前島亜美、主演舞台<バレンタイン・ブルー>開幕「お客さまにとって温かい場所になればいいな」

前島亜美、主演舞台<バレンタイン・ブルー>開幕「お客さまにとって温かい場所になればいいな」

前島亜美、主演舞台<バレンタイン・ブルー>開幕「お客さまにとって温かい場所になればいいな」

エイベックス・マネジメントが主催し、前島亜美、久保田秀敏、武子直輝、しゅはまはるみなど、同社所属俳優が14名出演する舞台<バレンタイン・ブルー>が、2月18日(火)に東京・博品館劇場にて初日を迎えた。

舞台<バレンタイン・ブルー>より

本作は、エイベックス・マネジメント所属俳優によるユニット“アベニューXシアター”の第1回公演。

主演を務める前島を始め、久保田秀敏、武子直輝、しゅはまはるみらが初日公演前の囲み取材に応じた。

前島は“エイベックスに素敵な俳優・女優がいることを1人でも多くの方に伝えたい”と語りつつ、同ユニットでの稽古での様子など日常について聞かれると“まるで家族のような感じでした。初舞台の子もいて、先輩がいろいろとアドバイスをしながら、常に温かくメリハリのある現場でした!”と明かした。

隣にいた久保田も、“同じ事務所でも、普段はなかなか顔を合わせる機会もない中で、こうやって公演に出られるのは幸せでした。エイベックスチームとしての一枚岩をしっかりとお届けしたいと思います”と同じ事務所の仲間意識の強さをアピール。

家族愛、友情、青春と、さまざまなテーマを盛り込んだ人情味あふれる現代劇の中に、コメディや歌、ダンスなどの要素が詰まった115分の舞台となる<バレンタイン・ブルー>。

各公演に豪華ゲストを迎えたアフタートークや出演者による来場者特典なども実施。詳しくは公式HPにて。

囲み取材時のコメント

ーー初日を迎えての感想をお願いします。

前島亜美:
本当に1人ひとりが魅力あるキャストでエイベックスに素敵な俳優・女優がいることを1人でも多くの方にお伝えいただければと思っておりますし、芝居だけでなくエイベックスならではの歌やダンスもあるので、1人でも多くの方にそれぞれのことを知っていただきたいと思います!

武子直輝:
僕らが普段行なっている現場の中で一緒になる機会がなく、初めましての人が多かった。みんなで一緒に芝居を作っていく中で、自分自身も新しい可能性が開けた気がする作品になっています。早く本番がしたいです!

久保田秀敏:
今回の作品は堤さんの脚本的に1人ひとりに焦点を当て、しっかりとドラマがあるので、それぞれの登場人物にも注目をして観ていただきたい! 自分の役としてはキーマン的な位置になるので、そこも注目してほしいです。

しゅはまはるみ:
チラシを見るとちょっと暗い印象があると思うのですが、まったく真逆です(笑)。明るくて楽しいコメディの作品になっています。少しだけファンタスティックな部分もある舞台になっていますので、気軽に楽しみにして観に来てくださったらいいと思います!

ーー稽古などのエピソードを教えてください。

前島亜美:
家族のような感じでした。稽古期間も短かったんですが、同じ事務所で仲間だからこそとみんなできっちりと協力し、支え合ってできた印象です。初舞台の子には先輩がいろいろとアドバイスをしながら、常に温かくメリハリのある現場でした!

久保田秀敏:
同じ事務所とはいえ社内でもなかなか顔を合わせる機会もない中で、同じチームで公演に出られるのは幸せでした。稽古期間が短かったといえど、エイベックスチームとしての一枚岩をしっかりとお届けしたいと思います。

武子直輝:
初日の稽古合わせは緊張しました。戸惑いもあったのですが、蓋を開けばとても素敵なものが詰まっていて、自分の中でも成長ができたと思えました。入ったころは自分が年下だったんですが、気づいたら年上になっていて、下の子たちと接するのはすごく新鮮でした。

しゅはまはるみ:
エイベックス歴はペーペーの後輩なんで、みんなについていこうと思います(笑)。10代の子とかも一緒の現場だったので、すごく明るくて元気のある現場でした。同じ事務所なので気遣いなく意見を言えたりしたので、気楽にでき、楽しい現場でした!

ーー舞台の注目ポイントは?

武子直輝:
何気ない日常の中に久保田さんが入ってくることで変化が起こり、その変化によって1人ひとりの感情が動き出していきます。それぞれのストーリーに注目していただけたらと思います。

前島亜美:
全体的にわかりやすくバトンが繋がれていく作品で、舞台を観たことがない人でも伝わりやすい内容になっています。最初から最後までの変化を注目していただきたいです。

久保田秀敏:
僕がきっかけとなってみんなの感情を繋げていく役割となっています。架け橋となってみんなの心を動かしていきたいと思います!

しゅはまはるみ:
25年この町でカフェバーを営んでいる店主の役割で、この街の中の1人のお母さん的な存在です。カフェバーに集まるみんなとの関係性から生まれてくる新しい物語を注目してほしい。そしてみなさんに観ていただき、新しい一歩を踏み出してみようと思っていただけたらいいなと思います!

ーーバレンタインブルーが実在したらどのくらいの頻度で行きたいですか?

武子直輝:
明るくて楽しい場所なので行くには楽しいです。落ち着くとは違うかなと思います(笑)。

久保田秀敏:
実在していたら毎日入り浸りたいと思います(笑)。

前島亜美:
家とは違う温かい場所があるのはとても素敵だなと思うので、舞台ではありますが、<バレンタイン・ブルー>という公演が観に来てくれたお客さまにとって温かい場所になればいいなと思います。

ーー思い出のバレンタインは?

久保田秀敏:
今年は稽古だったのでもらえませんでした(笑)。もらえなかったなーと思い、帰りに女性にもらって帰るという妄想を描いて帰りました(笑)。

武子直輝:
この容姿なので沢山もらいました(笑)。毎年たくさんもらえたので、来年のバレンタインを楽しみにしてます!

前島亜美:
お菓子作りが好きなので、女の子の友達に友チョコをあげたらプロ級だねって言われてすごく嬉しかったです!

ーー最後に一言お願いします。

前島亜美:
エイベックスの役者で作る作品ということで、この作品だけで終わらずエイベックスにいい役者・女優がいるということを知ってもらい、今後その役者たちが出てる作品を応援していただきたい! まずはこの公演を成功させるために、1人でも多くの方に何度でも観ていただける作品になるよう、私たちは精一杯頑張ろうと思います!

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 前島亜美、主演舞台<バレンタイン・ブルー>開幕「お客さまにとって温かい場所になればいいな」