夢眠ねむ[配信レポート]小宮山雄飛(ホフディラン)とフェス&カレーの魅力などを語る「カレーで汗かける夏いいなぁ」

夢眠ねむ[配信レポート]小宮山雄飛(ホフディラン)とフェス&カレーの魅力などを語る「カレーで汗かける夏いいなぁ」

夢眠ねむ[配信レポート]小宮山雄飛(ホフディラン)とフェス&カレーの魅力などを語る「カレーで汗かける夏いいなぁ」

夢眠ねむが、<CURRY&MUSIC JAPAN 2020 at HOME>の開催を前に、イベントの仕掛け人であり、カレーマニアとして多くの番組でカレーのうんちくを披露している小宮山雄飛(ホフディラン)のトーク番組『帰ってきた!小宮山雄飛があの人と話す会~CURRY&MUSIC JAPAN 2020 at HOME 前夜祭SP~』に出演した。本記事ではその模様をお届けする。

『帰ってきた!小宮山雄飛があの人と話す会~CURRY&MUSIC JAPAN 2020 at HOME 前夜祭SP~』(2020年7月22日)

取材・文:長澤智典

“カレーや横浜にゆかりがあるミュージシャンによるライブ&トークを海の見える開放的な空間で楽しめる「カレーフェス×音楽ライブのコラボイベント」”として、2019年にスタートした<CURRY&MUSIC JAPAN>。2020年も、横浜赤レンガ倉庫を舞台に同イベントの2回目を開催予定だったが、コロナ禍により集客スタイルでのライブは中止に。その代わり、自宅で“カレーを食べながらフェスを楽しんでもらおう”と、“オンラインフェス”として7月25日(土)と26日(日)に行なわれることが決定した。夢眠ねむは、7月26日(日)のトークコーナーへ出演する。

同イベントの開催を前に、小宮山雄飛(ホフディラン)によるトーク番組『帰ってきた!小宮山雄飛があの人と話す会~CURRY&MUSIC JAPAN 2020 at HOME 前夜祭SP~』が配信され、夢眠が出演。番組は、小宮山と夢眠の出会いの話からスタートした。

夢眠は、今回のフェスにはカレー屋枠で出店する予定でいたが、配信スタイルになったことから断念。“イベントの時に披露するために作った新しいカレーを手に、トークコーナーへ出演することになった”と、出演が決まった経緯について語った。

また2人の出会いは、カレーが縁だったことも明らかに。小宮山がディズニーランドへ1人で遊びに行った帰り、葛西と西葛西周辺へカレー店が多く出店していることからカレー屋巡りをし出したところ、とあるカレー店で“カレー女子”として雑誌撮影中の夢眠と遭遇したのが最初の出会いだったという。互いに共通の知り合いが多かったことから2人の交流も深まり出した経緯を、さまざまなエピソードを交じえて話した。

さらに2人は、ともに無類の本好き。ここで、夢眠が“夢眠書店”を開店した理由を語り出す。“本を手に取る行為がなくなるのが嫌で実店舗を始めた”など、本屋を開店した理由にまつわる熱い想いを述べると、小宮山も本への愛情を見せる返答をした。

そこから、2人の大好きな作家の話や、その作家にまつわる体験話が始まるが、いつしか共通する好きな作家への愛情はどちらが深いかの話に。それぞれの経験談を通し、互いに愛を持ってマウントを取り合う。夢眠は、大好きな作家のサイン会へ行き、感動のあまり泣いてしまった話などを披露。中でも、東海林さだおやラズウェル細木にまつわる、2人の好きすぎる故のマウントを取り合う会話は見どころだった。

トークは大して呑めない2人による、お酒にまつわる話へ。夢眠は“私も大人になったら作務衣姿で、板わさをつまみに呑む”という理想話を語った。

加えてディズニーについても触れる2人。小宮山、夢眠とも“1人ディズニー”派とのことだが、夢眠はディズニー内で1人ディズニー好きな女子たちと出会い、繋がりを広げており、小宮山はずっと孤高を保ち続けているという。さらに香港ディズニーの素晴らしさや、そこから繋がるカレー話など、2人はディズニー愛を熱く語った。

本題となる<CURRY&MUSIC JAPAN 2020 at HOME>の話では、小宮山がてっきり夢眠も司会者の1人だと思っており、ゲスト参加であることに衝撃を受けたことを告白。番組内では“一緒に司会をやろうよ”と誘い出す場面もあった。

そこから話題は、夢眠が作ったレトルトカレー『夢眠書店カレー〜アップルシナモン〜』の話へ。夢眠が営む夢眠書店に訪れる客層の中心は、母親と子供。同店舗では飲食も提供することもあり、“お腹があったまるカレーがあったら嬉しい”という想いから、本人も大好きな秋葉原にあるカリガリカレーのもとへ弟子入り志願。そこで学んだ経験をもとに作り上げたのが、リンゴをたっぷり使ったアップルシナモンカレーだったという。

誕生までの経緯を聞いた上で、『夢眠書店カレー〜アップルシナモン〜』を実食。一口食べた小宮山は、“リンゴのすりおろしがフレッシュで、めっちゃいい匂いがする。これ、美味しいから販売したほうがいいんじゃない?”とギャグ交じりで素直な感想を述べると、“販売してますよ、売れてます”と夢眠がしっかり返した。

すると、ここで、夢眠が<CURRY&MUSIC JAPAN 2020 at HOME>のために、カリガリカレーの二木さんと合同で新しいカレーを開発したことを述べ、新作レトルトカレーの具体的な中身を、26日のゲストトークの時に発表すると明らかにする。その発表を合図に、夢眠書店の通販サイトから販売を始めることも告知した。

ほかにもこのコーナーでは、小宮山が監修するレモンライス東京とナチュラルローソンが期間限定で共同開発したキーマカレー入りおにぎりなどを紹介。夢眠は“美味しい!!”と笑顔で味わっている様子を見せた。

さらに2人は、<CURRY&MUSIC JAPAN 2020>のためにミュージジャンらが作り上げたオリジナル新作カレーの数々を試食。カレーが振る舞われるたび、部屋中にスパイスの効いたカレーの匂いが広がり、1つひとつのカレーについての小宮山の丁寧な説明と、夢眠の食欲をそそる感想が語られていく。夢眠は“カレーで汗かける夏いいなぁ”と話し、小宮山は“みんなクオリティ高い!!”と大絶賛した。

なお、現在、同番組のアーカイブ配信が行なわれている。

『帰ってきた!小宮山雄飛があの人と話す会~CURRY&MUSIC JAPAN 2020 at HOME 前夜祭SP~』(2020年7月22日)
ツイート
『帰ってきた!小宮山雄飛があの人と話す会~CURRY&MUSIC JAPAN 2020 at HOME 前夜祭SP~』(2020年7月22日)
『帰ってきた!小宮山雄飛があの人と話す会~CURRY&MUSIC JAPAN 2020 at HOME 前夜祭SP~』(2020年7月22日)
ツイート
『帰ってきた!小宮山雄飛があの人と話す会~CURRY&MUSIC JAPAN 2020 at HOME 前夜祭SP~』(2020年7月22日)

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 夢眠ねむ[配信レポート]小宮山雄飛(ホフディラン)とフェス&カレーの魅力などを語る「カレーで汗かける夏いいなぁ」