内田理央、自身初となる主演舞台<星の数ほど星に願いを>決定!「ストーリーがどう進んでいくのか私自身とても気になっています!」

内田理央、自身初となる主演舞台<星の数ほど星に願いを>決定!「ストーリーがどう進んでいくのか私自身とても気になっています!」

内田理央、自身初となる主演舞台<星の数ほど星に願いを>決定!「ストーリーがどう進んでいくのか私自身とても気になっています!」

内田理央が、8月27日(木)より上演となる<星の数ほど星に願いを>にて、自身初となる舞台主演を務める。

同作は、ブルー&スカイ演出のもと、“どんな願いも叶う神秘の石”としてインチキ占い師たちに売りつけることにより財をなしていた工場を描くもの。

今回、内田が演じるのは、工場の融資担当の銀行員。工場を立て直すために、“神秘の石”が本当に“どんな願いも叶う力”を持てばいいという無茶な要求をしたりするという破天荒な役柄を務める。

内田理央
ツイート
内田理央
内田理央
ツイート
内田理央
舞台<星の数ほど星に願いを>チラシ
ツイート
舞台<星の数ほど星に願いを>チラシ

コメント

内田理央:
あまり舞台での経験がないので、お話をいただいた時は正直不安やプレッシャーがありましたが、今はブルー&スカイさんの世界に飛び込むことにワクワクしています。
生のお芝居の楽しさやスリル、舞台でないと観られない景色を見て感じて、たくさん吸収していきたいです。
今回のお話は“どんな願いも叶う石”を作る町工場が舞台となっています。私はその融資担当の銀行員の役柄です。
実は私は、いつも漫画誌の最後に載っているちょっと怪しい広告に目が釘付けになってしまうタイプなので、このストーリーがどう進んでいくのか私自身とても気になっています!! 早く結末を知りたいです。稽古が始まるのが楽しみです。

ブルー&スカイ:
“星の数ほど星に願いを”というタイトルは、何だか少しロマンチックにも聞こえる響きではありますが、まったくそういう演劇ではありません、お詫びいたします。
業績の悪化している下町の町工場と、その町工場の融資担当の銀行員(内田理央さん)が、会社再建のためにあれこれ頑張る、だけどまともな人間は1人も登場しないので、終始何を物語っているのかよくわからない、デタラメで混沌としたコメディになると思います。ただ宣伝ビジュアル撮影でお会いした内田さんがとても輝いて見えたこともあり、場合によっては大間違いのロマンチックさのかけらも見え隠れすることになるかもしれません。どうぞよろしくお願いいたします。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 内田理央、自身初となる主演舞台<星の数ほど星に願いを>決定!「ストーリーがどう進んでいくのか私自身とても気になっています!」