【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>凸凹凸凹 (ルリロリ)、アクシデントも好機に変えたステージ

【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>凸凹凸凹 (ルリロリ)、アクシデントも好機に変えたステージ

【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>凸凹凸凹 (ルリロリ)、アクシデントも好機に変えたステージ<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>「凸凹凸凹 (ルリロリ)」イベントレポート

鶴岡 舞

Pop'n'Roll スタッフエディター

2018.11.09

<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>が、11月3日(土)に高崎club FLEEZで開催された。出演は、あゆみくりかまき、Task have Fun、kolme、DEVIL NO ID、凸凹凸凹 (ルリロリ)、AKAGIDAN(オープニングアクト)の6組。<GIG TAKAHASHI>は、高崎での開催が今年で“3”年目、2018年の開催がこの日で“3"回目、そして11月“3”日開催ということで、“3"という数字にちなんで本編に登場する5組はすべて“3”人組というラインナップ。出演グループのほとんどが主催のH.I.P.高橋文彦氏と長い交流があるため、全体的にアットホームな雰囲気がありながらも、それぞれが自分たちの武器を最大限の見せることで、3人組の多彩さを感じさせてくれるイベントとなった。ここでは、そんな<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>の中から凸凹凸凹 (ルリロリ)のライブレポートと終演後インタビューをお届けしよう。

凸凹凸凹<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>画像

お笑い芸人のタイムマシーン3号が爆笑トークをくり広げたバンドセットへの転換を経て、凸凹凸凹は<GIG TAKAHASHI>のステージに初登場を果たした。

セッティング中からのギターの機材トラブルにより、決して万全の状態ではないパフォーマンスとなったこの日のステージ。木下ひなこ(Vo&B)が“こういうトラブルがあるから、ライブって楽しいと思いませんか?”とアクシデントもプラスに変え、「Everybody Go!!!」のコール&レスポンスで冒頭から熱狂を生んだ。続いて、1曲目ではボーカルに専念していた木下がベースを持ち、「恋のスパイダー」をアクト。途中からは全員が楽器を置き、ダンスパフォーマンスで魅せた。

この日はセットリストを高橋氏が決めたグループもいたが、MCでは“「凸凹凸凹はバンド演奏とダンスパートがあるから、自信のあるセットリストで来てください」と高橋さんに言われたので、凸凹凸凹の全部を出し切って帰りたいと思います!”と意気込みを語る。

ポップで爽やかなライティングをバックに披露した「さよなら青春の日々よ」では、有南(G&Vo)がギターソロを巧みにキメる。木下と渚奈子(Dr&Vo)のハモりも美しい。

後半戦では、凸凹凸凹自身がバンドとしていい流れになってきたと感じられるようになったきっかけとなった「未来証明」へ。感情をこめたパワフルな演奏はフロアの温度を上昇させていく。

最後の「dΛn$³!」では、ステージを左右に移動しながらファンと一緒になって踊り、最高潮の盛り上がりを作り出す。バンドセットやダンスパートへの展開はもちろん、楽曲のセレクトを含めて多彩なパフォーマンスで観客を魅了した。

凸凹凸凹<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
凸凹凸凹<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
凸凹凸凹<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
凸凹凸凹<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
凸凹凸凹<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より
凸凹凸凹<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>より

凸凹凸凹(ルリロリ)<GIG TAKAHASHI 2018 vol.3>セットリスト

11月3日
高崎club FLEEZ

SE
M1 Everybody Go!!!
M2 恋のスパイダー
MC
M3 さよなら青春の日々よ
M4 クロブチメガネとベビードール
MC
M5 未来証明
M6 ダブルハート
M7 Sunny Ride
M8 dΛn$³!(ダンス・ダンス・ダンス)

セットリストを見る
  • トップページ
  • レポート
  • 【レポート&インタビュー】<GIG TAKAHASHI>凸凹凸凹 (ルリロリ)、アクシデントも好機に変えたステージ