『ViVi 2020年9月号』表紙

『ViVi 2020年9月号』表紙

平手友梨奈、王冠&インナーカラーで登場+約2時間インタビューで今の胸の内を語る!『ViVi』表紙決定

平手友梨奈が、7月21日(火)発売の『ViVi 2020年9月号』の表紙に登場する。

この取材は、平手にとって緊急事態宣言解除後初の取材。まるで自身の主演映画『響 -HIBIKI-』のワンシーンのような、黒い大きなフードをすっぽりと被り現れた彼女は、スタッフに気づくときちんとフードを脱いで、“おはようございます”と一声。その後、衣装をチェックして“どれも可愛い”と気に入った様子を見せた。

1カット目は丈の長いドレス。スニーカーでさらりと着こなし、カットの合間にはマネージャーに“アチョー”のポーズをしたりするなど、お茶目な一面も。再びカメラを構えるとバレエのように踊りながらくるりと一回転し、そのたびにスカートがふわっと舞い上がった。

前回、平手が『ViVi』に登場した際、大きなクマのぬいぐるみとのカットがファンから大反響であったため、今回はそれをバージョンアップさせ、大量のぬいぐるみにまみれる平手を撮影することに。

最初はぬいぐるみに囲まれ王冠をかぶっているという謎のシチュエーションに、“え……どうしよう”と戸惑いつつも、自らいろいろなぬいぐるみを持ったりぬいぐるみと向き合ったり寝転んだり、さまざまなポージングを披露した。

そして、そのままぬいぐるみと遊び始めた平手に、“そろそろ次行きます”とカメラマンが促すシーンも。“ですよね(笑)”と笑いながら次の表紙撮影に入った。

表紙では王冠を着用。そもそも、編集部サイドは事前準備の際、表紙は絶対に王冠で、とは考えていなかったという。しかし平手がかぶると、おもちゃみたいな王冠もファッションとして成立。その圧倒的なオーラに、表紙もこのまま王冠で行くという決断に至ったとのこと。

また本誌には、2時間近くに及んだインタビューも収録。今回は仕事とプライベートの両面から、時間をかけて話を聞いている。

途中、7月3日に公開されたMrs. GREEN APPLEの「WanteD! WanteD!」のMVの話題では、“今日、これを話したいと思って来た”と言って一瞬黙った平手。うつむきながら、言葉探すように“今は世界中が大変な状況になっていて。友達や好きな人に会いたいのに会えなかったり、入学式や卒業式を経験できなかったり、甲子園が中止になってしまったり、今しかない大切な時間を奪われてしまった人がたくさんいると思うんです。そんな人たちが少しでも上を向けるような、背中を押せるような、これからの生活を楽しむ気持ちになれるような作品になったらいいなって”と語った。平手が踊り、笑う姿が観られる作品だが、そんな想いが込められていたのだ。

さらに本誌では、前回大好評だった「平手友梨奈にイロイロ聞いてみた」もカムバック。今後の活動に関するものなど、読者から寄せられたたくさんの質問に答えた。

MVで話題となったインナーカラーでの記念すべき表紙、最新の平手友梨奈の最高の輝きを16ページの大ボリュームで掲載。また、てちの愛称で知られる平手の手書きの“てち”文字激レア色紙、その名も“てちが書いたてち”が1名にプレゼントされることも決定した。

そのほか誌面では、2019年冬から始まった、藤田ニコルの大人気セルフメイク連載も紹介。第3回となる『ViVi』9月号では、真夏にやりたいLA風メイクと韓国風メイクの2パターンに挑戦。LA風はヘイリー・ビーバーをお手本に、韓国風はBLACKPINKのLISAをお手本にして、すべて私物コスメで完成させた。

ヘイリー・ビーバー風メイクのポイントは、3Dな陰影づくり。スティックブロンザーで輪郭に入れるコントゥア術や、あえて黒のマスカラで強調する眉毛づくりなどを披露している。そんな立体感メイクに合わせるポイントメイクはブラウンのワントーン。アイメイクはあえて抜き、リップは質感で盛ると、ヘイリーらしい目元と唇に。メイクのHOW TOや使った私物アイテムは、誌面にて楽しむことができる。

大のメイクマニアで、自宅のコスメ部屋には大量のアイテムがところ狭しと収納されている藤田。誌面では、そんなたくさんのコスメから、最近買ったコスメのなかでも特にお気に入りのアイテムを公開している。また、自粛中に力を入れたというスキンケアについても熱くトーク。スタッフも驚くほどさらに透明感ときめ細かさに磨きがかかった藤田の肌の秘密が明らかに。

藤田のセルフメイク連載は季節ごとに6ページでお届け。『ViVi』公式ウェブサイトや藤田のYouTubeでも関連動画がアップされる。

藤田ニコル 『ViVi 2020年9月号』
ツイート
藤田ニコル 『ViVi 2020年9月号』

さらに『ViVi』専属モデル・藤井サチも登場。誰にでも分け隔てなく丁寧に接し、いつも笑顔を忘れない彼女は、自身のSNSでもその親しみやすい人柄から絶大な人気を集めている。

『ViVi』9月号の『サチに恋。』では、実際に周囲の人が暴露した“サチのリアルモテ証言”も紹介しつつ、男女ともにモテが止まらない藤井の魅力を紐解く。

“おはよ。”から“おかえり。”まで、“大好きな人との1日”をイメージした4つのシーンで構成。藤井と一緒に暮らしているような気分を味わえる、彼女の素の笑顔と、努力の賜物であるヘルシーボディを拝めるカットが満載だ。

撮影日は朝の時点で雨の予報。厚い雲に覆われた空を見上げながら“今日はすべて室内で撮影するしかないかな……”とスタッフは諦めモードに。しかし、メイクを終えた藤井が登場した途端、太陽が顔を出し、なんと天気が回復したという。

インタビューでは自身の経験を交えながら藤井なりの“モテ理論”を語ってくれたり、読者から大量に寄せられた、“ガチの恋愛相談”に対して、1つひとつ真剣に回答したりと、今回初めて明かされる藤井の恋愛観は必読。

さらに、“−12kg”の過去を告白したことで大きな話題を呼んだ、自身のYouTubeを振り返った今の心境や、意外な“将来の夢”についてもじっくり語っている。

藤井サチ 『ViVi 2020年9月号』
ツイート
藤井サチ 『ViVi 2020年9月号』

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 平手友梨奈、王冠&インナーカラーで登場+約2時間インタビューで今の胸の内を語る!『ViVi』表紙決定