夢アド[ライブレポート]山口はのんのリーダー就任発表も飛び出した、新体制初ワンマン

夢アド[ライブレポート]山口はのんのリーダー就任発表も飛び出した、新体制初ワンマン

夢アド[ライブレポート]山口はのんのリーダー就任発表も飛び出した、新体制初ワンマン

夢みるアドレセンスが、2020年1月31日(金)に渋谷TSUTAYA O-nestにてワンマンライブ<#YUMEADO20201031>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)

昨年12月20日に初期メンバーを含むメンバー4人が卒業。翌日から新メンバー2人が加入し、山口はのん、山下彩耶、鳴海寿莉亜、白川蘭珠の4人で活動をスタートさせた新生夢アド。新体制となって初のワンマンライブを見届けようと、会場には多くのファンが詰めかけ、超満員となった。

UKロックを彷彿とさせる重厚で爽快なギターサウンドのSEが始まると、会場のボルテージも急上昇。メンバーが登場すると、それぞれの名前を呼ぶ歓声が一段と大きくなった。

そして1曲目「舞いジェネ!」からライブはスタート。現体制で初披露ということもあり、イントロが流れると同時に絶叫にも似た歓喜の声が響く。メンバーがソロで歌いつなぎ、サビで一斉に手を上に挙げ、弧を描くお馴染みの振り付けも健在だ。

同じく現体制初の「恋のエフェクトMAGIC」では、お披露目からわずか1ヵ月とは思えないほどの一糸乱れぬダンスパフォーマンスで、さらに会場を熱くしていった。

続けて新曲「ROMANTIC SPECIAL」へ。冒頭、“夢アド新体制行くよー!”と山口はのんが叫び、気合を見せつける。コミカルなダンスとロックサウンド、さらにオーディエンスのコールが重なり、フロアは自然と笑顔が溢れる空間になっていった。

<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)
ツイート
<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)
<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)
ツイート
<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)

MCでは1人ずつの自己紹介。“これから、どんどんジャンジャン曲をやっていきたいと思いますー!”とファンに呼びかけ、白川がたどたどしく新曲のタイトル「Ready Go Wake Up Baby」をコールすると、曲がスタート。ここから「ファンタスティックパレード」、「メロンソーダ」と怒涛のノンストップで会場はさらにヒートアップしていく。

続く「HAPPY NEW SUNRISE」のイントロではクラップとコール&レスポンスが沸き起こる。メンバーが1人ずつ順番にコールを煽る中、最後の山下は“さやのことが好きな人ー!!”と煽り、観客は一斉に手を挙げて大盛り上がり。サビでめいっぱいはしゃぐ振り付けに、オーディエンスも一緒になり、まさに曲のタイトル通り“HAPPY”なステージとなった。

「#ゴゴゴゴゴ」ではステージ最前列までメンバーが乗り出し、さらにフロアを盛り上げる。初披露の新曲「HEY JOHN」では、ラストの大サビを山下が1人で歌い上げて魅了した。そして、昨年の新体制お披露目ライブで1曲目を飾った「Bye Bye My Days」で本編は締めくくられた。

<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)
ツイート
<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)
<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)
ツイート
<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)

アンコールを受け再びメンバーが登場すると、山口が“メンバーカラーが決まりました!”と発表。新メンバーの白川蘭珠は白、鳴海寿莉亜は青、と順番に発表し、山口の番に。“私は緑から変わって……紫でーす!”と言うと、ファンは突然の変更に驚きを隠せない様子を見せる。続けて山口がもともと好きな色であったことなどを告げると、大きな拍手とともに、紫色に灯ったペンライトが早くも掲げられていった。

最後は山下。もともとカラーはピンクだったが“私のカラーは……ピンクですー!”と変更しない宣言をし、会場を沸かした。

そのままアンコール1曲目として「キャンディちゃん」を披露。この曲も現体制初だが、息はピッタリだ。会場のコールもどんどん大きくなり、熱気も最高潮に。

最後は新体制の初シングル「MAKIKNG THE NOTE」をパフォーマンス。MVも公開されている同曲は、新体制になったこの4人で未来へ進んでいく“決意”を表したようなメッセージの強い楽曲で、ファンもそれに呼応するように熱い声援を送る。その熱量のまま、夢アド新体制1stワンマンは幕を下ろした。

<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)
ツイート
<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)
<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)
ツイート
<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)

そして最後の挨拶を始めた山口は突然、“私、山口はのんは……夢みるアドレセンスの、新リーダーになりましたー!”とサプライズ発表。それに動揺したのか、山下は号泣しながらも山口に駆け寄り、鳴海、白川も囲むように抱きつく。観客も大歓声で新リーダー誕生を祝福した。

山口は“初めてリーダーの話を聞いた時に、正直戸惑ってしまったんですけど。「やろう!」って思ったのは、リーダーにもいろいろな形があると思うんですけど、みんなで一丸となって切磋琢磨して夢に向かって進んでいきたいと思ったからです! まだまだ頼りないと思いますが、みんなで一緒に進んでいきたいと思います! よろしくお願いします!”と語った。

そして“今年2020年はみんなで力を合わせて頑張ります!”と決意を新たにし、最後は全員で精一杯の感謝をファンに伝え、笑顔でステージを後にした。

なお新体制の初シングル「MAKIKNG THE NOTE」は、1月31日(金)より各配信サイトにてリリースされている。

<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)
ツイート
<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)
<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)
ツイート
<#YUMEADO20201031>渋谷TSUTAYA O-nest(2020年1月31日)

夢みるアドレセンス<#YUMEADO20201031>

2020年1月31日(金)
TSUTAYA O-nest

OVERTUER
01 舞いジェネ!
02 恋のエフェクトMAGIC
03 ROMANTIC SPECIAL
04 Ready Go Wake Up Baby
05 ファンタスティックパレード
06 メロンソーダ
07 HAPPY NEW SUNRISE
08 #ゴゴゴゴゴ
09 HEY JOHN
10 Bye Bye My Days

〜アンコール〜
11 キャンディちゃん
12 MAKING THE NOTE

セットリストを見る

次ページ

  • トップページ
  • レポート
  • 夢アド[ライブレポート]山口はのんのリーダー就任発表も飛び出した、新体制初ワンマン