(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

田中みな実出演ドラマ『M 愛すべき人がいて』、爆笑NG集を含む第2・3話リミックスバージョン放送決定!

2020.05.15

田中みな実出演ドラマ『M 愛すべき人がいて』が、5月16日(土)に第2・3話のリミックスバージョンを放送する。

『M 愛すべき人がいて』第2・3話リミックスバージョン場面写真

第2・3話リミックスバージョンでは、ニューヨークで水野美紀演じる鬼トレーナー・天馬まゆみにしごかれるアユ(安斉かれん)、ライバルたちの壮絶な嫌がらせに耐えるアユ、そしてマサ(三浦翔平)を愛する姫野礼香(田中みな実)が発した戦慄の“許さなーーーーーーい!”発言など、衝撃的なシーンが続々登場。

第4話以降の予習はもちろん、まだ同作を観たことがない方は、ぜひチェックしてみては?

爆笑NG集を初公開! 大反響を呼んだ“あのシーン”の裏側が明らかに

さらに、今回は和気あいあいとした現場の様子が伝わってくるNG集も初公開。

田中に結婚を迫られて思わず吹き出す三浦、“イノシシがやれるくらいのパンチを!”と謎の特訓をくり広げる水野に笑いを堪え切れない安斉など、誰もがクギ付けになったさまざまなシーンの裏側を公開。

また、社長の大浜を怪演している高嶋政伸のお茶目な一面や、三浦&白濱亜嵐の仲良しコンビの素顔が垣間見られるNGシーンも登場。

そのほか、怒涛の展開を予感させる衝撃シーンの数々を散りばめた今後の予告映像も放送。

90年代リバイバル音楽特集も!

日本でもファッションを起点に“90年代リバイバル”がキーワードになっており、世界的にも当時のカルチャーに注目が集まっている昨今。

それは音楽も同様で、今回、ドラマにも登場する90~00年代を彩ったアーティストたちの楽曲を、主演の安斉かれんをはじめ、Yup'in、lolらエイベックスの新世代アーティストたちがリバイバルし、話題を呼んでいる。

中でも、ドラマの挿入歌でもある「CAN'T STOP THIS!!」は、90年代のダンスミュージックシーンで重要な役割を果たした「CAN’T UNDO THIS!!」を原曲とした1曲。誰もが耳にしたことのあるイントロを持つこの曲の仕掛け人はmax matsuura。今回再び、「CAN'T STOP THIS!!」の指揮を執ったことでも注目されている。サビ部分には“Don’t Stop The Music(音楽を止めるな)!!”という音楽を愛する1人の人間としての強い想いが、そして“リバイバル”というキーワードには、世界がREVIVE(復活・再生・回復)できるようにという願いが込められている。暗いニュースだらけの“今”だからこそ、音楽で少しでも明るい気持ちになってほしいというアーティストたちの想いもあふれているという。

5月16日(土)放送では、劇中にも登場する90年代リバイバルミュージック集や、挿入歌を担当したアーティストたちのレコーディング風景なども登場する。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 田中みな実出演ドラマ『M 愛すべき人がいて』、爆笑NG集を含む第2・3話リミックスバージョン放送決定!