Zoomバーチャル背景画像(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

Zoomバーチャル背景画像(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

田中みな実出演ドラマ『M 愛すべき人がいて』、第2話名シーンのアンケート結果を発表+Zoomバーチャル背景画像が登場!

田中みな実が出演するドラマ『M 愛すべき人がいて』の、第2話の名シーンのアンケート結果が発表。またZoomバーチャル背景画像全16種類が公開された。

本作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れを描き大ヒットした話題作『M 愛すべき人がいて』(小松成美著・幻冬舎刊)を原作に、ドラマならではの彩りを加え、壮大なスケールで描く連続ドラマ。

第1話の放送初日の視聴者数は『ABEMA』ドラマ史上歴代最高(放送初日の24時間以内のリニア放送での視聴者数とビデオの視聴者数を合算)を記録し、第2話はTwitterでの世界トレンドが第1話の“10位”から“5位”へと大きく順位を上げるなど話題となっている。

4月25日(土)に放送された第2話はそれぞれの想いが加速し急展開した物語と、個性的なキャラクターによる印象的なシーンの数々に、ファンから“神回”と絶賛されている。そんな第2話の中から、視聴者に“最も好きだったシーン”について『ABEMA』公式YouTube上にてアンケートを実施した。

集まった約4,000票の中から見事第1位に選ばれたシーンは、三浦翔平演じるマサが、雨でずぶ濡れになりながら、アユに大声で“俺を信じろ~!”と激励するシーン。

続く第2位には、晴れて移籍が決まり、マサと歌手としてスターになることを約束した、安斉かれん演じるアユが“ダイヤになる!”と改めて決意をしたシーン。

第3位には、水野美紀演じる天馬先生が“いのししをやれるくらいのパンチで!”と強烈な一言をレッスン中のアユに浴びせたシーンと、白濱亜嵐演じる流川がガールズグループを任され、“流川、本気出します!”と気合を入れたシーンが同率でランクインした。

また今回公開されたZoomバーチャル背景画像は、アユとマサが運命の出会いを果たす六本木のディスコ・ベルファイン、レコード会社・A VICTORYなど、ドラマで描かれる印象的なスポットの背景のほか、主要キャストのアユ、マサ、流川、礼香(田中みな実)、大浜社長(高嶋政伸)、大浜社長の秘書・吉田(田中道子)、中谷社長(高橋克典)らのビジュアルと、インパクトのあるセリフがセットになった特製ビジュアル背景。

この背景を設定することで、家にいながら本ドラマの世界観を堪能することができる。全16種類の番組公式のZoomバーチャル背景画像は、『ABEMA』公式Twitter上でも公開中。

Zoomバーチャル背景画像

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 田中みな実出演ドラマ『M 愛すべき人がいて』、第2話名シーンのアンケート結果を発表+Zoomバーチャル背景画像が登場!