ふぇありーているず!、<NIG2020>名古屋予選・決勝大会でグランプリ獲得。26時のマスカレイド、モリワキユイも特別パフォーマンス披露

ふぇありーているず!、<NIG2020>名古屋予選・決勝大会でグランプリ獲得。26時のマスカレイド、モリワキユイも特別パフォーマンス披露

ふぇありーているず!、<NIG2020>名古屋予選・決勝大会でグランプリ獲得。26時のマスカレイド、モリワキユイも特別パフォーマンス披露

<NEXT IDOL GRANDPRIX 2020 supported by Beauty Park(略称 NIG)>の名古屋予選・決勝大会フェスが、7月5日(日)に無観客で開催され、ライブ配信アプリ『ミクチャ』で生配信された。

同イベントは、全世界の女性アイドルを対象に“ネクストブレイクアイドルの頂点を決める”をテーマに、2019年より開催されているアイドルフェス。

配信審査やライブ審査を通じて、各アイドルが熾烈な激戦をくり広げ、優勝アイドル(グループ)には賞金1,000万円が授与される。

今年は名古屋・福岡・韓国の地方予選を実施。地方予選ではライブ配信を舞台とした地方別の準決勝リーグ、決勝リーグを実施し、リアルイベントとして地方決勝大会フェスを開催。地方予選大会フェスごとの上位2組は、全国本選・決勝リーグへのシード権を獲得する。

名古屋予選・決勝大会フェスのトップバッタ―となった名古屋を拠点に活動するACR*0̸(アクロ)は、のっけからパワフルなパフォーマンスを見せた。

ChawChawは大阪にある放送芸術学院専門学校から誕生した12人グループ。大人数ならではのフォーメーションとパワフルなダンスを披露した。

静岡県掛川市発のMarble-Mapleは、爽やかな楽曲に明るい歌声を乗せて配信を盛り上げ、東海地方を中心に活動するSparky Shadowはスタイリッシュなステージングが光った。

写真左上から時計回りにACR*0̸、ChawChaw、Marble-Maple、Sparky Shadow
ツイート
写真左上から時計回りにACR*0̸、ChawChaw、Marble-Maple、Sparky Shadow

名古屋予選・決勝大会フェス出場の8グループ中、前半4組が終了したところで、ゲストアイドルによる特別パフォーマンスへ。

ステージに立つのは<NIG2019>グランプリであり、この名古屋予選・決勝大会フェスでメインMCを務めるモリワキユイ from Yamakatsu。

MCの時とは一転、紫と水色を基調にした“ゆめかわいい”衣装に身を包み、完成度の高いステージでファンはもちろん、初めて彼女のパフォーマンスを観た視聴者の心もガッチリと掴んだ。

メインMCを務めるモリワキユイもパフォーマンスを披露
ツイート
メインMCを務めるモリワキユイもパフォーマンスを披露

後半戦の最初に登場したのは、大阪を拠点に活動するキミのガールフレンド。衣装のスカートを翻しながら、アイドルらしいフレッシュさあふれるステージを展開。

チャイナ風衣装で登場した名古屋のホームズシックは、躍動感のある振り付けとアッパーな楽曲でボルテージを上げ、ロック系アイドルPhantomyも、メンバーの1人が諸事情で不参加という向かい風を感じさせないステージで視聴者を魅了した。

出場アイドル8組のトリを務めたのは、“おとぎの国から飛び出したロックバンドアイドル”を掲げる名古屋発のふぇありーているず!。冒頭からバトントワリングを披露したかと思えば、一糸乱れぬフォーメーションとダンスで圧倒。エンタテインメント感満載のステージとなった。

写真左上から時計回りに、キミのガールフレンド、ホームズシック、Phantomy、ふぇありーているず!
ツイート
写真左上から時計回りに、キミのガールフレンド、ホームズシック、Phantomy、ふぇありーているず!

その後、会場では15分間の配信タイムへ突入。ライブの熱気も冷めやらぬ中、各アイドルグループが最後の追い込みにと、ネットを通じてファンとの交流を図った。

そして、この日の最後を飾るゲストとして登場したのは、26時のマスカレイド。6月に新メンバーが加入したため、貴重な4人体制でのライブとなったこのステージでは、近年めったに披露しないという楽曲などもあり、大盛り上がり。名古屋予選・決勝大会フェスに華を添えた。

ゲストとして、26時のマスカレイドが登場
ツイート
ゲストとして、26時のマスカレイドが登場

結果発表では、名古屋予選・決勝大会2位通過にPhantomy、1位にふぇありーているず!が決定。

ふぇありーているず!はいくつもの部門賞も獲得するなど、その強さを見せつけた。

彼女たちには、<NIG2020>全国本選 決勝リーグへのシード権のほか、100万円が贈られた。壇上に上ったメンバーたちは、1位の実感が湧いたのか涙ぐむ場面も。

なお、<NIG2020>は今後、福岡予選、韓国予選、全国本選へと続いていく。現在、福岡予選が開催され、韓国予選と全国本選は参加アイドルのエントリーを受付中。

1位となったふぇありーているず!
ツイート
1位となったふぇありーているず!

NEXT IDOL GRANDPRIX 2020 supported by Beauty Park 名古屋予選決勝大会フェス結果一覧

■名古屋予選決勝大会フェス 通過グループ

【1位通過】ふぇありーているず!
現金100万円
NIG2020 全国本選 決勝リーグへのシード権
<NEXT IDOL GRANDPRIX 2020 supported by Beauty Park>PR大使

【2位通過】Phantomy
NIG2020 全国本選 決勝リーグへのシード権
<NEXT IDOL GRANDPRIX 2020 supported by Beauty Park>PR大使

■部門賞
【動画LIKE賞】Phantomy

ミクチャ内CM用PV制作&渋谷ビジョン掲載出演権

【Twitter RT部門賞】ふぇありーているず!
ミクチャ内TOPバナージャック3日間

【審査員賞】ふぇありーているず!
フジテレビ系音楽情報番組『Tune』エンディングテーマ権(1ヵ月間)

【特別賞】キミのガールフレンド
<NEXT IDOL GRANDPRIX 2020 supported by Beauty Park>PR大使

【配信ポイント賞】ふぇありーているず!
ミクチャ内コラボスタンプ作成権

  • トップページ
  • ニュース
  • ふぇありーているず!、<NIG2020>名古屋予選・決勝大会でグランプリ獲得。26時のマスカレイド、モリワキユイも特別パフォーマンス披露