吉岡里帆、UR賃貸住宅新テレビCM全国で放映開始!「仕上がった作品を観て、テンポって大事だなぁと思いました」

吉岡里帆、UR賃貸住宅新テレビCM全国で放映開始!「仕上がった作品を観て、テンポって大事だなぁと思いました」

吉岡里帆、UR賃貸住宅新テレビCM全国で放映開始!「仕上がった作品を観て、テンポって大事だなぁと思いました」

イメージキャラクターに吉岡里帆と千葉雄大を起用したUR賃貸住宅の新テレビCM『アップデート』篇が、6月10日(水)より全国で放映を開始する。

CM最新作では、“URであーるガール”・“URであーるボーイ”としてイメージキャラクターを務める吉岡と千葉が、ウインズタウン稲毛海岸(千葉市美浜区)と、品川八潮パークタウン潮路北第二ハイツ(東京都品川区)を訪れ、“住まいアップデート”されたUR賃貸住宅を紹介。住み慣れた環境はそのままに、多様なニーズに応えたアップデートを行なうURの取り組みを、2人の愉快なやりとりを通して訴求する。

とあるURへとやってきた先輩の吉岡と後輩の千葉。吉岡が“子供の頃からある”と語るURで、千葉は入り口に取り付けられたオートロックや、リニューアルされたエントランス、丸ごと新しくなったキッチンを発見する。

住む人が長く快適に暮らすためのURの取り組みを吉岡が“「住まいアップデート」であーる”と紹介すると、千葉はいつの間にか自身の顔に保湿パックを貼っており、“僕も「アップデート」であーる”と元気よく発言。それに対して吉岡がやれやれといった感じで“そういうの、いいから”と切り返すというストーリーだ。

なお、吉岡の“そういうの、いいから”という台詞は、無表情で冷たくツッコむパターンから、笑顔で優しくツッコむパターンまで、何度もテイクを重ねているとのこと。CMではその中で選りすぐられた、渾身の“そういうの、いいから”を観ることができる。

また吉岡が“「住まいアップデート」であーる”と決め台詞を言うシーンは、住棟の廊下で撮影。クレーンカメラを用いて吉岡を撮影するのはURとしても初めての試みだったが、和気あいあいとした雰囲気の中で進められたという。さらに吉岡は、CGの建物が登場する位置を監督と入念に確認し、手がCGにぶつかったり、逆に離れ過ぎたりしないように、何度もリハーサルを重ねていた。

新テレビCM『アップデート』篇より
ツイート
新テレビCM『アップデート』篇より

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 吉岡里帆、UR賃貸住宅新テレビCM全国で放映開始!「仕上がった作品を観て、テンポって大事だなぁと思いました」