神宿 一ノ瀬みか&塩見きら、『BUBKA』連載企画にて初のユニット曲「Erasor」への想いを語る

神宿 一ノ瀬みか&塩見きら、『BUBKA』連載企画にて初のユニット曲「Erasor」への想いを語る

神宿 一ノ瀬みか&塩見きら、『BUBKA』連載企画にて初のユニット曲「Erasor」への想いを語る

神宿の一ノ瀬みかと塩見きらが、アイドル誌『BUBKA』のグループ連載インタビューにて初のユニット曲「Erasor」への想いを語った。

『BUBKA』7/8月合併号
ツイート
『BUBKA』7/8月合併号

同連載は、毎回メンバーが2人ずつ登場し、“神”と“宿”がつく場所でデートするという企画。

第4回目となる7/8月合併号には、一ノ瀬みかと塩見きらが登場し、大人の風情漂う神楽坂を散策。撮影中、大きな熊のぬいぐるみと戯れる無邪気な姿を見せた。

インタビューは、5月にリリースされた初のユニット曲「Erasor」への想いや自粛期間中にYouTubeに公開したカバー音源などについても触れ、変化し続ける神宿について言及した内容となった。

次ページ

  • 1