【インタビュー&コメント動画】CHERRSEE、中毒性あふれる4th SGリリース「この曲は、まだまだ楽しみどころがあるんじゃないかなって」

【インタビュー&コメント動画】CHERRSEE、中毒性あふれる4th SGリリース「この曲は、まだまだ楽しみどころがあるんじゃないかなって」

【インタビュー&コメント動画】CHERRSEE、中毒性あふれる4th SGリリース「この曲は、まだまだ楽しみどころがあるんじゃないかなって」CHERRSEE、「Lady」リリースインタビュー

鶴岡 舞

Pop'n'Roll スタッフエディター

2018.11.27

韓国仕込みの本格派ダンスが話題の6人組ガールズダンスボーカルグループCHERRSEEが、11月28日にニューシングル「Lady」をリリースする。韓国のヒットメーカーDUBLE KICKがプロデュースした本作は、中毒性のあるメロディを持つキャッチーなダンスナンバーだ。これまで以上に“J-POP要素”が強いという彼女たちの新機軸となる新作について、メンバーに語ってもらった。

今回の曲はアップテンポでノリがいい曲だなっていうのが第一印象です。

――今回の楽曲制作は韓国のヒットメーカーDUBLE KICKさんですが、「Lady」を初めて聴いた時の印象を教えてください。

NENE:
J-POP要素が強いなっていうのがすごく印象的でした。私たちの楽曲はK-POPよりの楽曲が多いんですけど、今まで以上にJ-POP要素がプラスされていて新しい感じだなって。ダンスとかも面白い感じになっているので、これから楽しみな楽曲です。

MIYU:
CHERRSEEの楽曲はダンスが激しいんですけど、今までアップテンポな曲はあまりなかったので、今回はアップテンポでノリがいい曲だなっていうのが第一印象でした。ライブとかで、お客さんと一緒に楽しめる曲になるんじゃないかなって思ってます。

LENA:
今までのCHERRSEEの曲と全然違っていたので、“歌えるかな?できるかな?”って心配になりました。でも、楽しくてファンのみなさんと一緒に盛り上がれる曲だと思います。

YUMA:
すごい盛り上がれる曲だなっていうのもそうだし、ライブで初めてCHERRSEEを観たっていう方でも一緒に楽しんでもらえる曲なんじゃないかなと思います。

AIRI:
中毒性というか、一度聴いたら次は口ずさんで歌えちゃうような曲になっているなって印象でした。

HIKARU:
韓国から曲が送られてきたので、初めて聴いた時はまだ歌詞が半分韓国語、半分日本語だったんです。一番キャッチーな部分が韓国語だったりしたので、これを日本語にしてCHERRSEEが歌うと“どういう化学反応が起こるのかな?”って不安もありましたし、楽しみもありました。

――確かにこれまでのCHERRSEEの曲はカッコいいラップがある印象があったので、今回の楽曲は今までよりもキャッチーな曲だと感じました。

NENE:
今まではセクシーだったり、カッコよかったりっていう印象の楽曲が多かったんですけど、今回は頭から離れないキャッチーさが全面に出ている楽曲だと思います。それこそサビとかもコーラスに全員の声が入っていたりするので、やっぱり盛り上がったり、聴いていて中毒性があるっていうのがポイントかなって思います。

  • トップページ
  • インタビュー
  • 【インタビュー&コメント動画】CHERRSEE、中毒性あふれる4th SGリリース「この曲は、まだまだ楽しみどころがあるんじゃないかなって」