あゆみくりかまき[ライブレポート]ファンと描いた多幸感溢れる光景「この場所で会えるように歌い続けていきたい」

あゆみくりかまき[ライブレポート]ファンと描いた多幸感溢れる光景「この場所で会えるように歌い続けていきたい」

あゆみくりかまき[ライブレポート]ファンと描いた多幸感溢れる光景「この場所で会えるように歌い続けていきたい」無観客生配信ライブ<みんなと作るHAPPY ROCK LIVE>ライブレポート

あゆみくりかまきが、7月12日(日)にグループ初の無観客生配信ライブ<みんなと作るHAPPY ROCK LIVE>を開催した。当初3月28日より全国ツアー<ボクらの熊魂2020~うららかな春のHAPPY ROCK TOUR~>を敢行し、5月5日に同ツアーファイナルであり、結成6周年記念ワンマンライブをEX THEATER ROPPONGIにて行なう予定であったあゆみくりかまき。しかし、新型コロナウイルスの影響により、そのすべての公演が中止に。この逆境を経て、実に約5ヵ月ぶりのライブとなったこの日、3人はどのような景色をステージ上に描いたのか? 本記事では、画面の向こうのたくさんのオーディエンスに向けて、3人が、今できる最大限の方法で熱い想いを届けた無観客生配信ライブの模様をお届けしたい。

撮影:mao

ファンと交流しながら決めたセットリスト

開演定刻の18時になると、画面はステージを映し出し、3人は5月にリリースした配信限定EP表題曲「Grateful」で無観客生配信ライブの幕を開く。メンバーが“「HAPPY ROCK」を掲げる今のあゆくまを象徴する曲”と語るこの曲を、飛び切りの笑顔でパフォーマンスする3人。途中タオルを振り回しながら、視聴者を煽り、画面を越えて冒頭からファンとの一体感を作り上げていく。配信ライブではあるが、普段のライブと変わらないステージングを魅せていた。

「Grateful」を歌い終わると、端末でファンのコメントを確認しながら、今回の無観客生配信ライブの大きなポイントとなるメンバーとファンが一緒にセットリストを決めるトークコーナーへ。

あゆくまの楽曲を“ファニー(ポップなナンバー)”“ゴリ(ハードなナンバー)”“エモ(エモーショナルなナンバー)”の3つに分けて、この日の4&5曲目に入る“ファニー曲①&②”、7&8曲目に入る“ゴリ曲①&②”、10曲目&ラストの13曲目に入る“エモ曲①&②”を決めていくことに。

“ファニー”の候補曲は、「Amagami Days」「森のくまさん」「ゴマスリッパー」「スペース・エスプレッソ」「HAVE A NICE DAY,世界」「犯行声明」「スターライトジャンボリー」「真相はどうでもいい」「女子か。」「「キミが好き」「キミが好き」」「蜜蜜蜜」の11曲。ファンのコメントを読みつつ、メンバーの考えも踏まえて、「森のくまさん」「蜜蜜蜜」「Amagami Days」を最終候補にピックアップ。ここから視聴者によるWEB投票を経て、ファニー曲①(4曲目)は「蜜蜜蜜」、ファニー曲②(5曲目)は「Amagami Days」に決定した。

この流れで、ゴリ曲は「KILLLA TUNE」「WAR CRY」「自分革命」の中からゴリ曲①(7曲目)が「KILLLA TUNE」、ゴリ曲②(8曲目)が「WAR CRY」、エモ曲はエモ曲①(10曲目)が「MILLION」「旅立ちの唄」「Place My Place」から「旅立ちの唄」、エモ曲②(13曲目)が「ナキムシヒーロー」「アナログマガール’18」「つながり」から「ナキムシヒーロー」が選出された。

ファンとセットリストを組み上げ、ライブはいよいよ本編へ向かう。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • あゆみくりかまき[ライブレポート]ファンと描いた多幸感溢れる光景「この場所で会えるように歌い続けていきたい」