乃木坂46、4期生初主演ドラマ配信記念特別番組で「愛を感じる!」

乃木坂46、4期生初主演ドラマ配信記念特別番組で「愛を感じる!」

乃木坂46、4期生初主演ドラマ配信記念特別番組で「愛を感じる」

乃木坂46の4期生が、3月17日(火)に映像配信サービス『dTV』にてオリジナルドラマ『サムのこと』『猿に会う』の2作品の配信記念特別番組『乃木坂46 4期生 初主演ドラマ配信記念番組「おつかれちゃん。」』を生配信した。

本特別番組は、当初予定していた『サムのこと』『猿に会う』完成披露試写会の中止を受けて実施されたもの。

撮影を終えたばかりの両作品に出演した4期生11名が、“撮影のお疲れ様会”というテーマで、『サムのこと』チームと『猿に会う』チームに分かれ、ドラマが絶対に観たくなるプレゼン合戦や撮影時のエピソード、裏話などを披露した。

番組では、本番前にスタジオへ移動するメンバーの様子から生配信を開始。“緊張する~”と言いながらも和気あいあいと笑顔でスタンバイした後、今回MCに初挑戦する田村真佑のキュートなタイトルコールでスタート。

本番が始まるや否や、番組進行をサポートする天の声からもう1人、同じくMC初挑戦となる清宮レイが紹介されると、“頑張ります!”と少し照れながらガッツポーズを見せた。

田村真佑
ツイート
田村真佑
清宮レイ
ツイート
清宮レイ

今回実施したのは、『サムのこと』『猿に会う』の2つのチームに分かれ、場面カットやオフショットの写真を使ったデコレーションで、相手チームに向けて卒業アルバムに見立てた“撮影想い出アルバム”を作成するという企画。

先行で、『サムのこと』チームが撮影中のエピソードを披露している間、『猿に会う』チームはアルバム作りに取り掛かった。

撮影時の忘れられないエピソードとして、早川聖来は遠藤さくらとのシーンを挙げて、“演技だから、さくらに顔を近づけても恥ずかしがらずにいてくれたので、可愛い顔を近くで拝めて幸せだった”と明かした。また、筒井あやめは“アクティブな自分の性格と真逆の役だったので、暗い部屋に籠り切りで病んでしまいそうになった”と話した。

遠藤さくら
ツイート
遠藤さくら

続いて、そのままチームを交代。『猿に会う』チームは、ドラマを撮影する前と後で変わったことはありますか?との質問に、賀喜遥香が“耳のホクロがコンプレックスの役だったので、耳を隠すのが癖になった”と回答。また、本作品に出演する先輩の堀未央奈ついて聞かれると、撮影初日から現場に入っていたので安心したとコメントし、それには『猿に会う』チーム全員が頷いた。

賀喜遥香
ツイート
賀喜遥香

終始和やかなリラックスモードで進んだ番組もエンディングに向かい、完成した想い出アルバムを目にすると、お互いに“愛を感じる”と感謝の気持ちが溢れた。

『猿に会う』キャストが作った『サムのこと』アルバム
ツイート
『猿に会う』キャストが作った『サムのこと』アルバム
『乃木坂46 4期生 初主演ドラマ配信記念番組「おつかれちゃん。」』
ツイート
『乃木坂46 4期生 初主演ドラマ配信記念番組「おつかれちゃん。」』

最後にメンバーから『サムのこと』のメイキング番組『乃木坂46 4期生7人の軌跡 サムのことの、こと』が、4月3日(金)、4日(土)に配信、また『猿に会う』の配信が4月10日(金)よりスタートすることが発表された。

次ページ

  • 1