後列左より:小坂、齊藤、小林、守屋、柿崎、加藤/前列左より:土生、山下、与田、久保、梅澤、菅井

後列左より:小坂、齊藤、小林、守屋、柿崎、加藤/前列左より:土生、山下、与田、久保、梅澤、菅井

乃木坂46、欅坂46、けやき坂46、三坂道初競演の『ザンビ』舞台 初日前会見「チームは違えど12名一丸となって頑張っていきます」

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2018.11.16

乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の三坂道初競演となるザンビプロジェクト第一弾となる『ザンビ』舞台の初日前会見が、11月15日(木)にTOKYO DOME CITY HALLにて開催された。

初日前会見に参加したのは、TEAM“RED“の与田祐希、山下美月、土生瑞穂、小林由依、齊藤京子、小坂菜緒、TEAM“BLUE”の久保史緒里、梅澤美波、菅井友香、守屋茜、柿崎芽実、加藤史帆の12人。

観客を巻き込んでの‟体感型舞台“と未だ全容が明らかにされていない『ザンビ』舞台。12人は、そんな『ザンビ』の稽古中の出来事や三坂道初競演への思い、初日公演を翌日に控えた気持ちなどについて語った。

TEAM“RED“ コメント
与田祐希(鳴澤摩耶役):
守るべき友達がいて、友達を守る強さを持ち合わせた芯のある女の子です。フェンシングが強いんですけど、私自身フェンシングの経験がないので、毎日1フェンシングでたくさん練習して頑張ってきましたので、カッコよく芯のある摩耶ちゃんが演じられるように頑張ります。ひと言で言うと泣ける舞台になっています。ホラーという面だけではなく、友情だったり、人間としての優しさだったりが見られますので、みなさんも共感して、いろいろな気持ちで観ていただければと思います。

山下美月(一ノ瀬杏奈役):
私が演じる杏奈は暗い過去があって、それが原因で記憶をなくしてしまった女の子です。人それぞれ暗い過去があったり、劇場に足を運んでくれるお客さまの中にもつらい過去や経験があると思いますので、そういった方に希望や力を与えられるような舞台に、全員力を合わせてやり遂げたいなと思っています。乃木坂46の齋藤飛鳥さんが本舞台に映像出演しています。山室楓という役なんですが、齋藤さん演じる楓はこの『ザンビ』プロジェクトに大きく関わってくるのですが、それは今後段々わかってくると思います。舞台の大きなスクリーンで齋藤飛鳥さんの小さい綺麗なお顔をご堪能いただければと思います。

土生瑞穂(桂雪穂役):
雪穂は、私が瑞穂という名前なのですごく親近感がわいていてやりやすいかなと思いましたが、学級委員長で自分の意思をはっきりと相手に伝える強い意志を持った女の子で、私と真逆な部分もたくさんあったので演じるのがとても難しかったです。日々たくさん練習、研究してきたので、頑張った結果をお見せできるように頑張ります。

小林由依(一色彩菜役):
彩菜はすごく明るくて、一見今どきの女子高生に見えるんですが、正義感をもって相手に何かを伝えるという意思があって、そういう部分は欅坂46と似ている部分がたくさんあるので、そういったところを舞台上でも活かせていけたらなと思います。

齊藤京子(本宮佳蓮役):
後輩ですが、お姉さん的な存在で、しっかりしていて真面目な女の子です。私自身はホラーみたいな怖いものがあまり得意ではないのですが、みなさんを怖がらせられるように精一杯頑張ります。

小坂菜緒(飯野ゆかり役):
佳蓮といつも行動している女の子です。12人の中で一番後輩で、私と同じ感じかなぁと思ったのですが、すごく明るくて、私と正反対だなと思いながらいつも楽しく演じています。演技経験は浅いですが、みんなの足を引っ張らないように頑張って、千秋楽まで全力で走り続けたいと思っています。

TEAM“BLUE”コメント
久保史緒里(鳴澤摩耶役):
守るべき友達がたくさんいて、その友達を守るためにもがく正義感の強い女の子です。普段、周りのメンバーに頼って弱いなと感じる部分もあるのですが、今回の舞台では私の強さをお見せできたらなと思っています。明日から始まる『ザンビ』舞台は、謎ばっかりな舞台ですが、みなさまの期待をいい意味で裏切れる舞台になっているかなと思いますので、チームは違えど12名一丸となって頑張っていきます。

梅澤美波(一ノ瀬杏奈役):
『ザンビ』舞台は、人間が極限に置かれた様をリアルに描いていて、普段見られるものではないので、楽しんでもらえたらなと思っています。私が演じる杏奈は追い込まれた状態の中でも、感情の起伏が激しくて、シーンごとに演技を作っていくのが難しかったのですが、それぞれの坂道と助け合い切磋琢磨し、TEAM“BLUE”でも話し合いながら頑張ったので、ぜひ楽しんでいただけたらなと思います。

菅井友香(桂雪穂役):
正義感が強く、納得いかないルールは破っていく行動力のある活発でフランクな女の子です。男の子っぽいところもあったり、自分とは正反対の部分も多くて、感情を理解するのが中々難しかったです。初めての舞台で学ぶことがたくさんあって、勉強にな りました。三坂道チームの違いも舞台の中で観られると思いますので、楽しみにしていただけたらと思います。

守屋茜(一色彩菜役):
雪穂といつも行動することが多くて、曲がったことが嫌いで、すぐに行動に移すことができる女の子です。周りの子と違い陰湿なので、シリアスの中でその性格を出すのが難しかったです。初めての舞台で、劇中歌を歌ったりするシーンもあり、三坂道チームそれぞれの坂道のカラーに合わせたものになっています。力を合わせて頑張ります。

柿崎芽実(本宮佳蓮役):
すごく真面目で正義感が強くて純粋な女の子です。出ているメンバーが演じる女の子たちが正義感が強くて、それぞれの正義と正義のぶつかり合いとか、極限状態に置かれたらどうなるんだろうとか、そういったところにもチャレンジしたので、ぜひ見てもらいたいです。

加藤史帆(飯野ゆかり役):
佳蓮と一緒ですごくビビりな女の子で、奇声をあげたりしているんですけれども、私はいつも女の子っぽい奇声があげられるように練習しました。私のしゃべり方に特徴があってセリフを言うのに苦戦しましたが、たくさん練習しましたので、千秋楽まで頑張ります。

齋藤飛鳥
齋藤飛鳥

次ページ

  • トップページ
  • ニュース
  • 乃木坂46、欅坂46、けやき坂46、三坂道初競演の『ザンビ』舞台 初日前会見「チームは違えど12名一丸となって頑張っていきます」