横山由依[レポート]<熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ>への決意「ドラムを初めてお披露目できるので頑張りたい」

横山由依[レポート]<熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ>への決意「ドラムを初めてお披露目できるので頑張りたい」

横山由依[レポート]<熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ>への決意「ドラムを初めてお披露目できるので頑張りたい」

横山由依が、新橋演舞場6月公演として三宅裕司を座長に上演される<熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ第7弾東京喜劇『Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー〜日米爆笑保障条約』>(松竹株式会社と株式会社アミューズの共同製作・共同主催)に出演する。本記事では、3月17日に行なわれた製作発表記者会見の模様をお届けする。

<熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ第7弾 東京喜劇 『Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー~日米爆笑保障条約~』>
ツイート
<熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ第7弾 東京喜劇 『Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー~日米爆笑保障条約~』>

心の底から本当に面白いと思える東京の喜劇“軽演劇”を上演しよう、“東京の笑い”を継承しようと、2004年に旗揚げされた「伊東四朗一座」。伊東がスケジュールの都合でどうしても参加できない時もその想いを継ごうという気持ちから、2006年に三宅裕司を座長に「熱海五郎一座」が旗揚げされた。2014年には、ついに伝統ある大劇場・新橋演舞場に進出。以降、熱海五郎一座は、新橋演舞場にて毎年公演を行い、毎公演満員御礼で、劇場を大爆笑の渦で包み込んできた。

<新橋演舞場シリーズ第7弾>となる今年の舞台は、戦後の日本とアメリカ。おなじみの一座メンバー(座長・三宅裕司、渡辺正行、ラサール石井、小倉久寛、春風亭昇太、東貴博(深沢と交互出演)、深沢邦之(東と交互出演))に加え、ゲストに紅ゆずると横山由依を迎える。

製作発表記者会見では、松竹株式会社 代表取締役副社長の安孫子正が“大変な時期にこのようにお集まりいただきありがとうございます。熱海五郎一座は2014年に新橋演舞場での公演をスタートし、三宅さんをはじめ、一座のみなさんで正当な喜劇を目指して毎年公演を行なってまいりました。そして毎年ゲストをお迎えし注目されますが、今回は宝塚歌劇団退団まもない紅ゆずるさんが女優のスタートの作品としてこの熱海五郎一座に参加してくださることになりました。紅さんは松竹エンタテインメントに所属したご縁もあり、喜びとともに期待で一杯です。またもうお一方、AKB48の横山由依さんもご参加くださり、AKBグループの方に新橋演舞場の舞台に出ていただくこの機会を心より感謝いたします。おふたりの参加によって、より期待できる作品になると思います。今回もアミューズさんとともに公演の製作を進めて参りますので、ぜひとも(本日ご列席の)みなさまのご協力をいただきたいと思います”と、今作への期待を述べた。

株式会社アミューズ 取締役 常務執行役員 荒木宏幸は、“大変な時節ですが、今年もまた熱海五郎一座の時期を迎えられることを非常に喜んでおります。このような時期だからこそ、演じる笑いにこだわったこの公演の価値は増していくように思います。今回も紅さん、横山さんという素晴らしいおふたりをゲストにお迎えして、それぞれのファン(宝塚ファン、AKB48ファン)のみなさんにも観ていただきたいし、(年配の方に加えて)年齢の若い人にもぜひお越しいただきたいと思います”と期待を込めて挨拶を締めくくった。

続いて座長の三宅は“このような状況の中、たくさんの方々にお集まりいただき、ありがとうございます。この一座はお年寄りから小学生までが一緒に笑えるギャグ、笑いを連発して、最後に感動させる、そんなわかりやすいものを目指しています。笑いは免疫力を上げます。6月に熱海五郎一座を観てみなさんの免疫力を上げると非常にいい状況になっていくと思っております。熱海五郎一座が日本を救う!という気持ちで今年の公演を頑張りたい”と冒頭から意気込んだ。

またゲスト2人に対し“今まで何名か宝塚出身の方に出演してもらいましたが、退団後すぐの舞台に<熱海>を選んでいただいたのは初めて、またAKBグループの方も初めて。このおふたりの「宝塚とAKBの化学反応」も見どころです。一座に溶け込んでいただき、一緒に最高の舞台を作っていきたいと思います”と語った。

渡辺が“いつもは(5月初めの)稽古前ギリギリに台本をもらうのに、今回は1週間くらい前に送られてきました。内容は言えませんが、とにかく楽しい舞台にしたいと思います”と言うと、ラサールは“今、演劇界は苦しい状況にありますが、演劇の灯を消してはいけないと思う”と熱く語った。

今回、バンドのバンマスの役を演じることになった小倉は“僕は人を引っ張っていくような役をやったことがない。プライベートでもない。今までの人生で命令口調を一度も使ったことがないので、セリフが言えるか心配だが頑張りたいです”と笑いを誘った。

“毎年、<熱海五郎一座>を上演する6月が来るのが楽しみ”と語る昇太は、“普段一人で落語という芸をやっているのでみんなで一緒にいるのが楽しみでしょうがない”と言うと、すかさず三宅から“舞台のこと言ってよ”とツッコミが。長年の付き合いが成せる一座のコンビネーションの良さを見せつけると、“バンドでトロンボーンを演奏します。台本もとても面白いので楽しんで頑張りたい”と意気込んだ。

今回“ラジオ局のプロデューサー兼ディレクター兼オーナー役”を演じる東は、“後半セリフが多く、やることが多くて、とても難しい役なので、今からプレッシャーを感じているが一生懸命やります。観に来てください!”と語ると、東と交互出演の深沢は、“三宅さんがいつも言う「緊張と緩和」を大切に演じたい”と述べた。

今回のゲストの1人である紅ゆずるは、宝塚歌劇団退団後初舞台。“退団して4ヵ月が経ち、今日公の場で初めてスカートを着ました。スースーする”とまず笑いを誘う。続けて“お客様を笑わせることをずっと考えてやってきたので、熱海五郎一座のオファーは夢のよう。昨今の暗いニュースが多い中、最後に残るのは「悲劇」ではなく「喜劇」だと思います。みなさまに少しでも現実を忘れて笑っていただけるような作品になるように、一座の一員になり、笑いのプロフェッショナルのみなさんと一緒に私自身も笑いに貪欲に頑張っていきたい”と熱く語った。

もう1人のゲストである横山由依は、“熱海五郎一座に参加させていただくことになり、幼い頃からテレビで観ていた方々とご一緒できて、夢のようです”と緊張気味の様子だったが、“今回演じながらドラムの演奏もします。小学生の頃習っていたドラムを初めてお披露目できるので頑張りたい”とやる気を見せた。

そして最後に三宅から“全員が均等に笑いを背負うように台本を作りました。それぞれが成功すれば爆笑の連続です。今回、笑いが大好きな紅さんと楽器もできる器用な横山さんがいますので、ファンのみなさんも相当楽しみにしていただいて大丈夫。すべてが見どころです!”と強く語った。

質疑応答では、“今まで応援してくれているそれぞれのファンに対して、今回挑戦すること、今までと違うところを教えてください”と聞かれたゲストのふたり。“男役だったので女性を演じること自体が挑戦です。軍服を着ていても中身は女性。ちゃんと女性を作っていく”と紅が言うと、横山も“とにかく笑いにこだわる舞台は初めて。本番中に自分が笑わずにできるのか心配ではあるが、たくさん稽古をして新しい自分をお見せしたい”と意気込んだ。

また、今回バンドメンバー役で楽器を演奏する面々。三宅はウッドベース、横山はドラム、昇太はトロンボーン、小倉はテナーサックス、ラサールはギターに挑戦する。男性メンバーはそれぞれ楽器を自腹で調達したことを話し、笑いを誘った。

最後に座長である三宅は、“爆笑の連続、そして最後に感動できる、そんなお芝居です。予備知識はまったく要りません。ただ劇場に来て、<熱海五郎一座>を観て笑ってスッキリして帰ってください。宝塚とAKBの化学反応も楽しみの1つです。ぜひ劇場にお越しください!”と述べて、記者会見を締めた。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 横山由依[レポート]<熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ>への決意「ドラムを初めてお披露目できるので頑張りたい」