Juice=Juice[YouTube人気曲ランキング]再生回数が1番多い曲は?

Juice=Juice[YouTube人気曲ランキング]再生回数が1番多い曲は?

Juice=Juice[YouTube人気曲ランキング]再生回数が1番多い曲は?

2013年のHello! Project誕生15周年記念ライブにて、ハロプロ研修生内新ユニットとして結成されたJuice=Juice。キュートな声の持ち主ながら大人の世界を描いたリリックを歌い、人気を博しているグループです。そんな彼女たちは2020年2月に初期からのメンバーだった宮本佳林の卒業を発表し、大きな転換点を迎えようとしています。そんなJuice=Juiceの楽曲の中で、最も多く聴かれている曲は何でしょうか?

この記事では、Juice=JuiceのYouTube再生回数のトップ10を発表していきます!(2020年7月12日現在)

10位「CHOICE & CHANCE」(2015年7月リリース)
118万回再生

1stアルバム『First Squeeze!』に収録。硬くて無機質なバンドサウンドと、耳をつんざくようなシンセの音が混ざったハードなサウンドがインパクト大です。しかし、それに引けを取らないのがメンバーの芯のある歌声。基本的にはチェストボイスを効かせてクールさを醸し出しつつ、各サビのラストでは目の覚めるようなハイトーンボイスを響かせています。“人生は自分の選択から作られるものだ”というスケールの大きい歌詞と相まって、聴き手を大いに鼓舞するナンバーです。

9位「Vivid Midnight」(2018年4月リリース)
144万回再生

ハイテンポなEDM調の曲や黒をメインにした衣装などで、“カッコいい”というイメージを保持していたJuice=Juice。しかし、この曲ではビビットカラーを基調にしたスカートやカラフルなMVのセットなどを使用し、一味違った姿を見せています。また、ミドルテンポや曲の全面に点で置かれたユニークなシンセ音、“び”を多用しリズミカルに仕上がった歌メロなども新鮮で、かつなんとなくK-POPの香りも。とびっきり可愛い格好をしながら、“カワイイってちょっとつまんないな”と歌ってみせたり、“優越感と あと憂鬱感/それらを塗って剥いで塗って…”と楽しいはずのネイルケアにパッとしない心情を重ねてみたりするウィットに富んだ歌詞に、彼女たちらしさが全開。いろいろな面で、まさにビビっとくる1曲です。

8位「私が言う前に抱きしめなきゃね」(MEMORIAL EDIT)(2013年9月リリース)
171万回再生

メジャーデビューシングルより、「私が言う前に抱きしめなきゃね」の5人体制バージョンの映像がランクイン。この曲はオリジナルである6人体制のものとは少しアレンジが異なっていて、特に間奏部分でそれが顕著です。原曲は4つ打ちのドラムが入り“間奏も盛り上げっぱなしで突っ走る”という感じですが、MEMORIAL EDITバージョンではその4つ打ちが抜かれ、テンポがややゆっくりになったように感じます。それに合わせてメンバーのダンスもスローになり、1曲の中でくっきりと緩急がつけられているのが印象的。6人時代のMVとDance Shot Ver.の映像もあるので、音やダンス、ボーカルなどを見聴き比べしてみると面白いですよ!

次ページ

  • 1