ベイビーレイズJAPAN/(c)@JAM EXPO 2018

ベイビーレイズJAPAN/(c)@JAM EXPO 2018

ベビレ、<@JAM EXPO 2018>で最後のアイドルフェス出演。異例のアンコールも

ベイビーレイズJAPANが、8月25日(土)に神奈川・横浜アリーナにて開催された<@JAM EXPO2018>の1日目メインステージのトリとして登場した。

9月24日(月・祝)に解散することが発表されているベビレにとって、<@JAM EXPO 2018>は最後のアイドルフェス参加となる。メインステージであるストロベリーステージにアイドルファン達が大集結する中、会場のスクリーンにはメンバーそれぞれが解散に向けての想いを語る映像が映し出された。

センターの林愛夏のソロの力強い歌声から、1曲目の「タイガーソウル」がスタート。続いて「暦の上ではディセンバー」(NHK連続テレビ小説『あまちゃん』劇中歌)を歌い上げると、中央のサブステージへ移動する。

大矢梨華子が「思いきり楽しむ準備をしてきました! 横浜アリーナ、楽しんでいきましょう!」と呼びかけ、「虎虎タイガー」、「閃光ビリーバー」、「ベイビーレボリューション」、「何度でも」と虎ガー(ベビレファンの総称)を沸かせる楽曲がつづく。最後は「僕らはここにいる」で客席も一体の大合唱となった。

ベイビーレイズJAPAN/(c)@JAM EXPO 2018
ツイート
ベイビーレイズJAPAN/(c)@JAM EXPO 2018
@JAMさんを通して見える景色が、大好きでした。9月24日のラストライブでは、富士山が見える大きなステージで、たくさんの人とその日を迎えたいです。

傳谷英里香(ベイビーレイズJAPAN)

そこから、アイドルフェスでは異例のアンコールが。それに応える形で、彼女たちのアンセムである「夜明け Brand New Days」がスタート。ライトに照らされた彼女たちが悔いなくパフォーマンスする姿に、会場中からは鳴り止まない拍手が降り注いだ。

ベイビーレイズJAPANのラストライブ<全虎が啼いた!伝説の最高雷舞(クライマックス)>は、9月24日(月・祝)に山中湖にて開催。前日には<伝説の前夜祭>も実施される。チケットは現在一般発売中。

ベイビーレイズJAPAN LAST LIVE「全虎が啼いた!伝説の最高雷舞(クライマックス)」

2018年9月24日(月・祝)山中湖交流プラザ きらら

12:00開場/13:00開演/18:00終演予定
チケット料金/通常:5,000円(税込)

ライブ情報を見る

ベイビーレイズJAPAN「伝説の前夜祭」

2018年9月23日(日)山中湖交流プラザ きらら シアターひびき 特設ステージ

16:30開場/17:30開演/19:00終演予定
チケット料金/通常:3,500円(税込)

ライブ情報を見る