アヤ・エイトプリンス[インタビュー]ビジュアルブックが見せた未来への決意「先入観や固定観念は持たずに活動していきたい」

アヤ・エイトプリンス[インタビュー]ビジュアルブックが見せた未来への決意「先入観や固定観念は持たずに活動していきたい」

アヤ・エイトプリンス[インタビュー]ビジュアルブックが見せた未来への決意「先入観や固定観念は持たずに活動していきたい」

元BiSのアヤ・エイトプリンスが、1月17日に自身初のビジュアルブック『スプリンクル。』『bouquet』を2冊同時に出版した。本写真集は、アヤ・エイトプリンスの魅力が存分に詰まった男女ともに愉しめるバラエティに富んだ内容に仕上がっているが、ソロ転向後の初作品ということもあって、その制作は彼女にとって挑戦の連続だったという。そんな本作にこめた想いや、今後の活動について、アヤに語ってもらった。

取材&文:石山喜将(Rayiris)

そもそもこのような未来になることはあまり想像していませんでした

ーーまずはソロになり、ここまで活動した率直な感想を教えていただけますか?

アヤ・エイトプリンス(以下、アヤ):
今まで自分がグループにいた時に知らなかったことが、今ではたくさん知ることができています。例えばこんなことまで大人が決めてくれていたんだなと日々実感しています。

ーーソロになってから、仕事の依頼がたくさん届いていたと聞きました。ただソロになって最初の一歩だからこそ、仕事は慎重に選ばれていたみたいですね。

アヤ:
そもそもこのような未来になることは、あまり想像していませんでした。事務所に入るんだろうなと私自身勝手に思っていたんです。むしろ最初の頃は、事務所に入るしか道はないと思い込んでいたくらい。選択肢はその一択しかないと思っていた中で、いろんな関係者の方とお話をしていくうちに、事務所に入って活動するよりも、個人で活動していった方がいいんじゃないかというお言葉をいただき、1回どうなるかを試してみるという意味でも、フリーで活動し始めました。それがきっかけです。

ーーソロでやっていった方がいいと言われた理由は?

アヤ:
私がやりたいことのビジョンについてや“現在こういうお話が来ていて、このように進んでいます”“今は1人でこんなことやっています”などとお話をしていったら、“そこまでやれているんだね”と言われたんです。そして私にお声掛けいただいた事務所さんは、音楽というよりも、女優さんが多く所属している事務所さんで、やりたいことには少しマッチしなかったので、“ソロで活動していった方がアヤさんには合っていると思います”と言っていただけたんです。それは周りの支えもありながらできていることではありますが、1人でやれているという結果でもあるので、1人でやっていった方がいいんじゃないかという結論に至ったんです。そこでフリーになる決心をしました。

ーーアヤさんの考えていたビジョンとは何だったのですか?

アヤ:
アイドルよりも歌に特化したようなアーティストになりたいと考えていることが1番ですね。先ほどお話しさせていただいた事務所さん以外にも、アイドルの事務所さんに多くお声掛けいただいていたんです。ただ、今から私が別の事務所にアイドルとして入っていくことは、その時の自分にとって違うなと思ったんです。だからそのアイドルの事務所さんには申し訳なかったのですが、お断りしました。今後は歌を軸において活動することがビジョンの1つです。

ーーなるほど。アヤさんは、歌への絶対的な自信とステージで圧倒的な姿を見せることができる方だと思いますが、その中で今回、初めの一歩に近い、大事なステップにおいて、このビジュアルブックをリリースしようと思ったきっかけは何だったのですか?

アヤ:
今回のお話はご紹介によっていただいたのですが、私、もともとビジュアルブックや写真集に憧れがあって、出すことが夢の1つだったんです。だからこのお話をいただいた時に“ぜひやりたいです”とお答えしました。この話をいただいたのは去年の夏くらいですね。でも昨年夏に体調を崩してしまって……瀕死してたんです。

ーー食当たりか疲れだったんですよね。

アヤ:
そうですね。それかプーちゃん(プー・ルイ)に言われたのが、“呪い”じゃないかと(笑)。

ーー誰の呪いなんですか、という話ですけどね(笑)。

アヤ:
わかんないんですけど、“呪いじゃない?”と言われたんです(笑)。私、食当たりとかしたことなかったんですけど、7月中に居酒屋に2回行って、おそらくそこで食べた物が当たってしまったのかもしれないです。何に当たったのかすらもよくわかっていないのですが、十分に火が通ってなかったのかもしれないです。だから今怖くてあまり生物など食べられないんですよね。食べ物に対して少し恐怖心があります。すごく気をつけています。あんな思いを2度としたくない。だから、このビジュアルブックの話も、体調を崩したことによって私からご連絡できなくなってしまった時があるんです。すごく申し訳ないことをしたと思いますね。体調が復活してからの流れはスムーズだったのですが、台風で撮影ができなかったなど、波乱万丈の撮影だったんですよ。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • アヤ・エイトプリンス[インタビュー]ビジュアルブックが見せた未来への決意「先入観や固定観念は持たずに活動していきたい」