Shine Fine Movement、3rdワンマン開催。等身大のアクトで熱狂を生む!

Shine Fine Movement、3rdワンマン開催。等身大のアクトで熱狂を生む!

Shine Fine Movement、3rdワンマン開催。等身大のアクトで熱狂を生む!

Shine Fine Movementが、12月8日(土)にTSUTAYA O-WESTにてワンマンライブを開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

今回の公演は<3rdワンマンライブ>と銘打たれたが、9月に予定されていた2ndワンマンライブが台風の影響で中止となっているため、彼女たちにとっては実質2回目のワンマンライブとなった。

2018年は5月に中国・広州、6月に台湾、10月に中国・深センと日本国内のみならず海外でも公演を重ねてきたShine Fine Movement。この日のライブでは2ndワンマンライブで歌い踊れなかった分の想いが込められたかのようなパフォーマンスが印象的だった。

控え目な印象ながらも歌でグループを支える羽深芽生、運動量の多さが汗にあらわれている橘莉子、飾らない姿が魅力的な橘咲希、グループのマスコットキャラクター的な可愛らしさの朝比奈るう、破天荒さが魅力の橘南桜、これがShine Fine Movementだと言わんばかりの等身大のアクトでフロアを沸かせていた。

「光クレッシェンド」「ルミナス」と、これまでのシングル表題曲も佳曲揃いであるが、12月19日(水)に発売される最新シングル「リフレクト」もそれに負けず劣らずのナンバーだ。AKB48の「ポニーテールとシュシュ」などで知られる多田慎也の手による楽曲ということも納得の仕上がりとなっている。

昨今のアイドルシーンにおいても頭ひとつ抜き出たクオリティの高さを誇るコロムビアのアイドルレーベル『Label The Garden』楽曲において、Shine Fine Movementの代表曲は共通してストリングスとクリーンなギターが印象的なものが多いように思う。「リフレクト」もその流れを汲んだ完成度の高い楽曲となっている。同楽曲は日本テレビ系『バズリズム02』POWER PLAYのほか、文化放送12月度プラスチューン、FM FUJI Weekly Power Push “Sound Leaf”にも選出されているので、この師走は各地で耳にすることになるだろう。

この日初披露となった「雪桜」はJanne Da Arcのkiyoの提供楽曲で、「リフレクト」のType-Bにカップリングとして収録される。kiyoらしさが感じられる特殊な構成の楽曲となっているので、ぜひ聴いてみてほしい。

この日同じく初披露となった「ダンシングドリーマー」は、2019年1月よりBSフジ『サンリオキャラクターズ ポンポンジャンプ!』のタイアップソングとなることも発表された。同番組は毎週日曜朝9時に放送中なので、ぜひオンエアをチェックしてみよう。

Shine Fine Movement<3rdワンマンライブ>(12月8日(土) TSUTAYA O-WEST)より
ツイート
Shine Fine Movement<3rdワンマンライブ>(12月8日(土) TSUTAYA O-WEST)より

次ページ