わーすた 、こぶしファクトリー、豆柴の大群、CYNHN、アンスリューム……ロックスピリッツを感じた新曲|「偶像音楽 斯斯然然」第25回

わーすた 、こぶしファクトリー、豆柴の大群、CYNHN、アンスリューム……ロックスピリッツを感じた新曲|「偶像音楽 斯斯然然」第25回

わーすた 、こぶしファクトリー、豆柴の大群、CYNHN、アンスリューム……ロックスピリッツを感じた新曲|「偶像音楽 斯斯然然」第25回

これは、ロック畑で育ってきた人間がロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週土曜日更新)。

新型コロナウイルス感染拡大による日本政府のイベント自粛要請により、やり場のない気持ちに打ち拉がれている今日この頃。我々がすぐにできることは、好きなグループの音楽ストリーミング配信やYouTubeの動画を再生して、演者側に少しでも還元することであったりする。

さて、今回は個人的にここ最近グッときた、ロックスピリッツとバンド味を感じる5曲を紹介していこうと思う。

わーすた「グレープフルーツムーン」 結成5周年の可能性

リリースの度にどんどん音楽性の幅を拡げているわーすたが今年結成5周年を迎え、3月25日にリリースするベストアルバム『わーすたBEST』にて掲げる新曲は、これまたありそうでなかったスケール感を描く。いうなればアリーナクラスのロックバンドがライブのオーラスに魅せていくような、まだ見ぬ大きな夢とこれからの可能性へと繋いでいく、そんな懸け橋になりそうで。優しさと強さが共存するメロディと歌がしみじみ“いい曲だなぁ”と思わせてくれる、なんだか心がほっこりする曲だ。

どことなく時流に我関せず焉、独自性を追求してきたわーすただが、ここに来て一気に解放へと向かっていく曲が来た。もちろん、これまでのわーすたがあったからこその歌であることは言わずもがな。歴代の衣装に囲まれた部屋で歌うMVも相まって、ちょっぴり切ないメロディなれど、きっちりときっぱりと歌い上げるヴォーカルがさまざまな意味を投げかけているようで心に響いてくる。

昨年10月の代々木公園でのフリーライブ以降、ノリにノッてる彼女たち。直球のアレンジではないなれど、この曲に“バンド”を感じるのは、あの日あの光景を作り上げたからこそ、と思ったことはあながち間違いではないはず。これまで多くの楽曲のサウンドプロデューサーとして、NEKONOTEバンドのバンマスとして、わーすたとともに歩いてきた岸田勇気だからこそ書けた曲だろう。

ノリにノッてる彼女たちは、歌の面でも絶好調だ。先日リリースイベントを観たところ、三品瑠香の豪快かつ気高さを放つ歌いっぷりは相変わらず気持ち良く。加えて、ここに来て廣川奈々聖の型が外れたようなヴォーカルにさらなる飛躍の未来を見た気がした。そんな快調さはこの楽曲にも感じられるところで。何かとこの廣川&三品のツインヴォーカルが取り上げられることが多いわけだが、2番の松田美里、小玉梨々華、坂元葉月、とシームレスに流れる歌割りも美しい。5人がそれぞれのスタイルを持ち、全員が“歌える”グループであることを声高らかに示しているところも注目すべきところ。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • わーすた 、こぶしファクトリー、豆柴の大群、CYNHN、アンスリューム……ロックスピリッツを感じた新曲|「偶像音楽 斯斯然然」第25回