前島亜美[インタビュー]主演舞台への想い「自分の中にある感情を持って演じていきたい」

前島亜美[インタビュー]主演舞台への想い「自分の中にある感情を持って演じていきたい」

前島亜美[インタビュー]主演舞台への想い「自分の中にある感情を持って演じていきたい」

前島亜美が、2月18日から東京・銀座 博品館劇場にて開幕する舞台<バレンタイン・ブルー>に主演する。avex management所属の俳優によるユニット「Avenue X theater」の第1回公演となる本作。SUPER☆GiRLSの元メンバーで、現在は俳優、声優、タレントとして活躍する前島が、今回の舞台への意気込みを語る。

アイドル卒業から3年、舞台役者を軸に

ーーSUPER☆GiRLSを卒業して3年、前島さんは、俳優、声優、YouTubeと幅広く活躍されています。

前島:
そうですね、舞台でのお芝居を軸に、声優やYouTubeでの活動をさせていただいています。俳優やお芝居と一口に言っても、ドラマや映画もありますし、声優だって声のお芝居ですし、いろいろな世界があります。そんな中で私がやりたいのが舞台のお芝居なんです。舞台もストレートプレイや翻訳劇、漫画やアニメを原作とする2.5次元と呼ばれるものなどさまざまなジャンルがあり、それぞれで使う神経や筋肉が違いますが、それらを含めて私は熱量を生でお客さんに伝える舞台演劇がすごく面白いと感じています。俳優の仕事やお芝居が好きというより、舞台が好きなんです。

ーー軸は俳優とのことですが、前島さんは声優としても活躍されています。先ほども“声優は声のお芝居”と表現されていましたが、舞台との違いということではどういうことを意識されていますか?

前島:
声優は職人だと思っています。映画やドラマ、舞台は、まず私という本人があった上で役をいただき、自分の経験や引き出しを重ねて色をつけていくのが大半。私は今22歳なので、実写や舞台だと年相応の女の子を演じることが多いですが、声優はキャラクターの絵が最初にあります。そのキャラクターを演じる場合、私の外見は関係ないですし、それどころか年齢や性別も違うことだってあります。本当にいろんなスキルや技術が必要で、声優をやり始めた頃は戸惑うことだらけですごく悔しい思いもたくさんありました。でもその分、いろんな役にチャレンジできる機会も声優ならあるのを面白く感じています。

ーー誰かを演じる俳優や声優以外にも、前島亜美さんご本人としてYouTubeでも活動されています。

前島:
ええ。現在の私の活動は、1ヵ月稽古をして1週間本番といった舞台が中心となっているので、ファンの方に会える機会が限られてしまっているんです。そこでさまざま模索しているうちに、YouTubeで動画投稿をしようと思い、新たに『前島亜美チャンネル』を開設しようと始めたのがいきさつです。隔週で動画を1本投稿し、月に1回生放送をすることで、ファンの方との距離を近づけられればという思いがあります。

前島亜美
ツイート
前島亜美

主演舞台<バレンタイン・ブルー>への想い

ーー今回の演劇『バレンタイン・ブルー>では、前島さんは主人公を演じられます。作品について教えてください。

前島:
<バレンタイン・ブルー>は、西ノ園達大さん以外は全員avex management所属の俳優による「Avenue X theater」というユニットでの第1回公演になります。ある町にある“バレンタイン・ブルー”というカフェを舞台に、そこに集まってくる人々や、しゅはまはるみさん演じるカフェ経営者と夫役の西ノ園さん、その2人の間に生まれた、私が演じる一人娘・梨子の物語となります。梨子はつまり実家がカフェで、小さい頃からたくさんの人と出会い、とても豊かな幼少期を過ごしてきたんだろうと思うんです。かつて夢があったけど、でも諦めて。そんな中でカフェに出入りするいろんな人の想いや生き方に感化され、新たな道を探し始めます。仲間のみなさんからたくさんのいいものをもらって心を動かしていく、非常に重要な役を任せていただいたと思っています。

ーーストーリーにおいて重要な役ですし何より主演ですし、かなりプレッシャーがあると思いますが、前島さん自身と共通する点などはありますか?

前島:
私は普段、元気な子とかキラキラしている子とかを演じさせていただくことがすごく多いんですけど、私本人は根がそんなに明るくなくて(笑)。夢をたくさん見てあれもこれもというより、現実的にものを見て自分がこれができるから、じゃあこれに挑戦してみよう、そのためには何をしたらいいのか、みたいに着実にやっていくタイプ。梨子というキャラクターは、漠然と夢を見るのではなく、そういうところにすごく共感できます。一見無気力そうなんだけど、とてもお母さんを思いやっているし、カフェが好きだし町の人たちのことも好き。今回はまったく新しい人物像を作るというよりも、自分の中にある感情を持って演じていきたいと思っています。

ーー<バレンタインブルー>という作品全体の注目ポイントはどういったところになるでしょうか。

前島:
「Avenue X theater」の旗揚げ公演でavex management所属の俳優がたくさん参加しているので、1人ひとりの魅力に注目してほしいです。あの子がいいなと思ったら、ぜひ別の作品も応援していただけると嬉しいですし、今度も「Avenue X theater」で若い俳優たちがどんどん育ってくれたらと願っています。私は元アイドルという出自や声優として認知して応援してくれている方もすごく多いのですが、舞台ではこういうお芝居をするということも知っていただきたいですし、私をきっかけに足を運んでくれた方が舞台演劇の魅力を知ってくれたらいいなとも思っています。がむしゃらにどうにかしていいものを作ろうというみんなの熱量がこの作品を支えているので、多くの方に届けられるように頑張りたいと思っています。

前島亜美
ツイート
前島亜美

次ページ