rionos、TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1レポート|幻想的な光景を描いた初ライブ

rionos、TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1レポート|幻想的な光景を描いた初ライブ

rionos、TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1レポート|幻想的な光景を描いた初ライブrionos<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>ライブレポート

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2019.01.01

寺嶋由芙の初となる主催フェス<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>が、2018年12月21日に新宿ReNYで開催された。“可愛い人たち、好きな人たちを集めました!”という寺嶋の言葉どおり、選りすぐりの可愛いメンバーやグループが勢ぞろい。本記事では、3番目に登場したrionosのレポートをお届けする。

寺嶋がソロアイドルとして活動を開始した2013年当初から楽曲を提供しているシンガーソングライター・rionos。2人は、寺嶋のデビュー曲「#ゆーふらいと」からの付き合いである。

普段、ライブをしていないrionos。しかし、寺嶋の誘いということもあって、この日デビュー後初ライブを行うことになったという。

深く吸い込まれそうになるような歌声。さらに、その深遠なる彼女の世界観を美しく彩るライティングが、観客たちの目を奪う。

まるで夢の中にいるような、幻想的なその光景は、観る者たちを魅了する。

ぎこちなく寺嶋を呼び込むrionosの姿にほっこり。登場した寺嶋は、“売れるためにはいいサウンドプロデューサーが必要と言われたんですが、rionosちゃんと出会えて、これまでたくさんの曲を提供してもらってきました。こうやって活動できているのも、rionosちゃんの力がとても大きいです!”と、語る。

最後は、rionosが作曲した「背中のキッス」を2人で披露。rionos自身がメジャーデビューできたきっかけもまた寺嶋ということもあり、まるで運命共同体のような2人。レアなステージ上での共演ということもあり、2人の歌声に会場中が酔いしれた。

rionos <TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>(新宿ReNY/2018年12月21日)
rionos <TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>(新宿ReNY/2018年12月21日)
rionos <TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>(新宿ReNY/2018年12月21日)
rionos <TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>(新宿ReNY/2018年12月21日)
rionos、寺嶋由芙 <TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>(新宿ReNY/2018年12月21日)
rionos、寺嶋由芙 <TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>(新宿ReNY/2018年12月21日)
rionos、寺嶋由芙 <TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>(新宿ReNY/2018年12月21日)
rionos、寺嶋由芙 <TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>(新宿ReNY/2018年12月21日)
rionos、寺嶋由芙 <TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>(新宿ReNY/2018年12月21日)
rionos、寺嶋由芙 <TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>(新宿ReNY/2018年12月21日)

<TERASHIMA KAWAII FESTIVAL vol.1>

新宿ReNY
2018年12月21日

M1 ハシタイロ
M2 百年のメラム
MC
M3 背中のキッス(コラボ)

セットリストを見る