©2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議  ©2016 大童澄瞳/小学館

©2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 ©2016 大童澄瞳/小学館

乃木坂46 齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波出演ドラマ『映像研には手を出すな!』、齋藤が失踪&山下がレーザービームを放つ⁉第4話場面カット解禁

乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が出演するドラマ『映像研には手を出すな!』の第4話場面カットが解禁となった。

『月刊!スピリッツ』にて連載中の『映像研には手を出すな!』(作:大童澄瞳/小学館)の実写版となる本作は、映画版と同キャスト、同スタッフでTVドラマ版を放送中。その攻めた内容にファンや視聴者からは大きな反響が寄せられている。

第3話では、大・生徒会が仕切る“予算審議委員会”に提出する活動成果=アニメを制作すべく、浅草みどり(齋藤飛鳥)、水崎ツバメ(山下美月)、金森さやか(梅澤美波)の“映像研”の3人が動き出した。備品調達や部室修理、企画会議などを重ね、大筋の内容を固めていくが、ドラマのラストには水崎の“これが私たちが浅草さんを見た最後でした……”という不穏なモノローグが。

第4話では、大・生徒会の予算審議委員会の偵察に来た3人が、その凄まじい言い合いとやりとりを目の当たりに。すると、超人見知りで人混みが超苦手な浅草が、なんとその日から失踪してしまう。水崎と金森は、浅草を探すべくさまざまな部活に顔を出し、情報を仕入れていく。

また今回は、浅草と金森の知られざる過去が明らかに。さらに水崎は、野球部が分裂してできた内野部と外野部のいざこざに巻き込まれてしまうという。加えて、クライマックスでは浅草によるスピード感たっぷりの長セリフのシーンが観られるとのこと。

TVドラマ『映像研には手を出すな!』第4話は、MBSにて4月26日(日)24:58から、TBSにて4月28日(火)25:28から放送。他各局でも順次放送となる。

©2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議  ©2016 大童澄瞳/小学館
ツイート
©2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 ©2016 大童澄瞳/小学館
©2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議  ©2016 大童澄瞳/小学館
ツイート
©2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 ©2016 大童澄瞳/小学館

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 乃木坂46 齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波出演ドラマ『映像研には手を出すな!』、齋藤が失踪&山下がレーザービームを放つ⁉第4話場面カット解禁