rionos、<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>終演後インタビュー「幸せな気持ちになりました」

rionos、<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>終演後インタビュー「幸せな気持ちになりました」

rionos、<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>終演後インタビュー「幸せな気持ちになりました」rionosが出演した<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>の終演後インタビュー

鶴岡 舞

Pop'n'Roll スタッフエディター

2019.01.09

寺嶋編集長による初めての主催フェス<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>が、2018年12月21日に新宿ReNYで開催された。主催者の寺嶋由芙をはじめ、原田珠々華、虹のコンキスタドール、rionos、二丁目の魁カミングアウト、妄想キャリブレーションらが出演。本記事では、rionosへの終演後インタビューをお届けする。

――ライブ終えての感想を教えてください。

rionos:
けっこう震えちゃいました。自分が歌で出演するというのは、デビューしてから初めてだったので、お客さんが近いし、視線をすごく感じるからそのたびにプルプルしそうなのを堪えていました。声が震えないように、音程を採るのに必死でした(笑)。

――そんな中での寺嶋さんとのコラボはどうでした?

rionos:
由芙ちゃんのバックでキーボードを弾いたり、一緒に出ることは何回かあったんです。でも、今回初めて一緒に歌うことになって、由芙ちゃんのデビュー曲から一緒にやってきた年月みたいなものを感じて、幸せな気持ちになりました。

――エモーショナルなステージでしたね。今回の出演のお誘いを受けた時の気持ちを教えてください。

rionos:
正直びっくりしました。出演と書いてあるから“またキーボードを弾くのかな”と思ったら、文面をよく読んでみたら“あれ? 私が出るんだ、出演者なんだ!”と驚いて、しばらくは悩みました。やったこともないし、私が出て大丈夫かなって心配で、レーベルの人にも相談したり。でも、ゆっふぃーが言ってくれたんだから、そりゃあ出ないわけいかないでしょうとなって、出演を決めました。

――大きな決断でしたね。寺嶋さんのデビュー曲「#ゆーふらいと」から関係があるお2人ですが、とっておきのエピソードがあれば教えてください。

rionos:
2年くらい前に一緒にサンリオピューロランドに行ったことですかね。

――プライベートでですか?

rionos:
半プライベートですかね、一応マネージャーの人もいましたね。それで、一緒につけるカチューシャをマネージャーさんに買ってもらうという(笑)。

▼当日のライブレポート