ
2 ショートカットでよろしく!
3 絵空事
4 僕たちの青春ロード(日向奈央/夏目ハル)
5 君がいてくれれば(鈴木あんず/白藤環)
6 ハートのペンキ
7 Brand new stage
8 Yell for Dear
9 常夏パーティータイム(ライブアレンジVer.)
10 栞

En1 Present for you!
En2ショートカットでよろしく!(ライブアレンジVer.)
En3 ハートのペンキ(ライブアレンジVer.)
En4 Yell for Dear(ライブアレンジVer.)

  • トップページ
  • レポート
  • えのぐ[ライブレポート]ステージで描ききった成長の軌跡「当時の私たちの気持ちを知ってもらうことで、もっとライブを楽しんでもらいたかった」