レイドロイド、鳴り響く“Kawaii Future Pop”でワンマンデビュー!

レイドロイド、鳴り響く“Kawaii Future Pop”でワンマンデビュー!

レイドロイド、鳴り響く“Kawaii Future Pop”でワンマンデビュー!

6人組アイドルグループ「レイドロイド」(通称「レイドロ」)が、2月7日にShibuya Gladにてワンマンライブデビューを飾った。

新時代を未来側から拓く「FutureBass」サウンドに、王道J-popサウンドをフュージョンした”Kawaii Future Pop”を掲げている彼女たち。

<レイドロイド1st.ワンマン『20XX年レイドロイド上陸~kawaiiワールド全開~』>と題されたライブは150名を超える動員となった。

近未来的なSEが鳴り始めると、つめかけたファンが一気に沸く。「未来から上陸した美少女アンドロイド」たちの登場に、SEをかき消さんばかりの歓声が会場を包んだ。

 <レイドロイド1st.ワンマン『20XX年レイドロイド上陸~kawaiiワールド全開~』>
ツイート
<レイドロイド1st.ワンマン『20XX年レイドロイド上陸~kawaiiワールド全開~』>

1曲目に披露されたのは「カワイイインザフューチャー」。ミディアムテンポで、レイドロイトの “kawaii” をそのまま体現したこの楽曲。突然のテンポチェンジに、ウリャオイと叫ばれたMIXも、疾走感に負けじとボルテージを上げていく。

そのまま、「ハピタブルゾーン」「エレクトピアディストピア」と脳内に流れ込む、”Kawaii Future Pop”が止まらない。

MCでは、改めて自己紹介と、デビューライブという今日を迎えた気持ちが打ち明けられた。その後もTwitterで話題となった「レンアイロジック」など、レイドロイドらしい世界観が繰り広げられた。

また、7月30日(木)には2ndワンマン<トワイライトフューチャー>が開催される。こちらの会場は渋谷WWW。今日のデビューから僅か半年後に開催されるキャパとしては異例の挑戦となった。

レイドロイド1stワンマン「20XX年レイドロイド上陸~kawaiiワールド全開~」

2020年2月7日 Shibuya Glad

01. カワイイインザフューチャー
02. ハピタブルゾーン
03. エレクトピアディストピア
04. レンアイロジック
05. トウキョウグラビティ
06. カンジョウストリーム
07. キンダンノカタオモイ
08. リーインカーネーション
09. パラレルドライブ
— アンコール —
01. カンジョウストリーム
02. レンアイロジック

レイドロイド メンバー
ハート・A・カレン(ハート・エース・カレン)
サンゴ・X・アオリ(サンゴ・カイ・アオリ)
ワ・I・リミナ(ワアイ・リミナ)
ウリャ・O・イロハ(イリャ・オ・イロハ)
ベイ・B・マシロ(ベイビー・マシロ)
ミニマ・U・マユカ(ミニマ・ム・マユカ)

次ページ

  • 1