【対談前編】寺嶋由芙×ミキティー本物(二丁目の魁カミングアウト)|ハロプロへの愛「なっちが好きで、それでアイドルになった」

【対談前編】寺嶋由芙×ミキティー本物(二丁目の魁カミングアウト)|ハロプロへの愛「なっちが好きで、それでアイドルになった」

【対談前編】寺嶋由芙×ミキティー本物(二丁目の魁カミングアウト)|ハロプロへの愛「なっちが好きで、それでアイドルになった」寺嶋由芙×ミキティー本物(二丁目の魁カミングアウト)対談前編

鈴木 健也

Pop'n'Roll コンテンツエディター

2018.12.14

ソロアイドルとして活動しているPop’n’Roll編集長・寺嶋由芙と、ゲイアイドルとしてフィールドを拡げ続けている二丁目の魁カミングアウトのミキティー本物の対談が実現。全3回の前編となる今回は、2人のアイドルの原点となる“ハロー!プロジェクト”についてじっくりと語ってもらった。

取材・文:永山あるみ

モーニング娘。を大きい会場で見た時、とにかく衝撃的だった(寺嶋)

――ミキティーさんと寺嶋さんの共通点というか、アイドルとしての原点は“ハロプロ”ですよね。

ミキティー本物:
そうなの!?

寺嶋:
そうだよ! 前話したことあったじゃん! モーニング娘。さんになりたかったのよ、私は。

ミキティー本物:
そうだったんだ! 私、最初由芙ちゃんに会った時に、“(寺嶋のことを)鞘師(鞘師里保)に似てる”って言ったの覚えてる?

寺嶋:
え~覚えてない! 本当!?

ミキティー本物:
そういう感じだなって思って。それを最初に言ったの。

寺嶋:
嬉しい。ありがとうございます! エースっぽいってことかな?

ミキティー本物:
そういうイメージがあったの。

寺嶋:
やったー!

ミキティー本物:
ハロプロのこと、そんなに好きだったの?

寺嶋:
うん。

――寺嶋さんは、原点はそこだと常々おっしゃってますよね。

寺嶋:
そうですね。私、なっち(安倍なつみ)が好きだったの。

ミキティー本物:
一緒だ! ずっとなっちのこと好きだったもん!

寺嶋:
なっちが好きで、モーニング娘。が好きで、それでアイドルになったんです。

ミキティー本物:
それも一緒。ビックリした~! 今は誰が好きなの?

寺嶋:
なっちが卒業しちゃってからはしばらく離れてたけど、久住小春さんの可愛さに衝撃を受けてまたモーニング娘。さんが気になるようになりました。ほかにはさゆ(道重さゆみ)とか、亀井ちゃん(亀井絵里)が好きだったな~。

ミキティー本物:
その部分も似てる。でも、私はゲイだからアイドルは顔よりもパフォーマンスとか声質の部分に注目しちゃうんだよね。

寺嶋:
じゃあ、愛ちゃん(高橋愛)とか?

ミキティー本物:
私はミキティー(藤本美貴)が好き。声が好きなの。

寺嶋:
だから、“ミキティー本物”って名前なのか!

――寺嶋さんは、ハロプロの公式グッズが売っているお店にも通うくらいガチですよね。

寺嶋:そうですね。初めて原宿店に行った時は感激しました。

ミキティー本物:
私も原宿店は、メンバーが着た衣装とかも飾ってあったから、それを見によく行ってた。

寺嶋:
そう! メンバーのブロマイドを選べるのも含めて、なんだか夢のような空間だったよね。

――ハロプロはその歴史も長いので、それぞれの時期に名称が付いていたりしますが、おふたりはどの時期が一番好きですか?

ミキティー本物:
私はなっちがいた頃かな。だから、なっちが卒業するまでの間が一番好き。期間的には短いんだけど、「シャボン玉」から「愛あらばIT’S ALL RIGHT」までがすごく好きだった。

寺嶋:
私もなっちが好きでモーニング娘。を見てたけど、途中からなっちとごっちん(後藤真希)の2トップ体制が、なっちが好きな自分としては切なかったけど、好きだった。

ミキティー本物:
超わかる~! 新曲が出るたび、今回はどっちがセンターなんだろうって思ってたよね。

寺嶋:
そうなの! あと衣装も微妙にそれぞれデザインが違ったりするから、“なっちが一番いいやつもらえますように”って祈ってた(笑)。

ミキティー本物:
そうか、衣装とかも見るんだ!

寺嶋:
見てたよ~。

ミキティー本物:
私そういうのはなかったんだよね。

――ミキティーさんはどういう部分に着目していたんですか?

ミキティー本物:
私は振り付けを見てたかも。あとは誰がセンターかとか、誰と誰が仲悪いだろうとか勝手に予想したりして(笑)。やっぱりゲイだから、そういう目で見ちゃう。

――おふたりとも安倍さんの卒業コンサートは観に行かれたんですか?

ミキティー&寺嶋:
観に行けてない~。

寺嶋:
ミキティーその頃、何歳だった?

ミキティー本物:
それ聞いちゃう(笑)!?

寺嶋:
私はまだ中学生だったから、自分の意思で好きなライブに好きなだけ行ける年齢ではなかったんだよね。だから当時、ライブは数回くらいしか観に行けなくて。あとはその頃、『LOVEセンチュリー』っていうオリジナルストーリーのミュージカルもやっていたので、それも観に行ってました。

ミキティー本物:
懐かしい~!

――初めてハロプロの現場に足を運んだのはいつですか?

寺嶋:
私は小学生の頃です。高橋愛さんとかが加入したタイミング。その頃、親に横浜アリーナかさいたまスーパーアリーナとかの大きい会場に連れて行ってもらって観た記憶があります。とにかく衝撃的で。まず、ずっとテレビを通してしか観ていなかったモーニング娘。が本当に存在するってことも衝撃的だったんですけど、私の目の前でずっとおじさんが保田圭さんのうちわを振っていたことも衝撃的でしたね。男性がアイドルを応援しているのを見るのが初めてだったんです。

寺嶋由芙
寺嶋由芙
  • トップページ
  • インタビュー
  • 【対談前編】寺嶋由芙×ミキティー本物(二丁目の魁カミングアウト)|ハロプロへの愛「なっちが好きで、それでアイドルになった」