©NMB48

©NMB48

LAPIS ARCH[ライブレポート]バレンタインライブで決意表明「48グループが見せたことのない景色を見せたい」

NMB48の梅山恋和、上西怜、山本彩加によるユニットLAPIS ARCHが、2月14日(金)に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WW ホールにて劇場外では初となる単独ライブ<LAPIS ARCH Valentine LIVE 2020 ~Sweet & Bitter Youth ~>を開催した。本記事ではオフィシャルレポートをお届けする。

Overtureが流れ静かに幕が開くと、ミラーボールが強烈な輝きを放つ。そしてピアノの疾走感溢れるサウンドの中、LAPIS ARCHが登場。「だらしない愛し方」から、ライブをスタートした。ダンサブルでディスコティックな楽曲で構成された本公演。楽曲ごとに表情を変えながら、時に軽やかに、時にセクシーなダンスで魅了した。

©NMB48
ツイート
©NMB48

この日のために撮影した全5話のスペシャルドラマも放映。バレンタインデーの出来事を描いた甘くて苦い学園ドラマとなった。

ソロではドラマで文学少女を演じた梅山が「バレンタイン・キッス」を歌いながら、色とりどりの風船でステージをデコレーション。爽やかなアスリート役の上西は「口移しのチョコレート」を大人っぽくアクト。イマドキの帰宅部女子がハマっていた山本は「虫のバラード」を、パワフルな歌とダンスで魅せた。

©NMB48
ツイート
©NMB48

ユニットでは、上西と山本による「私たちのReason」、梅山と山本による「君と僕の関係」、梅山と上西による「となりのバナナ」などを披露。「ホワイトデーには… 」では、3人がステージからチョコレートをプレゼントする一幕もあった。

©NMB48
ツイート
©NMB48

重低音が響くサウンドにリンクしたダンスから「僕たちは戦わない」へ。続く「Green Flash」でもシンクロ率100%のダンスをくり広げ、会場の空気を制した。

ラストスパートは“青春!”コールでテンションを上げて「ハイテンション」を。“踊れ!”と煽るごとに熱気もさらに上昇。

「学園天国」ではコール&レスポンスが響き、「小さな恋のうた」ではサビで会場を1つして、縦ノリと横ノリのロックな世界観で本編を締めた。

アンコールでは、「光と影の日々」を真っ直ぐ前を見つめながら力強く歌唱。

上西が挨拶をしようと構えると、衝撃音が轟き、ステージ上から封筒が。5月13日(水)の東京・LINE CUBE SHIBUYA公演がサプライズ発表されると、初の東京ライブに“嬉しいです!”と笑顔を見せる3人。祝福の声も会場中から上がった。

©NMB48
ツイート
©NMB48

上西は“結成してすぐにこのライブが決まって、嬉しいけど、こんなに順調に行っちゃって大丈夫なのかなという思いが私たちの中にあった……”と戸惑いを語る。“でも、こうして応援してくれるファンたちや、頑張ってねと言ってくれるメンバーがいて本当に感謝しています”と告げた。そして“自分に自信がない”と続ける。“でも、2人の隣にふさわしいメンバーになれるように頑張りたい”と力を込めた。梅山と山本は“NMB48のセンターに立つべきメンバー”と語り、“センターに立つ2人を支えられる、心の友のような存在で一緒に活動できたら”とはにかんだ。一方、個人的には“写真集を出したいです!”という目標も明かした。

梅山は“これといった個性がない”と話す。“これから私にとっての武器を探していけたら”と告げると、その姿を後押しするような温かい拍手が沸き起こった。“個人的な目標は、お餅のCMに出ることでーす!”と笑いを誘い、“絶対につかみ取りたい!”と夢を語った。

最後は“この3人がNMB48を引っ張っていける存在になれたら”と山本。“応援してくださっているみなさんに48グループが見せたことのない景色を見せたい。そして48グループに興味がないという方をこの3人で振り向かせたいです!”と力強い眼差しで決意表明をした。

そして「僕らのユリイカ」「オーマイガー!」「ドリアン少年」を歌い、ライブを締めくくった。

LAPIS ARCH Valentine LIVE 2020 ~Sweet & Bitter Youth ~

2020年2月14日(金)
大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WW ホール

0:overture (LAPIS ARCH)
1:だらしない愛し方
2:LOVE TRIP
3:清純フィロソフィー
4:国境のない時代
5:Teacher Teacher
6:バレンタイン・キッス
7:私たちのReason
8:逆転王子様
9:口移しのチョコレート
10:君と僕の関係
11:ひと夏の出来事
12:虫のバラード
13:となりのバナナ
14:遠距離ポスター
15:ホワイトデーには…
16:(DANCE) 
17:僕たちは戦わない
18:Green Flash
19:ハイテンション
20:学園天国
21:小さな恋のうた
〜アンコール〜
EC1/22:光と影の日々
EC2/23:僕らのユリイカ
EC3/24:オーマイガー!
EC4/25:ドリアン少年

LAPIS ARCH LIVE 2020 in TOKYO(仮)
日程:2020年5月13日(水)
会場:東京・LINE CUBE SHIBUYA
※チケット情報など詳細は後日発表。

  • トップページ
  • レポート
  • LAPIS ARCH[ライブレポート]バレンタインライブで決意表明「48グループが見せたことのない景色を見せたい」